若旦那日記
 2011年3月24日 - 小若旦那の成長記♪
私の息子ももう2歳と3ヶ月。普通の男の子で、良くしゃべる何処にでも
いる元気で明るい息子。保育園にも通園し早3ヶ月、お友達も出来で毎日がほんと
に楽しそう♪朝の目覚めも一発始動で、家族従業員のテンションまで上げてくれます♪
日に日に話す内容も大人と同じレベルになってくるのもびっくり!方言も完全に出てきた・・
車の車種や、列車の名前、新幹線の固体、航空機メーカーもほぼ名前がポンポン出てくる・・・
私達夫婦の会話も理解できる様で、自分の考えを必死に伝えようとする。
お越しのお客様に、温泉の説明やお部屋の案内をしようと必死に出たがる。
誰が、何時、何処での順で言葉になっている・・子供の成長は毎日どんどん変化
し進化していくのが解る。
なんせ息子は本が大好き、おばあちゃん、ママが本読み係りさん。
おじいちゃんは 可愛い孫の甘やかしおかし係りさん。
パパは何時でも何処でも刺激と行動範囲無限に与える、男同士厳しく優しい成長係り役。
従業員のおばさん達は昔話やままごと係りやおしゃべりお母さん係り。
実は私も37歳になるが、勤続30年以上のお姉さんが3名いて、このお姉さん達にお風呂
に入れてもらったり、板場さんにドライブに連れて行ってもらったり、ご飯を食べさせて
もらったり、私も多くの『人』に見守られ愛されて今まで多くの人と過ごしてきた。
そして私は『人』が好きになり、お話が大好きになり、人を愛す力を自然に身に付けた。
そんな単純ではあるが『愛』に包まれた環境に感謝し、全てのお客様を愛する旅館業の
『今』に全てが繋がっている。
なーんて なーんて ただただおしゃべり好きな、お調子者なパパ旦那であった!
息子の毎日を日々見ていると、どこまで理解し、この子の目線の先に何が写っていて
、何を瞬間考え、その先の行動がどう移すのか何て、何処まで読めているのか・・
なんて、ふと遊んでいると考えたりしますね。
とにかく今は、何でも吸収する時、毎日毎日お得意様に抱かれ、可愛がって頂き、
学生さんのお部屋にお邪魔し、仲良しになったり、記念写真をとってもらったり・・
毎日の出会いがとても嬉しい様で、『いらっしゃいませー♪』『お部屋はどこ?』
『お風呂気持ちよかった?』『写真とろっ!』『何処から来たの?』の連呼。
なんでも話そう話そうと、とにかく一生懸命!
そんな息子が、私の昔とだぶり、嬉しく・・時に不安に・・んーーーいいんだろうか・・
親の背中を見て子は育つと言うが・・毎日寝るまでずーーーーっとしゃべっ走り回り
館内をくまなく徘徊し、お客様と会話している、とにかく人なつこい息子。
まあ私もそうだし、ずーーーーっと寝ても寝言でしゃべっている父親だから仕方ないか。
元気で明るい性格だけでも幸せな事です。この子が人に何が出来て、社会の役に立てる
仕事に就けるよう、この時期からの人格作りはとても大切だと感じています。
コメント 0件  at 2011年3月24日21時24分

若旦那日記
 2011年1月17日 - ★昨年より断続的に続く今年の大雪★
去年より兵庫県の北部は多くの日が、雪模様の天候となっている。お越しのお客様も
来るのは良かったが、翌朝起きると一面が銀世界!チェーンを巻かないと帰りが大変だ!
などの声が多くなっています。地元の私達も12月に入ると必ず冬用のスタッドレスタイヤ
を履きますが、特に印象に残っているのが、昨年のクリスマスの12月24日の夜。爆弾が
落ちたかのごとく夜19時30分に雷が鳴り、その後約40分間の温泉街は大停電となりました。
勿論旅館は満室でございますし、お食事の最中でもございます。非常等もバッテリーが30分
程で切れてしまう為、館内はスタッフがお鍋の火の元や、入浴場の御案内などで走り回って
いましたね。そしてその後の年末30日、31日の大寒波が街を包み込み、外の繁華街には
浴衣で出かけられない程の積雪となり、一時間で10センチと記録的観測をしたこの度の
お正月でした。そしてその後も断続的に雪は少しずつ降り続き、15日、16日の大寒波襲来
の予報に備え準備万端のスタッフ!・・・あれれ、あれまぁ・・んんーんんんんー・・
あまり予報ほど降らなかった雪。今日の午後時点で道にも、屋根にもほとんど雪は残って
いない程気温も上昇し溶け出しています。溶けるとは言っても少しずつで、気温は3度とか
5度程度の日中。都会からお越しのお客様はそれでも寒いですよねぇ!けど夕食のお楽しみの
かに鍋コースなどは格別な美味しさですから、外の寒さも吹っ飛びますよね!
当館でも昨年より可愛い和柄のショートブーツをお客様専用に購入しましたし、新しいデザイン
和傘も続々製作中でございます。
これからもどんどんお客様の『嬉しい、楽しい、感動』の為に寒い冬に負けず頑張って参ります
、お越しのお客様はどうぞお楽しみにお越し下さいませ。
コメント 0件  at 2011年1月17日13時0分

若旦那日記
 2011年1月11日 - 次期送迎車を模索中・・・んーん!!頑張らねば!
11月に蟹が始まったと思いきや!休みの無い当館・・宿泊は勿論の事、昨年からも
今年に入っても特に『かに昼食プラン』が対前年200%は優に越えている勢い・・で
毎年起こしのお客様が、ご家族友人知人への紹介の元お越し頂いている様ですね。
毎日お迎えしておりますと、顔見知りのお客様が毎日おられます。
お昼のランチは11時より客室で、かに鍋コースを堪能〔夕食コースと同じ〕して頂きます
ので、お帰りのお客様は『是非来年も友人と来ます!』と多くのお声を頂きます。
誠に嬉しい事ですね。旅館は夕食、朝食、昼食と客室をフルに稼動いたしますので、畳
や襖、障子など痛みも早くなる為、常に気を配り清潔に張り替えたりしております。
10名様以上でお子様連れの大家族様になりますと、玩具ルームの併設した宴会場での御食事
をお勧めしております。勿論御食事テーブルとは仕切りをしておりますので、お子様様子を
見ながらゆっくり安心して御食事を堪能して頂けます。
やはり沢山のお子様がおられましたら、集中力は15分位なものです、毎日このお子様コーナー
は多くのお子様を持つお客様に夜まで解放しておりますので、ご自由に遊んだり組み立てたり
お絵かきしたりして仲良く楽しく遊んで下さいね。
さーぁて!次期お客様送迎車の候補が上がってまいりました。これまで色々体験試乗など行っ
てきましたが、落選したものや、目標とする車種。又延命措置としてシート皮張替えや
ボディー塗装コートなど様々な角度から買い替え次期等を検証したいと思います。
まず。ランクインの予想もしなかったアメリカ勢の苦境後の逆襲劇は強烈だった。

 /轡ライスラーC300。 もうこれはガソリンがぶ飲み先代と別物エンジン。
  Eクラスのシャーシとも決別し、アルミ多様の環境性能とミッション。
  エコ技術と室内のイギリス流を取り入れた品位を感じるしっかり感に感動。
  勿論カタログに入るロングがキモ。
◆/祁織侫ードリンカーン。これも今年の新型で国産ビックリのヨーロッパ
  の足回りとコクピット操作性。過去の大陸感アメ車とは全く違います。
  エンジンの回り方はレクサスLSも慌てますよ。元々ホイルベース長し。
 不可能だけどヒュンダイエクオス4.6 全てにおいてサイズ当レクサス意識。
  アメリカでも消費者満足係数を塗り替えてしまった品質は候補に上がる。
  正し左ハンドルの逆輸入となる為、近隣での整備が出来ず。
ぁ^貳嵬菊颪文補として 先代ジャガーXJロング。総アルミボディーはフル
  サイズビックセダンとしては異色の軽量ボディー。レンジのエンジンもジャガ
  ー製コクピットは伝統のウッド多様の紳士な世界観。世界のホテル送迎に多用。
ァ,海譴睇垈椎修剖瓩い韻鼻希少価値としてVWフェイトンロング。台湾や韓国
  では普通にホテル送迎に多用。レクサスしかり高級車独特オーラはあまり無い
  が、解りやすいコンセプトで、ぼってりと万人受けする重厚感。FFリア広し。
Α.▲Ε妊ーA8ロング 電子制御の塊 タイヤインチと、サスの張りが街乗り
  オーバースペックとなり送迎としての改善が多額。リヤは2名乗りとの割り切り。
  V8性能は最良かも。4駆ありで雪国にも安心。ドライバーズカー的コクピット
А.轡肇蹈┘鵤6 フランクに付き合える万能リムジン。後部座席はSクラスサイズ。
  しかしV6のエンジンは非力というか無個性。エアサスの恩恵をあまり感じない。
─.轡肇蹈┘鵤4ピカソ これはフレンチミニバン 6名乗車となるが黒ではタクシー
  見たい。勿論本国では多人数乗りタクシーに多用。知性とデザインで他を圧倒。
  エンジンも1.6のターボのみとなり経済的。味はあるがモデル末期で価格が安い。
 ディスカバリー4 新婚旅行先の空港展示から気になっているこれ。年々改良
  が進み、30代後半ならレンジより4が合うかも。車高の高さゆえ乗り込みに難。
  コクピット周りは洗練度アップし長年乗れる万能送迎車に。

いやぁーしかし後5年7年と考えると、重いV8フロント積んで各車5名メートルは優に超す
ロングモデル。国外なら有名ホテルのオーナーカーとしても解るお車事情。
国内でも、まだまだプレジデント、センチュリー、レジェンド、レクサス、マジェスタ
など現役ばりばりの黒塗り、運転手付きカンパニーカーが首都圏では普通。
ちょいと悔しいのが、とうとう年間販売台数世界一をあっさりと更新した中国市場。
どのメーカーも中国市場をセンターに置いた車種構成でライバルに差を付けろと言わんば
かり。あー羨ましい市場だなぁー。モターターショーの総参画企業は東京モーターショー
の約10倍。圧巻ですなぁ・・小型乗用車でも勿論リムジンありました。中型セダンにも
勿論ロング仕様あり。ピックサイズセダンともなると恐ろしい金額と品揃数で・・・
もうポルシェも4ドア、ランボルギーニも4ドア、アストンマーティンも4ドア、フェラーリ
も続くのかの勢い!マーケット規模が圧倒的でかすぎる。頂点の車種も規模が規模だけに
売れまくる。80年代の日本の10倍の売れ行きだろうなぁありゃ。
今はまだまだテレビでは物真似国の報道で笑ってはいるが、市場には中国国内の産業の
高度な発展と世界メーカーがどしどしと誕生してきている現実を見るべきだ。
日本でも、森永、明治、安田、豊田、三菱、日立、川崎、ソニー、松下、竹中、森、伊藤忠
石川島、数え切れない世界企業が時代と共に成長してきた。勿論世界一流の物真似から
スタートする者や、オンリーワンの独自技術によるもの様々だけど。これからも長く国内の
中国依存は変わらないと思うし、資源依存も中東など海路も変化ないと思う。
食料依存も危機的だが、インドアジアに人的依存も今後急速に行われていくのだろう。
国内防衛戦略協議事態もアメリカ在日米軍依存となり続けている。
中国の軍事は未知数な点が多すぎる。戦略から配備数、戦略核兵器から航空母艦保有まで。
平和平和の国任せと暮らす日本と違い、韓国軍やマレーシア軍、タイ軍、インド軍、シンガ
ポール軍の昨今の軍備増強化は、周辺アジア列強の国々の目線など気にはしていない配備。
はさらに国家レベルでの軍事協力演習を国外にも魅せつけ、国力と愛国精神を発進している。
先日問題となった海上保安庁への漁船体当たり。船長不起訴無条件釈放。
北方領土へのロシア国家初、大統領の電撃訪問報道。ロシア原子力潜水艦沖縄海域太平洋横断
事件発覚など生ぬるすぎの国家国土戦犯への対応。逆立場なら即臨戦態勢か即銃撃戦ですよ。
次期送迎車は陸上自衛隊野戦仕様先頭車両かな♪
車庫調からエアサス、防弾装備、化学兵器防御、鉄壁の守り・・旅館と関係ないな全く・・・

  
コメント 0件  at 2011年1月11日13時18分

若旦那日記
 2010年9月13日 - 夏のイベントも全て終了♪今年の夏も暑かった!
7月24日から行われていた『城崎夏物語』も8月26日の『城崎温泉灯篭流し』
で無事フィナーレとなりました。今年の夏はお得意様も多くご来館頂き、過去に無い
ご宿泊のお客様で連日満員となり、大変な感謝とお気遣いなどまで頂き従業員スタッフ
一同、連日楽しくお客様と過ごさせて頂きました。火曜日と木曜日は恒例の花火大会
も無事13回開催され、旅館横の一の湯付近は花火見物のお客様で車が通行出来ないほどの
盛況ぶりで、嬉しい歓声が旅館まで届いていましたね。
さーあーてこの連日のニュースや、自分の休日などに私が日々考える『日本経済の先行き』
『高齢者問題』『世界経済の流れの中の日本の現状と未来』『先進自動車産業の今後5年先
技術革新と流行をいち早く捕らえる』『航空宇宙産業の現状』『国内食料支給率と農業後継車
育成問題と技術流出問題』『地球環境と気候変動に対する世界の動向』『中国人留学生の世界に
羽ばたく頭脳集団報告』『産業技術研究所の日本を支えるITへの取り組み』『世界に羽ばたかない
日本人留学生とインド中国の学ぶ意欲の格差』『10年前から脅威の目の前の立ちふさがる
壁を突破し続ける韓国企業の世界進出とブランド確立』『日本の生態系を破壊し続ける外
来種、昆虫、植物、加熱するペット産業、輸入に規制を緩和し続ける今後と未来の大地』
『立ち遅れる工業製品の日本デザインと、中国韓国インドの凄まじい国際競争力は日本に
いたら全く解らない今、世界を当初から見据える企業の成り立ちと、国内世論ばかり気に
する風潮の国内マーケット、今からでは立ち向かえない程の差が出来ているハード面』
『政府の世界外交の裏の無い交渉術としたたかな戦略を確立している諸外国との格差』
『日本ヒュンダイ自動車が昨年撤退した本当の理由』『ロシアの外国車、新車、中古車に
過大な税金をかけてきた理由、日本製中古車など80パーセントの課税』『輸出産業を直撃
し続ける今の円高になるまで無策の政府』『巨大企業の円高直撃一斉に収益減木っ端微塵の
企業利益損のやせ細る世界企業』『携帯端末から新世代最新ツールは、韓国企業が底支え
しているサムソンのソフト開発能力と優秀な人材が無ければアイフォン、アイパットは
実現不可能な未来技術宝庫企業の努力と未来構造力』『世界市場から見捨てられる携帯
端末市場なデザインと性能』『レクサスとヒュンダイジェネシスの攻防』『世界に溢れる
日本企業の生産力と空洞化し続け止まらないデフレ国内』『日本中のバイパスはフランチャイズ
攻防戦争いで、どの町も同じ看板による地域の特色をどんどん奪う潰し合い企業の行く末』
『株価下落に歯止めの利かない企業利益率の低下し続ける現状』『東京スカイツリーの電波展望搭
で騒ぐマスコミをあざ笑う、今年着工がスタートした韓国ロッテ複合ビルアジア一の建築物
125階建ての力の差を見せ付けるヒュンダイ建設』『日本の豊富な地下水資源を狙う海外企業』
あー書きたいことが多すぎる。いいたい事が多すぎる、自衛隊の防衛力や開発能力、世界から見た
自衛隊の指揮統制能力とIT化の進まない、陸海空の調達装備と個人の装備品など、あーあ
つぶやきたい事だられで・・・・この目で確かめたい事ばかり、海外に行っても貿易港や
高層建築の耐震技術や総合配電設備、消化機材とエレベーター振動制御などそんなことばかり
が目に付く私。韓国行ってもやはり車や家電ね携帯端末パンフばかり収集する私。
あきれる妻はショッピング天国とご褒美マッサージでのほほん主婦。
男は世の中世界中敵だらけ、負けるわけには行かないのです。
外からの侵略者は、韓国、中国、ロシアやアメリカ、中東諸国の連日の報道のように
威嚇とまでは過激だが、規模は違えど軍事演習は勿論の事、どの国でも税金使って
国防に関わる特殊部隊の存在と軍事演習など国民にはきちんと装備内容まで報道機関
が深く深く理解を浸透させるほど報道していますよね。海外のチャンネルひねれば
アメリカなどでも世界の米軍部隊の活動報告と紛争地帯舞台派兵の規模と行動内容。
イスラエルでも韓国の兵役制度、台湾の兵役制度、ロシアの治安抑制特殊部隊、韓国
特殊部隊、アメリカ特殊部隊、その他切が無いけど世界は国防にかけては一番抑止力
に水面下で力を入れているのは承知の事実。警察庁の特殊部隊SAT・・・どれだけの
国民に認知されているの?陸上自衛隊の少数精鋭レンジャー部隊。どれだけの納税者は
知っているのかな?安心安全な国日本。そんなこんなで戦後60年が過ぎ、世界に不思議な国
と言われない様ね音楽産業や映画産業ももっともっと世界に売り出せる世界観を持った
監督や脚本を世に出して頂きたいものです。何時までもアニメやゆるきゃら、秋葉マニア
の子供ニュースを見てるとこの国は・・・国民は、これから日本を支える子供達はと悲観
してしまう私。ツタヤに行っても世界映画コーナーは韓国映画が10年前から毎月ランクイン
、そして音楽ときたら韓国ユニットがバンバン日本語を熟知し、勿論英語版まで出版する
映像も世界が認めるセンスを熟知しレコート会社や芸能界の知性の高さが見えるアーティスト
が数多く存在しています。映画俳優を見ても世界観が違いますから、映像や音や脚本がなぜ
日本には世界に打って出る、ロングランで考えられる俳優などがあまり存在しないのか。
文化風習は島国独自と言えども、30年あまりだが昔を知っている私には、今の芸能や映画界
がとても寂しいのです。まあ自分達の世代ももっともっと国内製品を買わなくてはならない
のですが、愛国心、心にあれば海外の高額な工業製品は買わないと思うのですが。
携帯や、テレビ、パソコンなど家電量販店はそうは言っていられない、主役がアップル
などサムソンなど基本性能が若者に支持され続ける以上顧客リストに管理され続けてゆく
はずですからね時期モデルは半端無い性能で又日本に襲い掛かるはずです。
一度奪われた客は逃がさない、そうしてメルセデスやビーエム、フォルクスワーゲンは
企業努力とユーザーの美意識を追求調査し付加価値をつけ続けてきたのですから。
コメント 0件  at 2010年9月13日4時38分

若旦那日記
 2010年6月12日 - ヨーロッパ勢力が工業製品デザイン会の世界を牽引?
私の趣味の自動車産業や、航空機産業、船舶客船全般、航空宇宙産業、
防衛にまつわる車両と、ミサイル先進レーザー誘導制御など、何時も
書店で専門書を買いあさるとってもマニアな私。
嫁さんにはあきれられ、お話の合う方と言えば、お客様でブログを拝見
して頂いた、造船所勤務で、新日鉄や新明和や三菱、川崎、石川島など
大手製鉄所で勤務されていたご年配のお客様や、戦時中の日本を守る防衛
産業に従事されていた方ばかり・・つい先日は若旦那の航空機コレクション
を見に、ご夫婦でお越しになられたご年配のお客様。翌朝にはタバコの空ケ
ースで作った、日式重爆撃機、海軍戦艦攻撃機、本土防衛戦車、などなど
一晩で8作品も無我夢中で製作され、お帰りの再に当館に寄贈して頂きました。
しかしその立体感にびっくりな私!キャノピーや、燃料タンクなどの局面の
製作などは、紙をスチームし、丁寧に局面を伸ばしながら作成し、折り目を
なくす手法・・・正に資源や物資のない戦時下において、子供達の遊びの工夫
とは、この様な頃でも創意工夫を繰り返し、お金のかからない身の回りの物で
、何でも真似してみたり、失敗を繰り返しその素材にたどり着くと言う、物語
の過程が見て取れた気がして、ついそんなお客様を尊敬の眼差しで見てしまう。
現代の国力のバロメーターは、エネルギー資源や、国際貢献、国力を見せ付け
る科学技術メーカー、若年労働人口、国際間学力、愛国心なのかなぁー??
もうすでに遅いが、松下、シャープ、日立、ソニー、三洋、三菱電機など束に
なっても、韓国のサムソン電子の一社にも勝てない世界グローバル企業の先頭
に立ちつつある韓国メーカー。ヒュンダイもそうだが、世界累計販売数の85%
が世界シェアなんです。世界の空港や、世界の高速道路、世界の100階オーバー
高層建築の建築等、ドバイの水道プラントから、エネルギープラント、高速道路
インフラなど、ことごとく韓国メーカーが競争に競り勝っている現実。
携帯端末もフィンランドの世界の名門ノキアに迫る販売台数とデザイン力。
ヒュンダイ自動車部門だけ見てみても、レクサスを置いて行く程の、車体トータル
デザインを展開し続ける『ジェネシス』の今後の策略。
ハイブリットだけが選択肢ではないと言う、様々な提案を示した上海モーターショー
での展示展開に世界の自動車業界が脳天した、次世代エンジンの環境性能とヨーロッパ
勢力に負けない、車体安定装置制御、守る日本に攻める韓国・・・完全に世界の波に
置いて行かれる様相を感じた私でした。
造船にしてももそう、圧倒的に年間建造する世界からの船舶の受注量がすでに違いす
ぎる、防衛産業にしても、世界に輸出する兵器リストを見ていても・・リアルに凄い。
んーん、精密機械全般、太陽光発電、トンネル掘削、建築技術などは莫大な資金を
獏ないなる広告宣伝に費やす韓国。世界に発信する広告の宣伝費ときたら、あのトヨタ
も足元にも及ばぬ広告宣伝、未来の投資なのだろうが、世界の人々が港で、空港で、
高速道路で、高層ビル宣伝看板で、中心繁華街で、毎日何億人が見て洗脳されていくのか
が、正に韓国企業の今後の生き残り戦略だと感じてならない。
実際この10年そこそこで、日本勢はほとんどの世界シェアを根こそぎ奪われた感じだ。
中国もそう、うかうか『真似ばかりして』なんていってる間に、凄まじく制度をあげる
血のにじむ努力で、高度成長を支え、海外資本を多く誘致し、工場や工業の発展を
国民が体得し、世界に輸出し続けてきたからこそ、今の信頼があり、世界1位の今後も
発展し続ける国ランキングに今だになを、過去10年も二桁台の伸び率で発展持続し続け
ている、益々国外への旅行客も増え続け、海外渡航ビザも富裕層以外の、国内平均所得
を満たす一般層一億数千万人へ及び、益々の発展が想像できる巨大宇宙国家だ。
そら世界の建築から、世界の名絵画、宝石貴金属、高級外車、ブラント店などは一千万都市
が幾つもある、購買の激しい中国本土に上陸して行くのは時代の流れだろうし、航空宇宙
産業で言えば、2年前には有人ロケットをなんなく打ち上げる能力すら持ちあわす国。
日本ですら、アメリカのシャトルに莫大な予算を計上し、日本人を乗り込ませてはいるが
便乗しているだけにしか、国家は取ってくれませんし、ロシアや中国の様に、自国の
技術で自国の発展の為、自国民にまず最先端研究を宇宙空間研究させる事で、世界に
名だたる企業研究や、世界の医薬の開発をリードさせるアドバンテージが優先です。
二番では駄目なんです。専門分野では世界で一番にならないと。
コメント 0件  at 2010年6月12日18時15分

若旦那日記
 2010年6月11日 - 入梅前だけど気温30度の夏日な日々
5月も暑かったけど、6月に入っても気候が安定し、とてもいい天気が続く山陰地方。
お陰様で5月の連休から今日まで、毎日多くの楽しいお客様が当地へお越し頂ける
格好の行楽地となっていますね。私達城崎温泉の若旦那衆も、恒例イベントや、新
たな事業を模索し、試行錯誤しながら55名の若手事業主が力を合わせ、この街を
常に盛り上げ、団結し頑張っています。3月の出石で開催された『ゆかたのファッシ
ョンショー』や、4月の『温泉まつり』、5月の社会人ボート大会の『マスターズレ
ガッタ』1200名のレセプション屋外立食イベント、6月の『ゆかたフェスタ2010』
の太鼓のオープニングやショーイベント。7月24日から8月26日のラスト『灯篭流し』
で締めくくる34日間にも及ぶ『お客様縁日広場』の開催など、大きな柱だけでも
これだけ毎月盛大なイベントが開催されています。私達は観光業で生計を立てている
と言っても過言ではない為に、皆が協力し助け合い、城崎温泉を愛しているからこそ
貴重な時間を割いてでも、皆が〔俺達がやらねば誰がやる〕の気持ちが自然と芽生え
、街づくりに協力的で一つの目標に向かい全力投球なんですよね。
気温30℃よりもひょっとして、私達城崎人の方が体内温度熱いかも・・・
ちなみに夏休みのイベント期間の火曜と木曜日は、花火イベントが毎週開催される為
温泉街の旅館施設は大変込み合います。8月4日の『ふるさと祭り』でのイベントも
私達若手の出番!温泉街から駅通りまでが歩行者天国となり、多くの出店が出揃います。
勿論この日も、特別大きな花火大会があります為、予約の取りにくいイベント日となり
ますね。
私も、消防団の旅行、家族旅行、旅館の若手経営者での旅行、商工会青年部旅行、
従業員旅行、秋祭り連中旅行、全国出向者研修会など、5月6月は各団体の旅行が
当るので、これも又日程調整が大変なんですよね。
あー去年の旅館経営者旅行で行った台湾旅行社訪問旅行は為になったなぁー!
今年も秋に、台北で日本への台湾旅行を牽引する、企画イベントが開催される予定だ
し、行くのであれば、現地の旅行者の求めるニーズをしっかりと会でまとめ上げて
その求められるニーズに、どれだけ対応可能であるのか、どれだけ非日常な時間を
プレゼン出来るのか、広域での取り組み、今日までの歴史や文化風習、情緒ある日本
を代表する温泉場をしっかりと提示出来る様、頑張って行かなくては意味無いですよね。
何と台湾の旅行者は、年間150万人も日本本土に来られてるんですよ!!
日本の人口は1億2000万 台湾人口はと言うと・・・凄い比率で日本に来られるんで
すよ!親日を超えてホント日本の文化や歴史が大好きなんです、ほんとに嬉しいですね。
コメント 0件  at 2010年6月11日16時24分

若旦那日記
 2009年11月16日 - 若だんなの日々の生活の中で気になる気になる編パート2
近年中に国内に販売網を築かれたとしよう、初年度よりダイハツ、鈴木は、相手にしな
い価格帯そこそこ商品で衝撃的販売をしかけ、国内産業を根底から崩壊させるかのごと
く100ショップやユニクロ、無印良品イオン、ダイソン方式でしたたかに仕掛けてくる。
日本のマーケットには潜在的に、そこそこの性能とデザインと信頼性があれば、売れる形
式が確実に存在する。大型家電店でも、携帯メーカーも韓国、中国家電は世界で当たり前。
繊維産業は8割型当たり前のメイドインチャイナ。しかし品質は国産を凌駕するものもある。
メーカースポーツシューズも、ブランドバックも人件費の安い、ほとんどチャイナ製品。
全国に急展開してきた『業務スーパー』どの店も中国産でも、何が何がお客様で一杯だ。
実際東京銀座に行ってみても、大阪梅田、神戸三宮でも、海外服飾ブランド衣料、西洋
ブランドメーカー、海外自動車メーカーは東京モーーショーにも新型車種を展示しない
姿勢はどうだ、加古に記憶の無いモーターショーとなった。来年のショー開催はどうなる。
逆に上海モーターショーは恐ろしく海外メーカー新型国内未投入モデルがズラリ・・
どれだけの高額なマーケットがあるのかは計り知れない市場なのだろう。日本も過去80年代
はそうだった、海外の絵画や鉱石宝石貴金属、大手メーカー製薬会社、こぞって買い付けて
アメリカ人の魂、ロックフェラービルをも三菱地所は買い付けた。今では想像出来ぬ価格で。

そして今の現実は、海外資本の一流ホテルはどしどし国内を撤退し、たまに東京進出してくる
ペニンシュラなども最近では少し話題になったが、普通の木目調大理石調壁紙基準だ。
歴史のにじみ出てくる外観や圧倒される西洋の文化も無い。
ここには価格が回収出来る見込みが無いからだ、という決断が随所に見られる。
世界のホテルチェーンも中国、マカオ、インド、マレーシア、発展の予想できた
エネルギッシュなアジアに、すでに10年間以上に渡り急速に展開し資金を集中投入、
それも都市部の一等地に、半端無い高層化高級様式広大な敷地に楽園を作る始末・・
日本にはしてこなかった世界の富裕層を知り尽くし、現地市場参入している事実がある。
話題がそれまくったが、高額な世情の動向とは逆に、車は大きく,重くなってゆく一方であり、
重くなった車体を、さらに大きなエンジンで引っ張るという、悪しき傾向が感じられます。
そして残念ながら世界の経済、いや大企業自動車メーカーは構造的に、大きく,重い自動
車が売れ続けなければ、どうにも立ち行かなくなっています。
この度提示された減税措置も、まだまだ使えるものを捨てて、少しだけ省エネ便利なものに
買い替えさせようとする扇情であり、環境の保護よりも、経済の回復を優先している姿勢
が見えます。
世界中の国民の自動車を今後エコカーにもし替えようとしたらならば、それを造るために、
大量の金属とプラスチックを必要としますから。
そして、まず膨大な新工場建設や、それに伴う新エンジンラインのために材損の物を破棄し、
莫大なエネルギー〔アルミ製品など〕を消費します。よって、今後世界の自動車の絶対数
が減らない限り、温室効果ガス削減も、何の意味もありませよね。と言うか現実には豊かに
なる20億人市場のインドや中国市場はまだまだ凄まじく、もはや世界市場のセントラル
マーケットは、今後もまだまだ中国市場のマーケットを中心に商品開発を推し進めてゆく事
でしょう。
我々国内エネルギー市場は全て海外にほぼ依存している体制は変わる事無く、エネルギー
が昨年も爆発的高騰した教訓をもって、毎年高騰するであろう今後に備え、乗る機会を
極力減らす努力をしたり、小型高効率車種に買い換えられる人も居たり、スクーターに
通勤を変化させる人もあれば、健康志向と言って自転車で通勤される人もいますよね。
資源の無い日本が生き残りをかけて、世界に挑むには、依存する高度な技術を活かした
マツダ自動車のロードスターを見習い、グラム単位で部品の強度を保ちながら、新素材
は使わず、高圧プレス技術や高度なシャシーで、軽量な重量で、効率の良い軽い昔のエンジン
をブラッシュアップさせる手法が、私は好きなんです。軽量化とは言いながら世界中のメーカー
はなかなか出来ない設計を、マツダはロータリーを積む、7でも8でもやってのけてしまう
国内ではでは数少ない技術者集団メーカー。苦しい経営だがデザインにもエネルギーがある。
こう言った努力をあきらめず、資源の無い日本の風土に合った姿勢を世界に見せ付ける会社は
社員の志も高いはずだから、必然的に元気な社風となり、若い優秀な正規雇用も集まり
広島を元気にしてくれるのだと思っている。 マツダ自動車を見るたびに何故か元気を
もらう若旦那であった。
コメント 0件  at 2009年11月18日22時6分

若旦那日記
 2009年11月16日 - 若だんなの日々気になる気になる事項パート1
またまた久しぶりの、溜まり溜まった日々の気になる事日記長編になりそ・・。
多分最大文字数制約がある為、第二部に分けて書くことになりそうだぞ。
今回は私の個人的趣味の一つの『世界の自動車産業の今日と未来技術』
に不安や、展望、環境、国家エネルギー戦略、国益を考えながら思いを書きた
いと思います。
日本中の車好きが集う、東京モーターショーは長年の歴史は勿論、これまで
子供達にも未来を予測する、夢や希望を私達に見せ付けてくれた博覧会でした。
しかし昨今の経済不安や、乗用車の急速な販売低下、能力性能向上に比例し
買い替えサイクル延長、など様々な理由もあるのですが、新車は発表販売時のみ
販売目標値は伸ばすものの、二月も経てば急速に目標販売台数を下回り、新車効果
神話も既に崩壊している国内、小型軽量ハイブリット車種や小型乗用車が何とか
一部メーカーを支えている現状に・・・現在夢のような憧れの車種と言う存在が
壊滅状態となっている状況で、とても大人の私としては車本来の楽しみである
運転する喜び、エンジンとの会話、スポーツカーの所有する喜びに溢れるデザイン
圧倒的な魔力、四角い箱型の車がほとんどになった今日、国内は辛い市場です。
さて最近のニュースと言えば、海外の大手自動車メーカー2社が、まず簡易ハイブ
リッド超高級乗用車を発売しましたね。
メルセデスと、BMWです。両メーカー高級車同クラスの発表で、燃費、環境性能
をやはり歌い文句に、今後レクサス軍勢に真っ向勝負と表向き見えてきますが・・・
上海モーターショーを調べてみると、なんと見よう見まねのプリウス一世を分解分析
研究したのでしょうが、30車種のハイブリット車が中国政府に支えられ、世界市場
に出陣する用意があると宣伝してあります。予想はしていましたが、正直これには
機密となっている部分が多い為、性能までは取材出来なかったようで、しかし有り余る
開発資金を持つ中国大手3社のハイブリットカーは近未来的市販車レベルの仕上がりに
見えたのと、エンジンバッテリー出力など細かいデータも発表されていましたから
近く現実のものとなる事でしょう。
インド人もびっくりな仕掛けも、販売方法も策略がありそうで、不安なような脅威な
様な、嬉しいような、信頼性にかけるような・・・偏見ですねこれは。
そんな単純な、電気モーターバッテリー性能、メーカー技術競争では無いのです。
この海外メーカーは皆さんご存知、軍事エンジン、航空機エンジン、ロケット転換
技術、トラック、など三菱財団の様な多目的に国内産業を下支えする財閥です。
それはそれは未来の軍事技術専門書で調べてみると、軍事転換技術のオンパレード。
空母、戦車、潜水艦、艦船、航空機、軍事車両全般は全てハイブリットエンジンが
次世代技術参考資料として掲載されています。
勿論給油無しで、戦車も船舶も5割程航続距離が伸びると言う歌い文句。
正に、トヨタプリウスの1リッター30キロ越え宣伝と同じ内容、使用条件が整う環境
での数値ですが、この宣伝効果で世界兵器産業輸出を盛んに売り込む西洋メーカー。
昨今の西洋のメーカーの国内販売平均排気量 1.8リットル〜3.5リットルが8割
車両の重量などは圧倒的に重くて 小型平均1.380キロ 大型セダンRV平均 2.100kg
燃費性能となれば、国内メーカーの圧巻、大型車両はV6V8は当前のリッター8繊
これでは流石にいかんと、早急にハイブリットカーを投入しましたね。価格 1400万円
とてもこのクラス手の出る価格ではないですが、すぐさま小型乗用車クラスに転用出来る
メカだったので、来年は西欧の国内小型排気量ハイセンスデザインのディーゼルハイブ
リットなど、国産デザインに飽き飽きした、ヨローッパデザイン高効率環境高性能車の
販売台数逆転現象が起こる可能性大です。
この度のドイツ勢の2車種は性能を調べてみると「エコカー減税」の対象となっています。
メーカーは今後の車造りをしてゆく上で、環境に配慮した自動車を追及すれば、資源を
なるべく使わずに、小さく,軽く、シンプル、ほぼリサイクル可能な車体構造になってゆ
くはずです。
原始的な構造に戻るとまでは言いませんが、その形式を取る量販メーカーと、超高級路
線を突き進む、合併再生し歴史と技術を手に入れた大手自動車連合の一部メーカーが生
き残る構造が目に浮かぶ・・・中国やインドなどでも100を越える自動車メーカーが存在
する。
今までは、日本製の型遅れの途上国向けのメンテナンス維持の安いエンジンを購入し、
見よう見まねの生産で、国内は満足していたのだろうけれど、世界同時不況の昨年頃か
ら、デザインも日本車危うしのデザイン力を身に付けている。 失われた15年ですっか
りと、開発拠点も整備人材養成され、肩を並べつつあるように見える、真剣に油断でき
ないのだ。
コメント 0件  at 2009年11月18日22時2分

若旦那日記
 2009年9月23日 - 若旦那日記復活・・・忙しい一年でした・・・
まあなんと言う久方ぶりの日記なのでしょうか。昨年の12月19日には、元気一杯の
待望の第一子を授かり、若旦那の会の代表の役割を無事終え、続いて今年は旅館経営研究会
会長の職までさせて頂き、全国旅館生活衛生協同組合連合会青年部の全国出向、地元青年団の
行う夏季対策冬季対策事業代表の職もあり、大変多忙な年でしたね。しかし5月猛威を振るった
新型インフルエンザの到来以降、城崎温泉は連日の過剰反応のニュース番組報道に負けず、6月7月
8月と今後の危機感を持ち、早く現地の混乱の無い状況をマスコミにもPRし、素早く元気兵庫全国キャン
ペーンや、各地での但馬広域行政と連携を持ち、若者力で先輩方と共に『数え切れない全国キャンペーン』
を実施しました。結果より一層地域が一体となり、活力ある元気で日々頑張る若者の力も歯車となり
行政や政治家をも動かす程の行動力、積極的な宣伝PRを行ってきた甲斐もあり、多くの緊急対策
特別対策基金を県から市からも頂く運びとなりました。このインフルエンザピンチを、地域一体となり
心を一つにまとめ、立ち向かって行く若者元気力で一転ピンチをチャンスに変えた我々は、7月8月と開催する
夏休みイベント、城崎夢花火をなんと期間平日毎日行う偉業を成し遂げてしまいました。そしてなんと前代未聞
の今回の花火大会は合計26回で無事故、それ以前にも、4月5月には『合いたい兵庫ディスティネーションキャン
ペーン』イベントも連日夜の町内河川ライトアップの事業も成功しており、町民上げての長期間のイベントが今
思えば目白押しの日々全力投球でした。そして昨年から全国に羽ばたく若手経営者で組織した『城崎泉隊
オンセンジャー』も各精力的に出演し活動し続けた結果、ご当地ヒーローを短期間で認知させる偉業を成し遂げ
た。9月には『城崎温泉駅100周年記念イベント』も城崎温泉駅前にて盛大に開催され。その他数え切れない程の
それぞれの単会の事業も勿論あるわけで、青年部の行う地域活性化事業、旅館経営研究会の行う
年間事業、商工会、婦人部、飲食店組合、物産組合、鮮魚組合、共栄会、その他にも多くの組織
構成がある城崎では、事業を行うにも何をするにも、連絡日程調整をする機関もおのずと必要と
なって来る訳で、この街は一年通じて本当に皆が一体となり地域経済を活性化する仕組みを
それぞれの立場で考え、実践し、発展させて行く事を自然と出来る体制が整っています。
6月には我々旅館経営研究会で、インバウンドのお客様をどうやって、地方の観光地に誘致してゆくのかをテ
ーマに台湾の旅行会社と連携をとり台北に行ってきましたし、現地旅行会社でのキャンペーンも行いましたね。
はたして海外の旅行観光マーケットに向けて、城崎温泉は世界に通じる魅力があるのか再認識させられました。
やはり私達城崎人には、我が町を愛する心、お客様をおもてなしする精神、お客様を楽しませるDNA
が若者にも脈々と受け継がれていると感じずには要られません。本当に嬉しい限りです。
さて市議会の選挙も日が迫って来ていますし、町のこれからの進むべき方向性や、今後計画されて
いる街造りビジョンなど、私の思いや、書きたい事が多すぎてなかなかなまとめられませんが、
硬い事ばかりでは楽しくないですよねぇー・・・政権交代もあり、今後の政策論など目にしていま
すと、???が目に付くのも私だけなのでしょうかねぇ。高速道路の段階的無料化もしかり、
2020年までに先進加工業の日本で、総エネルギー消費の25%削減目標・・・エコ商品が目に付く
家電売り場でも、現代社会では身の回りに在るもの全てが、コンセントに直結していると言っても
過言ではない、若者の現代社会の必須電脳携帯アイテムも増える一方、エネルギーの作り方と、消費の
仕組みは、根底から考え直さなくては行けないのではないのでしょうか。
風力、水力発電や地熱発電、太陽光発電など、再考する次世代発電はこう言ったライフサイクルの長い
自然エネルギーを利用した、エネルギー発電効率は悪いですが、世界に向けて世界一の先進技術で勝負
をかけて頂きたいものです。シャープはソーラーパネル生産でも世界一のシェアがありますよね。
多くの国有林を持つ日本には水力発電用のダムも回生効率の良いタービンを三菱さんお願いします。
そこらじゅうで掘削すれば当たる温泉掘削力のあるボーリング技術も世界一、地熱の宝庫なんですもの。
何でも先進先進に片寄りすぎるのは・・新旧ハイローミックスで昔の単純な効率発電もまだまだ現役です。
節約、節約、これが次世代のキーワードなのは解っていますが、消費者には勿論色々なリスクもある
事でしょう、ゴミの分別も今やらねばならない出来ることの一環です。ごみ焼却の炉は何処もかしこも
パンク寸前。ゴミの量は増える一方の過剰包装紙など、清潔を誇るスーパーでのビニールゴミ、
大量生産、大量消費、無駄なわりばし森林資源、贅沢消耗品の数々、古い物は捨てて新しい物が全て価値
があると言う、アンティークや歴史的建造物保存と真逆な日本固有の無駄使い捨て社会構造。
どうにもこうにも消費者の知識の変革には、ものすごいエネルギーと個々のリスクは付いてきますよね。
あー車社会もエコエコハイブリッドやつたもん勝ちブーム。食料事情も各国囲い込み合戦、地下資源の奪
い合いや益々の自己主義到来時代、人口少子化に伴う構造改革セカンドステージ戦、高齢過疎地域の
今後の救済策と休耕田の耕作化、益々進む都市一極集中の恐怖と利己主義の里離れ現象、高速道路無料化
のその先の恐怖に怯える公共交通と国道沿いの商店街の方たち。
日々私達はそれぞれの立場と職業で、色々と考えさせられる多くのテーマがあるわけで、いかに関心を
持ちそれを仲間達と話し、色々な立場や年代の方と意見交流を持てる環境が私達にはあるので、仲間達と
共に発展向上出来る事が本当に大変嬉しい。
ブームに乗ったり、他の地域の頑張って企画し、その事業やイベント事、やってきた事をまねている様な
事では、この地域の持つブランド価値や人間性の能力向上を下げるだけだ、私達の生まれた地域には伝統
と格式がある、これら素晴らしい街を背負う男達は自らに誇りを持つ、結果地域事業にもより積極的となる。
過信は禁物、やはり地域に無い魅力は他の地域が持つことで、より一層の連帯が必要となる為、他の地域と
共に経済を発展させて行く必要性がある為、私達は地域の若者の『連帯』をより大切に情報を伝達します。
何にせよ、私達だけでは何も城崎温泉ブランドを高められるはずもなくもその為には異業種の方々の力添え
が必要となります、そういった農業や漁業の方々の力を借りながら、その誇りあるブランドを私達が売らせ
て頂いている訳で、広域での信頼関係の構築も大切な私達日々の職務です。
広域地図のパンフレットも新しく魅力ある解りやすい観光圏ものが作りたいし、政府の景気刺激策の本音と
建前もしっかり見つめて行きたいし、あー知りたい体験したい未知の世界を探求したい・・・
私はこれまでの人生が、人と人との繋がりで縁が生まれどんな困難もその人との繋がりをもってクリアして
きた、帰郷して10年今この地でも心の通じる仲間と共に、地域を愛し助け合い努力し合い汗を共にかく事で
この地域の連帯がみんなの心にある、故郷を大切に思う『城崎愛』で繋がっている事に感激しますね。
ああーぁぁぁまだ書きたい事だらけだ。やっぱり毎月いるのだー個々のテーマで書きたいが溜まり過ぎで
書きたい優先順位が解らなくなった、明日は経営研究会臨時総会、そして町内ソフトボール大会、秋のだん
じり祭り、市議会選挙、かにシーズン到来前の営業会議などまだまだ行き着く暇など無い城崎温泉。
昨日はつかの間の昼休み、高校の同級生が来て少しお茶timeって・・・20年ぶりってか
もう36歳なんだわさ私も・・びっくりこきまろの、世の中の中高年まであとわずか・・・とほほ日々が
充実し過ぎてて毎日が音速timeで゜過ぎ去ってゆくのである。
コメント 0件  at 2009年9月23日18時36分

若旦那日記
 2008年12月1日 - ここ10年の技術革命の結晶韓国電子機器技術恐るべき★
ほら言わんこっちゃ無い。
来るべき反撃ののろしが下ろされた。
世界を網羅しつつあったサムソン電子や、LG電気が
とうとう最後の販路拡大に日本国内を混乱に落とし入れる
かのごとく家電量販店に大々的に宣伝活動を今後開始する。
松下、日立、ソニー、カシオ、三菱、NEC、シャープ軍団
何故か日本国内では通信インフラや通信方法など違えども
アメリカ勢、フィンランド勢、韓国勢などなかなか販路を
拡大できずにやむをえなく撤退して行った携帯端末販売事業
しかしそれら海外のノキア、モトローラ、チャイナモバイル
などは全世界では売れに売れ毎年2桁成長している世界戦略モデル。
勿論私もドコモで15年前にノキア機種をデザインとクォリティ
で選択し、友人にその先進デザインを自慢していた事を今では懐か
しく思いだす。
しかしそれら最大のライバル市場で戦わなくては行けない
グローバルモデルを、国内の専用機種軍は撤退にまで追い込ま
させる、国内景気の爆発的経済発展と自信も拍車をかけ、とうとう
個人で持つ最小のデザイン先進戦略モデルを国内退去させるにいたった
15年間・・井の中の蛙・・世界の端末はそら恐ろしいスピードでフル液晶
スリムシンプル小型化、世界の富裕層を狙いに定めたプレミアムモデルも
ぞくぞくと出揃い、毎年進化し、世界市場で急速にブランドを築いていった。
その間の10年間、国産のモデルでも次々と国内需要に適応した最新端末を投入
し続け、移動テレビ、手ぶれ防止カメラ、インターネット、指紋認証・・・
まあ時代相応の当たり前の進化モデルチェンジが行われ、どんどんどんどん
体も重さも大きくなり続け・・・・結局みな同じ■顔色違い箱となっていった。
今では販売価格が3万4万とする機種が当たり前の時代となり、やはり
私達の年代30代40代は、所有する喜びとリンクするクォリティー質感
や機能の使いやすさと、超先進性のある飽きの来ないモデルが選
ぶ基準となる事は解っているのに、利にかなった成功者が所有するような
プレミアムデザインは国産モデルには現在存在しないのが現状。
海外に行けば、ショウウィンドウを覗き込む白人、黒人、手に持って眺めている
欧米のビジネスマン、見ている先進的モデルはサムソンの最新端末が圧倒的だ。
国内モデルは投入時期遅すぎ、世界旅に羽ばたく年間何千万の若者は勿論
世界の工業デザインや先進端末デザインは既に見慣れ、憧れている
のは解っているはず、空気を読めないのかまだ、天狗になっている
のか、国内の販売の多くが皆と一緒、今までの決まった形態の容姿
にこだわるユーザーが多いいのかは知りませんが・・なんで?
台湾、香港、インド、中国、韓国、イタリア、アメリカ、ドイツ
何処の国にも販路を拡大できない、ソニー、パナソ、NEC、三菱
日本連合達・・・どころか益々減益を計上する世界に通用しないプレ
ミアムデザイン。 なんで? アジアではそこそこ国内よりましな
デザインモデルはあるけれど、全く価格、ステイタス、デザイン先進
度数も韓国製品に全く歯が立たないどころか、物凄い勢いで若いユーザー
を獲得し続けるサムソン電子、LG電子、電子機器だけでなく車産業
でも今後これらの危機は目に見えて現実となる事だろうと思う。
もう実際現代自動車は、10年前の世界累計台数を記録を塗り替えし続け
とうとう、いやこれはまじで、三菱、マツダ、スバルはとうに抜き去り
今では、日産をも抜く勢いと本田の世界累計台数をも抜き去ろうとする
販路拡大路線が順調に推移し、このまま行けば停滞してきたビック3の
背中もこの2〜3年で射程距離に納める、次世代モデルチェンジの世界
戦略車種が工場ラインに次々と世界に向けて発射される。
勿論レクサス等の高級高利益を見込める車種ジェネシス系も準備が整った
様相である。
トヨタもうかうかしていると世界販売台数は急激に減速しかねないクォリティ
まで身に付けてきてますよ。
日本ヒュンダイ販売は売る気が無いので販売店などはごくわずかだし、トヨタの
二番煎じは日本では通用しないのを良く知っていてそうしているんですから、
いいんじゃない、と言うかそれが正解だし企業イメージもその方が良い。
さて日本を代表する、トヨタさん松下さんソニーさん御三家は韓国製品を
あなどってはいけませんよ。 ほとんどの世界では中流以下と言っては
語弊がありますが、そこそこのデザインで、そこそこの性能で、そして
ここだ!びっくり価格だ!価格相応な価格より消費者が思う1割から2割も
の割安感と、ここまで築いてきた15年間で世界の市場でも信頼性も最近で
は急上昇。
私の旅館には台湾、香港、中国、欧米のお客様がしょっちゅうお越しに
なられます。
カメラを渡され写真を撮らせていただきます。 キャノン、ミノルタ圧倒的
シェアですね。安心安心♪♪しかしお布団を引きにお部屋に入らせていただき
まして、お掃除をさせていただくテーブルを片付けておりますと・・携帯は
ノキア、サムソン、がほぼ100%・・・とないなってんの精密機械王国日本勢。
デザインも4年前位からほんと来てますね、のデザイン力。こりゃ売れるはず。
ハイアールやレノボ〔IBMパソコン市場を買収で世界が仰天した事は承知の事実〕
ヒュンダイはやはり調べてみると、ブラジル、ロシア、インド、中国の発展が
凄まじい販売台数を記録し続ける様相。まず2010年には自動車世界販売台数は
5位までには入る勢いです、確実に。これはトヨタと類似した商戦を仕掛けて
いるため、ここ数年で恐ろしい段超え販売台数を記録してきた、しかしここからが
本題だ、やっぱり悔しいが次世代車種と室内デザインやボディーカラーなど見ても
本気仕様で海外戦略モデルが存在している模様、旅行の地マカオ、ラスベガスでも
世界中何処でも、動き回りそこそこ生活も豊かで好奇心旺盛で行動力のある世代、
世界の経済を動かす購買層は中間層だと言う事、そう今では中国などの経済の発展
もポスト天安門世代20代〜30代の2億数千万人。それに40代を加えると4億人の世代
がマーケットとなる。中国だけでもだ。
あー気になる、月間の携帯販売は優に500万台規模で推移する中国市場にも乗り切れ
ず撤退を余儀なくされる日本メーカー軍・・逆に韓国勢は恐るべき販路拡大の様相。
インドでも同じ状況は今後も続く。悔しくて悔しくて仕方が無い私。あー悔しいが
今の中国圏アジアは日本の戦後の高度経済成長を支えた団塊世代が見せ付けた、
やる気とパワーが高い上昇傾向を生み出し、それに追随し高い情報処理能力まで身
に付け、世界のデザイン工学まで身に付けつつある恐ろしい国民である事は、私達に戦う
ハードルを上げさせた良きライバルではなく、頑張らねばならぬ使命を与えた眠った
15年を反省せざるをえない世の中のなって来るのだとより感じる今日です・・・
あー頑張らなくては・・アンテナを張り巡らさねば・・負けるもんか。
コメント 0件  at 2008年12月5日13時14分

若旦那日記
 2008年10月25日 - 名古屋市新トヨタ本社ビルを見て・・・
恐ろしい世界企業が日本には多く存在する。その代表格が豊●自動車だ。
私の家業は旅館でもあり、毎日多くのお客様の大切なお車を運転し
早15年・・・私が18歳の頃は、ロマンと先進技術満載の機能と性能を誇った
国産各メーカー。夢や希望の1985年頃、東京モーターショーも華やかに未来
のスーパーカーがずらり国内メーカーから出展。
自信満々のデザイナー達、恐るべきコストをかけ、工業製品は飛躍的に向上してゆく。
そして5年が経ち、25歳の1995年頃は、車好きのシルビア、プレリュード、スカイライン
FTO、セリカ、MR2、180SX、ロードスター、RX-7、GT-R、スープラー、ユーノス
コスモ、GTO、レビン、トレノ、パルサーGTIR、大人も子供も国産スポーツカーに
夢中だつた1990年代・・・全てお客様のお車でも知っていたし、友人も皆乗っていた車達
だった。
2000年にはこれら多くの若者を魅了し続けた、国産高性能スポーツカーは闇へと消えた。
何時の間にやら、各メーカーが発表する新車種は、様々な用途を一度で済ませるワンボ
ックスタイプのいわゆるスポーツレジャーカーや、箱型車ワンボックス型へと時代は変貌
していた。
2008年もう私自身、メーカーに足を運ぶ気すらしなくなった国内各メーカーの出す新型
コストダウン見栄見栄の価格維持鉄板薄板表面合わせのみの室内一体はめ込みパネル形成
低コスト樹脂素材と、20年前以下の天井張りナイロン素材仕上げで、塗装は貧弱なごまかし
上鏡面薄コート仕上げで、もう見るべき進化はますますコスト削減の箇所ばかり・・・
触って、開けて、閉めて、走って、そこそこ性能、電気関連機器も集中管理でコンパクト
エアコン3個のダイアルのみ・・・トヨタのみではなく各社がこぞってそうなのだからたまらない。
高額乗用車もその例に当てはまるから腹が立つ。高額な大型ミニバンもモデルが変わると
モデルが変わるごとに明らかに質感が目に見えて落ちているのが気になる。
それも解ってやつてる確信犯なのですよね?シャーシ、塗装、内張りのプラスチックの質感
全てにほぼ格下げしている内装は、見てもすぐに解る程・・400万、500万の内装ではないのは
見たままだけど、それらが飛ぶように売れ行きを示すのをト●タはもう確信しているのだろう。
しかしそのつけは消費者の小さな声からこの15年ですでに解っている人には解っているのだ。
海外製品と国内製品の組み立て制度すら、差別している国内専用モデル。
アバロンやウィンダム後継車、プラド、カムリ、など北米モデルも多く国内に投入していて
試乗出来る機会があるけれど、シャーシと足が全くのコストのかけ方に馬鹿にされた気になる。
価格は昔の価格以上なのに、コスト削減の削減の削減で下請けメーカーも素材の見直しどころか
構造からの白紙見直しを図らない限り、この巨人メーカーにしがみつくのは大変なのだろう。
だから室内に乗り込むと非常に悲しくなる、性能を落とし、持っている技術まで封印されて
思うような下請け仕事はすでに出来ない時代となってしまった感、日進月歩どころか凄まじ
効率主義と共に生きる時代、日本工業会の退化をたどっているかの様相な国産自動車産業と
その何千もの膨大な数の下請け各メーカーと関連企業。
勿論海外からの研修生や夜間労働者も年々増加傾向で、様々な現場でのすれ違いや、使う側
使われる側の弊害もあるのだろう、賃金、社会保障、夜間残業代金、借家問題、言葉の障害
など治安も変化してくるし、若い労働者の少ない日本は、どうしても今後も続く不透明な世の中
に備え、備えに備える純利益2兆円のメーカー側と、コスト削減の限界我慢の愛知県。
潤う正社員にこき使われる派遣職員と外国労働者の衝突は何時起きても不思議ではない。
あーまだまだ日々思う、これ以上してはいけないコストダウンの裏側がうんちくがいいたい。
構造改革は様々な形で私達の生活を豊かにする一方、人間本来の知能や本能を凄まじい勢いで
退化させていく、見るもの 触るもの 着る物 食べるもの 造る物までうまく海外などで偽造
され、知らず知らず国内に入ってくる偽造食品達も、怪しい鋭い国民の目が見張っている
市場には送り出さないはずである。韓国などの世論はそら恐ろしい、首脳官邸の前でも
何でもデモ隊が訓座する何日でも・・・それほど食べ物偽造などは大切な問題なんだ。
そう言っても毎日発覚しまくる、食品劇薬添加物など平気で混在してくる中国食料加工製品
ニュース報道。諸外国では当たり前の現地検疫機関や保険所など現地にもうけ、自国の基準に
適合しない食品は抜き打ち検査をしてまで突入していく体制を整えていく方針を発表している。
この姿勢が無いから何時になっても未だに輸出業者に日本の体制がなめられるのだ。
解体業者に聞いてびっくりの自動車部品でも海外依存部品の多い事多い事、ほんとに信頼で
きるの??今後もコストダウンは勢いを増す様相だし。もう魂もへったくれも無い無印商品
だけの身の回り製品になるんでしょうね、きっと。ヨーロッパの合理性と妥協しない安心性能
と国土を歩き回っても無駄な資源利用も一つも無いですよね、勿論便利屋さんで定着する
何万件のコンビニだけでもあちらの人には理解不能な国民性でしょう。
国内資源は無いし、自給率も勿論年々低下の一途、労働力も気力も無い、食べ歩きが平気な
国民となってしまった、アメリカ人は歩いて食べる事が出来ないと言うか、器官に食べ物が
入る危険性等もあるため、絶対に食事は座って食べるのが子供の頃からのマナーと最近では
徹底しているらしい。タバコ、飲み物などもその例だ、自動販売機など勿論世界には無い。
大人は子供に何を教育し、信念を持って日本人を確立していくんだろうか。
コメント 0件  at 2008年10月26日17時51分

若旦那日記
 2008年9月13日 - この時期は山アリ谷アリの凸凹シーズン★
忙しい夏40日期間も終わり、9月に入り忙しい日、暇な日がはっきりとしてきました。
こんなオフのシーズンは、私の大好きな映画ベスト100選でもゆっくり見たいと思う
のですが、やっぱり毎日色々と忙しい・・・秋祭りもあり、なんやかんやで、あっと
いう間にまたまた冬のかにシーズン到来となるのが常ですね。トホホ・・・
あーーゆっくり見たいな思い出の懐かしい学生時代に見た映画達・・・よく会話など
していても、好きな映画や、見た映画で印象に残ったり、心に優しく語り掛けてきたり
、衝撃を受けたり、強く共感し感動したり、自分の若い頃と思い出がかぶったり、
人間の生き方に強く共感したり、大きなスケール感に圧倒されたり、男の強さをまざまざ
と見せ付けられ憧れたり、子役の素晴らしさに引き込まされたり、未来の地球を考えされ
られた環境映画だったり、戦争の惨さをリアルに伝えようとした結果吐いた映画・・・・
男と女の思春期・・・何とも異性は・・・難しい映画、映像美に魅せられた映画
未来の地球人の生活を描いたSF映画、マフィアの抗争の奥深さを痛感した恐怖映画
度肝を抜くスピード感抜群のカーチェイス映画、知能のぶつかり合うギャンブル映画、
今まで何作品の映画を見てきたのかなぁー。映画ファンとして、俳優の演技は勿論の事
新境地を切り開く俳優の個性、泣いたり笑ったり感動したり考えさせられたり同感したり
同情したり思いだささせたり、自己で分析してみたり、コメディーを真似てみたり、流行
的にブームを巻き起こす衝撃の映像だったり・・ロマンチックコメディーも大好き。
★アラビアのロレンスは伝説の男を描いたシンプルな構成と圧倒的なリアリティー1962年
★イージーライダーは無法者が無害な男になろうと・・善良な市民の冷たい目線 1969年
★アギーレ神の怒りは自然と闘う冒険隊の驚異的なシーンに鳥肌がたった最高傑作1972年
★めまいは究極の男女の三角関係を描いた鮮烈な物語は戦時中の親友同士のタブー1958年
★ブギーナイツは70年代のディスコ全盛期麻薬と女、アメリカ資本社会の裏側が・1997年
★2001年宇宙の旅は これはスタンレーキューブリックが大好きだから、の代表作1968年
★ゴッドファーザーはマーロンブランドとアルパチーノの熱狂的ファンだからイン1972年
★アメリカングラフティーは28歳ルーカス作品誰もが経験した思春期の記憶が再来1973年
★ジョーズ スピルバーグのどん底恐怖映画で子供の頃布団に包まり恐々鑑賞した1975年
★ミスターグッドバーを探しては、若き日のリチャードギア真正面から姓の問題に1977年
★スターウォーズはこの映画を知らない人は要るのかな?子供の心をもつ大人なら1977年
★地獄の黙示録はベト戦争の狂気に満ちた戦争の矛盾なと映像も凄いFコッポラ作1979年
★マッドマックスはメルギブソン世紀末新世界で北斗のケン真っ青の脳みそ即破裂1981年
★愛と青春の旅立ちは小学校の体育館で見た、リチャードギアは感情も演技も完璧1982年
★未知との遭遇の特殊効果は今見ても素晴らしく洗練されているスピルバーグ絶大1983年
★ブレイズインザハートは涙無しでは見られない人間の自立を模索する楽園の大地1984年
★愛と悲しみの果てはアフリカを舞台に、農場で暮らす男女の燃える愛のロマンス1985年
★バックトゥザフィーチャーはjフォックスのtimeマシン過去未来のトラベル1985年
★スタンドバイミーはご存知思春期の若者が様々な体験を元に成長してゆく青春映画1986年
★ラストエンペラーは皇帝の生涯を描いた息をのむ映像美と激動の20世紀の60年凝縮1987年
★トップガンは中身のないムキムキマンの戦闘シーンと教官のラブシーンに惚れた1986年
★ダンスウィズウルブスはもう魅せる魅力を知っているケビンコスナーの代表作だ1990年
★許されざる者は監督イーストウッド、正義の為なら君は撃つのかという誤った神話1992年
★秘密の花園は失いかけた、子供の目線を取り戻せる数少ない太陽の様な作品の1つ1993年
★レオンは少女マチルダと殺し屋の切ない恋投入歌にも惚れ込みスティング効果大1993年
★パルプフィクションで私は脳天を打ちぬかれ、タランティーノ幕開けでトラボルタ1994年
★大地と自由は並みの歴史闘争映画ではない、生々しい臨場感は今でも圧倒的リアル1995年
★ジュラシックパーク・・内容は薄く、ワーキャーでかいの連続・・まあランクイン1997年
★恋に落ちたシェイクスピアは映画館で見よう、多くは語らず官能的喜劇仕立て映画1998年
★スリーキングスのジョージクルーニーはリアルな特殊部隊紛争者をさせれば一級品1999年
★ロードオブザリングはピータージャクソン監督黒の悪魔ブロドと臆病な主役が魅力2001年
★シティーオブゴットはブラジル社会問題をスラム街でありのまま映像化麻薬と犯罪2002年
あー2000年以降の作品はあまり心に響かない監督作品が多いいのかなぁーまあ映画館にも
足を運ばなくなって、ビデオも借りに行っていないしなぁー。
タイタニックやパールハーバーやインデペンデンスデイやフィフスエレメントやエスエフ
映画全般は・・・内容が薄っぺらくて記憶にも説明にも頭が??で未来の映像技術は凄いが
ただただ圧倒されるコンピューターシーンばかりでマトリックスも全てベスト外ですね。
なんか最近はアクションでもワイヤー特撮のジョンウーや、ドンパチ紙幣ばらまきの大げさ
映画ばかりで、人と人の心の動揺や心理を読む、終わると凄く見返りが合って大きくなれた
気分で映画館を出る、そんな監督作品映画はないかなぁー。
世界の戦争や、麻薬、やくざ映画、以上に美化された俳優陣営にはあきあきしてます。
マイケルムーア監督の作品群の怒涛のブッシュ批判や、人間の矛盾などに視点をあわせた
いろんな意味で期待できる世界でも類のない自由な監督だ。
上映するたびに社会現象や警察が動員される始末が付きまとう衝撃映像ドキュメントだらけ。
あーまだまだ書いたらきりが無いぞ今夜は・・あーまた止まらなくなって来た・・・
若者の無党派層が見たら危ないぞ 片寄った情報に気付かず共感してまうやロー!
惚れてマウヤロー・・・
さあ今週は昔見た、1968年のミュージカル映画 『オリバー』を見て元気とワクワクを
思い出す子供にtimeスリップだなぁー!
こんな素敵な朝はいかがですかー
気分は最高ですーぅ
あーーー空だって飛べそうな気持ちだぁー
陽気な商人や通行人やも大いに陽気なこの映画は、純粋に大人になった私に何もない
普段の身の回りにあるごくごく普通の幸福を改めて知らせてくれます♪
後上質な映画音楽は何時までも心に刻まれますよねぇー♪♪
コメント 0件  at 2008年9月15日14時12分

若旦那日記
 2008年7月22日 - 気温37度の汗だくだくな毎日★
皆様、ほんとにこの日中の気温が毎日35度を超える日々多種多様なお仕事本当に
ご苦労様です。私共の家業は家屋の中の業務が多いのですが、農家や農園業など
又漁師さん、営業マン本当に熱中症には気をつけて頂きたいですね。
私はもう海水浴などもってのほか!地面の照り返しで50℃くらいあるんじゃないの
と思える程のフライパン加熱状態な海水浴場では、素足でなど歩けるわけが無い
サハラ砂漠環境・・・私の体力の問題かな・・・
あー毎日毎日イベントや太鼓教室や会議な日々・・あっそうだ、今年は従業員旅行
で奈良に行ってきたのでした。 日本一の金魚生産を誇る大和郡山では、水田一面
途方も無い金魚が所狭しと泳いでいました・・・しかし圧巻でした。
水田横の小川や用水路では逃げた金魚??でいっぱい。持って帰りたかった〔本音〕
そしてお宿は、若草山のてっぺんに宿をとり雑踏を離れ、奈良の大仏殿も見える夜景の
素晴らしいホテルに泊まりました。
そこは夕食の後に、歴史的建造物のライトアップツアーに連れて行ってくれました。
あーーーとっても綺麗で写真を無邪気に撮りまくっていました。〔足元鹿のふんだらけ〕
古い町屋を改装したレストランを拝見し、目に栄養、心にアイデア、体に元気をもらって
沢山の商売の発想をいただいた楽しく勉強になった従業員旅行でした。
私が帰って10年 最初の旅行は 飛騨高山→倉敷→道後温泉→白浜温泉→京都→岡山
→滋賀彦根→天の橋立て丹後→皆生温泉→奈良でした。
んー来年は何処に行こうかなぁー 伊勢かなぁー 金沢かなあー 九州かなぁー
まあ何処に行っても、美術館と、植物園と、歴史景観地区と、お洒落なレストランと、
展望の良い喫茶などは必ず押さえて予定を立てるのが私流。無駄な時間は一切無し。
新しいチャレンジをして行くセンス良いお店で食べ歩き勉強が基本です。
海外でもそれは同じ、国内に動物園が含まれれば海外内容に大変身。気候風土が育んだ
体型や口元の食べ物による進化の過程を見るのが大好きなんです。〔一日中見ている〕
あーやっぱり気になるのが経済の問題になるのだ、書かないでおこうと思っても、止め
られないし・・・書いたら長くなるし・・・あーーー書きたい書きたい韓国電気メーカー
の中国アジア市場での若者の指示率が恐ろしく高い、市場調査は勿論のこと、中国市場
をターゲット中心にシフトさせたデザイン力の高さと、高度な技術を備えた製品展開。
イタリアに行っても、マカオ香港に行っても、タイ、台湾でもデパートや空港、地方で
の売れ筋電化製品は、メイドインジャパンではない、メイドインコリアなのだ。
恐ろしく発展したビジネスシーンに似合う、値段相応なクオリティーとデザイン。
ノキア、アメリカ製品もたじたじの工業デザイン力。ヒュンダイ〔現代〕も一世代前の
車種はそうでもないが、モデルチェンジしているモデルは、全て日産以上のデザイン力
とエンジンの環境性能技術も併せ持つ世界最強とまでは言いたくないが・・・恐ろしい
国民だと改めて痛感する、羨ましいのだが若者までが愛国心が強すぎる。外車を買う位
なら国産でも良いものがあるのだ、と思っている国民が多すぎ!!国産販売も絶好調+
世界累計販売台数は日産も危うし、ほんと飛ぶ鳥落とす勢いとはこいつのこと。技術を
教えていた頃の80年代、90年代でようやく自主開発とエンジン部門ラインが整い始め
2000年では、三菱、富士、マツダをとーっくに抜きさり、日産、本田を射程距離内に
納めだした。トヨタが一番恐れる、没個性を真似た商法なものだからだぶるんだろう。
実際、アメリカ、ヨーロッパでは既に顧客満足度指数は国産と片を並べている事実。
あーしかしサムソン電気が気になる、日本の電気店では世界一製品競争が激しく激戦区
なのに、そこらじゅうで安い安いデザインの良い製品郡が売られまくっている。と言う
ことは世界では文句なしに、費用対効果が優れている製品を展開するメーカーの名が
定着しつつあるという事。ほんま侮れない隙のないメーカーがサムソンなのだ。
しかもアジア全体での購買年齢層が、20代 30代が憧れる家電メーカー1と来たもんだ。
松下さん ソニーさん 日立さん 三菱さん キャノンさん NECさん シャープさん
韓国製品、中国製品の国際デザインセンターの開発人の発想の転換は、家電以外でも
恐ろしくレベルハードルは高く、未来のデザイン中心センター拠点は、中国、インドなんて
日は、ほんのそこまで来ていますよ。これまでの変なプライドは捨てて、これでもうちは
やっていけるから大丈夫、見たいな商品開発していると、とっくのとーに国内の購買層に
も見向きもされないデザイン後進国と果てには呼ばれ、技術停滞しか生まれてきませんよ。
ipotなんかのタッチパネル式携帯などは海外では普通のデザイン。10年前にも似たような
コンセプト携帯がパイオニアから出てはいたけど、フルタッチパネルで発売したものの
全く市場に受け入れられないへんてこりんなターゲットを間違えた高額製品だった。
私は世界の携帯メーカーのパンフレットを集めてデザインの研究をするのも趣味の一つ。
あの10センチ四方にコンセプトを定め、正確性と機能と質感と耐久性はやっぱりノキア製品。
最近はやっぱりグローバル市場で暴れまわるLG、サムソン、などは上昇気流。
特に香港などではいち早く、新製品を展開してくるので最近は、フルオーダーメイドの
クロコダイル皮携帯〔白、ブラウン〕が人気の中心だ。普通にグッチやエルメス製品が揃う。
あーー悔しい、あー腹が立つ、高額すぎる外国製品が買いたくなるほど、腹が立つ。
なんで対抗出来る素晴らしい製品が追随出来ないのか、悔しいがものまね天国の中国では
同じコピーを出してしまう位の度胸と、勤勉さかとうかは知らないが、市場に投入する
開発期間が圧倒的に短く、ダイレクトに市場に投下してくる凄まじさは圧巻としか言いよう
がない。〔物真似コピー品の流通市場は国際社会では相手にされないどころか、マイナス要素
にしかならないと思うが、世界の観光客が中国市場などで購入してくる、偽者ブランド
市場は1兆円産業とも言われ、もう20年以上拡大し続けている裏取引マーケットは確実に拡大
中、中でも日本人観光客が4割強も買っていくらしく、良い資金源となっている事実・・〕
しかしインドの時代が訪れると、勤勉さ真面目さ労働人口の多さ市場に出す物流の規模
全てがこれまでの世界常識を変えていくパワーがある国民性だ。製薬会社や医療方面
でも多くのインド人が国内で労働している訳だけど、まーあ真面目真面目、言葉は半年
あればマスターしてしまうし、会議の場でもインド方式が当たり前に浸透していくのだ
ろうと考えたら、まあこれまでの重役会議や、新薬会議は何だったんだろうと思えるく
らいセンセーショナル+実務利益主義と言うか、世界にセンセーショナルな話題作りに
かけては、私達日本人には発想も出来ない様な言葉の飛び交う、本来の厳しい会議が
繰り広げられる社風が蔓延してゆくのだろうと思うと、複雑だし、おとなしい日本人が
口を出せないような場となる事も怖いような・・・頑張れ日本人!!そんなガンバリヤ
さんを森津屋は応援します。
〔ズバリ 言いたいことを形に!森津屋で恋の告白プラン〕なんのコッチャ。
コメント 0件  at 2008年7月30日9時15分

若旦那日記
 2008年6月21日 - 各メーカー次世代エンジン・・・・明暗を分ける今後の革新技術
なんと久しぶりの日記なのだろうパート2・・・今回は久しぶりすぎて何を書こうか
題目が多すぎて整理できぬまま2ページ目に突入、パソコン前にズシンと座る。
やっぱり、何時もと同じうんちくかんちくここ最近の気になる事を書くのが
私らしいと思うので、はい決定。 さーーあイクゾー!!
構造改革や環境対策や企業の存続を考え、世界の各メーカー省エネ対策の現状。
正に、只今各メーカーこれまでの高性能進化論からシンプル退化論への急転回中。
家電もシンプル長寿命に、車も多機能高性能車からシンプル軽量化へとシフト中。
しかし小型携帯電気家電だけは、日進月歩高効率と先進性を競い合う、超マイクロな
戦いが火花を散らしている、小型軽量高性能処理能力化だけは凄まじい勢いで
世界を引っ張る一流企業は頭脳とアイデァで発想力豊かなデザインにパッケージング
して世界を引っ張るほどのインパクトある製品を短期間に開発し市場に送り込む
資金の豊かなアメリカ巨大企業連合軍艦隊。しかし、過去の神話も次第に時代の変化
に合わせ、国内消費の拡大が見込める実勢経済を重視した物に変化してきている様だ。
大型排気量大型高級車の開発 → 小型高効率と高性能パッケージ量産車種の拡大
大型調理家電製品のステイタス → 肥満国家からヘルシー手作り家庭食ブーム
ハンバーガージャンクフード → 世界の自然派食品と健康食品の需要急拡大
工業国家の威信と誇りで急成長 → 国外生産方式をとり国内産業空洞化問題
移民を受け入れ国は益々元気に → 移民差別化が貧困層増加に伴いより治安悪化な国内
冷戦時期は安定した軍備保有 → テロとの戦いで相手を見失い装備品再編の再編で・・
アメリカンドリームは青い芝生 → 低所得者向けローンの焦げ付きで世界恐慌招く
物流国家は何もかもがフルスケール → 買い渋りがより一層激しくなる国内需要低迷
国内航空産業は大儲け時代到来 → ヨーロッパ航空機メーカーにシェアを抜かれ
米自動車メーカーは世界の巨頭 → 現在中国自動車メーカーは100社超え年10%の伸び
まだまだ、マイナス要素も沢山あるけれど、+経済の進化も数え切れないほど存在する
のが、悔しいがアメリカ超大国の凄い所と最後はやはり言わなくてはいけませんね。
特に航空宇宙産業などは、追随出来るのは、またまた天然ガスパワーで経済大国になり
上がる勢いの、ロシアと中国、インドの国民も勤勉で努力家で今後も脅威ですね。
米シャトルの毎度の打ち上げも安心して中継してくれるほど、船内活動の他民族もよくよく
訓練されているし、流石としか言いようが無い到底追いつけない分野ですよね。
国内ではH2Aロケットのブースターにもやつとの事、海外に輸出出来る自信が出来たばか
りで何度も失敗と成功を繰り返してきた機体だったので、今現在は安定して人工衛星
を軌道に乗せてますよね、安全か確証しない限り有人ロケットは開発されませんからアポロ
計画よりも遅れている事になってしまうのかなぁ、まあ国家がかける宇宙開発
予算が違いすぎるので、世界2位だった日本は、空とも宇宙を制覇しとけば良かったと言えば聞
こえは悪いですが、もっともっと国外の地殻変動や環境問題や、周辺国家
の危機管理情報も、今ではアメリカの軍事衛星に全て頼っている現実。テポドン打たれても日本
の衛星は、上昇していく大陸弾を発見すら出来る術を持って
いないのですから、アメリカの犬とはよく言ったもんだ。早く自国の周辺事態くらいが確認でき
自立航行できる舵取りの出来る、バランス感覚の取れた一国の首相を待ちわびています。『本音』
コメント 0件  at 2008年6月22日20時52分

若旦那日記
 2008年6月21日 - 書ききれなく2回に分けちゃった・・・
なんちゅう久しぶりの日記なんだろう。
暇な家業でも、体は毎日忙しく走り回っている。
しかし肝心の体重も激しく上昇中・・・何故なのだ!
若旦那の会長として1年間の任期、来月も7日にテレビ岡山
での出演が決まっていて、城崎温泉の名物キャラクターと
して人気急上昇の、オンセンジャーと一緒に城崎を全力で
PRしてきますね。私も・・・20代の頃は腹筋が、縦横縦横
に亀裂が入るほどの・・升目な逆三角な体格であったが・・
35才の今では・・・プヨプヨお腹に横に深い不快2本線・・・
まあいいさ、30代は新たなキャラで勝負・・な妥協なこの頃
さーーーーーーーて 気晴らしといくかぁぁぁぁと言っても
またまた、車の内燃機関エンジン性能うんちく宜しく日記になっち
ゃうのよねぇやっぱり、この全世界のエネルギー資源の異常な高騰で
アメリカ、ヨーロッパ、など資源の豊かな自国産出量も、ほどほど
豊かにあるにも関わらず、石油輸出国機構の連盟国がこぞって限
りある資源の何時か枯れるであろう原油等を、この10年の急速な
経済発展を記録し続けている、25億人圏内インド、中国、韓国、タイ、
ベトナム、マレーシア、の新興国などに、狙いを定めるがごとく
鉄鋼、石油、天然ガス、しいては、とうもろこし、大豆、小麦、
言い出したらきりが無い、農耕の機械化となった現代では全ての
作物が、急激に値上がりしてくることはすぐそこだし。あーーーー
ーこまったなぁ 漁師は舟を出すたびに赤字と言うし、魚が獲れなくな
ってきているし・・・いや、待てよ、一番温暖化に寄与していると言
っても過言ではない世界中のトラック、バス、乗用車、バイク、だけ取
り上げても40億台位の総数は現代まででも余裕で出回っているだろう。
日本も中古や廃車を、ロシアサハリン、中東、開発途上国などに数え
切れない台数を売りさばいているし。
アメリカなど日本の比ではない、生産台数と航空産業の規模のでかさは、
ロッキード、ボーイング、ベル、グラマン、まだまだある位、戦闘機や
旅客機を世界中にばら撒いて売りさばけるほどの生産効率を確立している
強国だし。
こりゃーこの調子で毎日地球上を走らせ回っていると、ガソリンなどあっという
間に枯れ果ててしまうのは時間の問題と見るのが当然だろう。
そして農業、工業、ビジネス空間でもガソリンと過大な空調エネルギー等が
毎日消費され続け地球を暖め続けている後戻りは絶対出来ない現代社会。
そしてこの今異常な原油価格操作で、極東は石油バブルに沸き叫んでいる、
こんな異常な経済格差、高騰によるデモは世界中で沸き起こっている。
さて、肝心な世界の自動車産業は、このままではいかんと、流石に消費者から
凄まじい非難をかうこととなる。
一大企業の責任と言うか、このままの資源高騰と、鉄鋼高騰、地域の道路インフラ
の遅れ、運送業の次世代配送車開発等、メーカーの未来が明るい希望と生活の豊か
さへの結びつきが見えない限り、新型●●誕生 早い、ターボだ、メッキギラギラ
3列シートの重量級鉄の塊に、何でも便利装備に、燃費も10%アップだとぉーー?
どないな実用燃費を算出されておられるのでしょうか、メーカー様、どのお客様の
トリップメーターをも確認させていただける私の家業を甘く見てもらっては困ります。
〔メーター内にあるのだけちょっこり確認したりして・・ゴメリンコ〕昔の20年前の
バブル時代のシビックやスプリンターやパルサーのガッツン4速のほうがまだまだまし
でっせ。『メーカーの方ごめんなさいね、6速7速も大切ですが国内モデルは4速で・・
も十分だと・・軽量化はマツダさん素敵ですよね、トヨタさんは中国に要注意です
よね、ハイブリット技術は既に今年のモーターショーに参考出品してましたよね。』
現代の車は、そら安全基準、海外世界基準などで太って、巨大化し、タイヤもやけに
扁平見た目勝負の宇宙人顔。
各メーカーデザインの良し悪しは言いたくてもここでは言えませんなぁぁ言いたいが。
今は毎月の間でガソリンもジンワリジンワリと高騰してゆく、自国にほとんど海底石油油田
すらない日本なのですから、買値のまま言われるがまま・・買い付けに遠路はるばる・・
もう、モデルチェンジと言う言葉すら、今までの概念を取り払って欲しいくらい、やれ、
携帯電話は2年も持たなく、買い替え買い替え、車は高額でも性能が落ちたりなんやかんや
で5年位でモデルが次々と発売されますね。何故メーカーは長期故障率の無い、飽きの来な
い国民車を本腰を入れて開発に取り組まないのか、10年、15年の保障出来る技術などどの
メーカーもあるくせに世には出さないし、何処も出したがらないが、これからの時代はこ
の15年保障も確約出来るほどの過酷な使用条件でも寿命可能カーがキーになって来ますよ。
アルミの軽量な車体で、安い軽油で走る、高効率で元々頑丈なディーゼルとハイブリットの
融合、低速で粘り強く、低回転、低振動を高圧噴射が実現可能とした。
もうアメリカ陸軍では4割の航続距離の伸びを実現した、戦車の次世代エンジンとして、
今後は世界中で当たり前の標準になりつつある、戦術後方支援部隊が不必要なコンパクト部隊
になると言う、記事は昔からよく見ていた。
重量級SUVはあと10年後、2回のモデルチェンジは出来ない世の中でしょう。タイヤのホイル
に埋め込んでしまうアイデアの、4輪モーターの4輪駆動電気自動車のインホイルモーターや、
現在では1充電160キロ走行可能な三菱i電気自動車リチウムバッテリーの超小型化成功の事例と
して間もなく、家庭用コンセントで翌朝出勤充電完了。しかし何よりも、アメリカ社会の、
消費者の浪費減速と社会基盤であった加工工業製品等の構造変化再編の波の速さには特に驚かさ
せられる。軍需品のソフトなどはほとんどが中国、台湾製を使用しかねない現実を強国アメリカ
はどのように対策を今後してゆくのだろうか、情報漏えいは現実あるものと考えるだろうし、
コンピュータ内部の構造をブラックボックス化してゆく中国製コンピュータは日本市場も価格で
混乱させ、どんどん同じ土俵に乗せるべく中国、ベトナムなどに優良企業が乗り込まなく
ては対抗できない現状・・・又デザインも優れてきているとなれば、買わない理由も薄れてくる。
今後は携帯市場も目が離せない、サムソン電気、LG電気など、まだまだ3番手が進出をもくろん
でいる。『要は時代の流れです。加工して輸出の得意な日本企業は性能と安全は長年の技術革新
で達成しましたが、今後はより一層の製品品質の向上と耐用年数の倍の保障が出来る程の
製品組み立て精度をよりワンランク上げて対抗してゆかないと新興国の格安な製品郡に
飲み込まれ、価格競争の一途をたどりそうな予感がするだけです。日本の製品品質は世界一なん
ですからね、本当に頑張って欲しいものです。』
コメント 0件  at 2008年6月22日20時35分

若旦那日記
 2008年5月8日 - 何を信じて食べれば・・・食のグローバル化に進む日本
味も美味しい、安いの何の、素早くお手軽クッキング、冷凍庫での保存も楽チン、
売る方も知らせる義務、買う方も知る義務がある。
昨今の偽装問題の多さには、企業には伝える義務 の欠落と言うか、消費者が
まだまだ声を大にして立ち上がらないのが悪いのか知れないけれど、あまりに
類似した食品偽造のニュースが国内は多すぎる。
管理者の管理不足などの簡単事では済まされない、奥深い事情がそこには存在する
のだろう。
成型肉とか加工肉は、内臓肉や脂身をかき集め、決着剤を加え瞬間冷凍出来上がり。
ファミレスなどで新しいスタンダードになりそうな勢いの人工霜降り牛は、赤身の
牛肉に針山の付いたベルトコンベアでグサグサ脂肪脂を刺されながら出来上がる。
冷凍真空パックの業者サンプルを見て説明を聞いて、恐ろしい世界になってゆく
考えも、思いもよらない食時代の食産業の偽装風的変化の加速でより強く感じた。
ファーストフードのハンバーガーやナゲット類は全て牛の内部肉私用の成型加工肉
で100%のうたい文句でシェアーを伸ばし続け、価格競争でも幾らでも抑えられる部位を
使用し続ける戦略だろう。
我が宿にも物品加工の食品業者が様々なサンプルを持ってくるのが定番となっているが
、裏の素材以外の科学合成調味料の多さに圧倒され、食べる気もうせます。
例えると、ハムやウインナーの裏面の材料欄表示には、大豆タンパク、乳タンパク
卵タンパク、糖類、ポークエキス、決着剤、アミノ酸、リン塩酸、増粘多糖類、発色剤、
コチニール色素、酵母エキス、調味料、食塩、などなどからくりだらけの何が何だか
一般消費者のどれ位の奥様が知っている添加物なんでしょうかねぇ。
米国産牛肉問題も消費者がも安心安全を国家に委託しても『約束』が本当に相手国が
守られるかどうかは解らない、の現実を思い知ったばかりだ、中国製の冷凍餃子問題
だけではない、国内に毎日何万トンと、知らぬ世界で加工され輸入される食品は本当に
大丈夫なのか、知らされていない食の情報が日本は多すぎると思う。
日本各地旅行していても、何処でもあるコンビニ、お弁当屋、ファミレス、回転すし、
焼肉チェーン、ファーストフード店、牛丼屋、うどん屋、全てに共通している物は
全て世界から送られてきた真空パックされた加工冷凍食品なのだ。
こんな死んだ何時から冷凍保存されてきたかも疑わしい食材を私達は好んで外食に出か
けている現在。
知っている者と知らない者、関心の無い者と関心を持つ物で、次代の子供達の体に
全て注ぎ込まれる栄養となる事と、残留薬剤の根拠もはっきりと研究結果の発表事例
もあやふやな食品会社の責任説明は最低限、ピンチはチャンスだと私は今の時世思うの
だけど、偽造発覚の耐えない国内加工産業は自覚と責任をもっと強く考えていって欲しい。
勿論以上の事項は、多くの悪意を持った片寄った意見の記事を書くマスコミも悪いのは当
たり前なんだけど、私的には、天然であれ、養殖であれ、人工加工品であれ、絶対な安全
な食材などは無いと思っている。
現代では、国内食肉加工工場では年間300万トンもの、牛、豚、鳥が次々に機械化効率化
した工場で電気ショック後安楽死させ直ぐに加工肉として全国に出荷される。
哀れみも何も感じなくなった人間社会の為に毎日贅沢に食卓や焼肉店に運び込まれる
一連の生産過程で育てられたクローン達が、美味しい品質と肉質の為人的行為で生殖
繁栄され精子ですら高値で取引される時代に生かされている私達の食卓には、何も
見えなさ過ぎる生き物達の存在が今の時代だからこそ知りたいと思いますね。
スーパーベジタリアンと呼ばれる世界中の方々の日々の自然の恵みに感謝しつつ
自らの健康と、口に入れるものだからこそ外食では冷凍植物は体に入れないと言う
信念の強さのかけらでも、何でもお金があれば手に入る私達の身の回りが、余りにも
ゆがんで不健康な社会構造を生み出していることは皆承知の上で生きているのでしょ
うか。
コメント 1件  at 2008年5月9日12時20分

若旦那日記
 2008年3月22日 - サービス業とは・・・奥が深いなぁ
この世の中には、様々業態のサービス産業がありすね。
旅館業やホテル業は特殊と言われれば突出して特殊ですねぇ。
まあ 私自身が超特殊な人間ですから、お越しになられた
お客様は、超特殊な個性の旅館にお泊りになられる訳で
私の行う個性形態を、心地よいこれもありかな、的なサービス
と思っていただけると再度必ず〔多分〕お越しいただきます。
お客様との会話でやっとの事、お得意様の心の角に入り込み
お話をしていると様々な生活模様や、家庭環境、考え方、話の
リズム・・・毎日多くのお客様から沢山の物事を学びます。
流行もそうですし、子育て、召しあがり方、浴衣の似合う髪形
、浴衣のデザインは流行も踏まえ去年女性物をリデザインしました
し、今年は男性物もリデザインしたいですね、体型なども一昔とは
少し違ってきていて、顔もやはり今風と言うのでしょうか、お客様も
男前さんが多いですねぇ。
スラッと背も高く、服装もすっきり、顔もくっきり、お洒落な今時
の男性にはどの様な色合いが、今後長く付き合えるのか皆で模索中です。
まず『森津屋』のサービスとはなんなのか、何なんでしょう。
私は白浜温泉に5年間ホテル勤務をした後、城崎温泉へ戻ってきました。
そこでの体験は、一生私の体から離れることの無い体験と、驚きと、組織
でのホテル経営学を学んだあっという間の5年間でした。
その時のホテルの同期の仲間は、10年経っても全く気持ちや心構えは今
会っても何も変る事無く、とても貴重な私の修行黄金時代で築き上げた
仲間の絆は、かなかなそうは切れやしないものです。
帰郷して早10年、館内のリニューアルは玄関を最終目的にし、まずは
館内の滞在時間の一番長い客室部門を徹底して全面リニューアルに
取り掛かりました。
全客室12部屋の10室は現在稼動中の女将デザイン和室とし、パブリック
スペースにはお子様にも見て楽しい、家族皆の趣味のコーナー。
廊下、天井、浴槽3箇所は15年前にリニューアルしているので、脱衣場
と、アメニティーの充実と、色浴衣の毎年新作作品の購入。
玄関先の川魚触れ合い水槽の軒先での懐かしい遊び場製作。
夏のお子様巨大カブト虫幼虫プレゼント。〔仲良し昆虫仲間からの寄付〕
趣味の国産後部座席特注送迎車購入。〔父の飲み代1年分+おごり〕
次期送迎車の購入は来年。〔父の今後の老体での飲み代削減次第〕
夏の花火付き会席プラン。
新作和傘3色の手書き風景付き和絵柄タイプ。〔親類に依頼〕
今年の新作 特製着物お履物 30足
可愛い和小物各種
湯巡り色々湯かご各種
浴衣に付ける可愛い手作りコサージュ。〔親類に依頼〕
液晶テレビの順次入れ替え。〔旧型テレビは施設に寄付〕
堀こたつ部屋の追加。
四季の従業員制服購入。
男性貸し出し色浴衣の購入。
季節の食器常時購入。
調理場全体の動線工事。
風呂場の機械室の全面入れ替え工事。
若夫婦新居山の中腹に完成。〔秘密の隠し預金マル秘口座〕
駐車場土地の購入。
色々まだあるけど、沢山毎年出て行くなぁ。溜まらない訳だ〔笑〕
これらもどんどん毎年の様に続いていくんだし、これら以上に大変
なのは、給料、保険、税金、修繕費、固定費は仕方ないとしても
儲かる商売ってはたして何なんだろう?
売り上げても売り上げても、出るわ出るわ泡のように無くなるは・・
では困るけど、楽しそうにお出かけになられるお客様の姿に・・・・
あーーーあれも必要だなぁ そーなればこれも必然的に必要となるし
、預金残高の無い春、2月遅れの入金に冬の昼食の威力発揮でなんとか
6月突破と行きたい所。
あー楽しく仕事して、使命感を駆使し、人生をかけて旅館業を輝かせて
いくには、入ったら出すのリサイクル運動だったのだと今更ながら
気付く若旦那であった。
さーてと、今晩も お客様としゃべくりして、耳占いしてあーげよっと。
〔余計なお世話はpriceレス〕これがまたおもんないねんなぁ。
もう この一言がすでにおっさんだな。
今後は、おやじ臭とかおやじギャグ集の持ちネタで行こうかな・・・・
日々の日常ギャグのオンパレードは良いけど、どん引きされても・・・
コメント 0件  at 2008年3月23日10時49分

若旦那日記
 2008年3月15日 - 今年の冬はなんてこった。
冬に降る雪が余りにも少なすぎる。
なぜこんな気候になってしまったのか、私が小学校、中学校へ登校していた頃は、冬の12月から3月までびっしりと街全体が雪に包まれていた。
勿論周辺地域も日本海側全ても範囲になるだろうけど、少なくても私が10年前に城崎温泉に帰り家業を継がせてもらった以前は、どの民家でも屋根の雪落としや
地元の工務店の働き手の職人さんにお手伝いいただき、トラックなどで毎週の様に、川へ雪捨てをしていた頃とはまるっきり冬の気候が変わってきている。
冬に雪が降らない現象は世界各国で起こっていると聞くし。肝心なスキー場も自然任せな為、毎年のように冬季期間営業が可能なのかヒヤヒヤ
しながらの受け入れ体制らしい。車で町内を送迎していてもふと、んーーこの山はなぜ今青々しているんだろう・・
んーー町内を流れる川には全く今年の冷たい雪解け水も流れ込んでいない・・・・んーー雪も全く降らないので木々の葉も落ちる事無く、有機肥料となる肝心な土も
出来ず、結果木々が回収する養分栄養も蓄えられず痩せていく一方・・・・・・・山に上がればそこらじゅう土から岩がごろごろ・・根っこがむき出し、山が少しの
豪雨で土と栄養ががどんどん流れてしまい、地力が無くなりひとたび台風豪雨発生するとそこらじゅうの河川も木々が流れ出し、川を積止め氾濫し、道路が土砂崩れに
見舞われる被害となった4年前の台風の記憶も新しい。四季の変化が恐ろしいスピードで変化してきている、惑星地球の歴史で言うと10年
なんてものは私達人間のほんの1時間みたいなもの。それで私が生まれて35年で見間違える河川、山々、気候、それどころか絶滅して行った
生き物昆虫達、海や川の魚介類、城崎では全くはまぐりなど採れなくなり20年まずは底辺の生き物達が全て抹消されていく姿は私達の目に付かない為、救いの手も
全く対策が取れず、一網打尽一瞬で居なくなるのが現実。毎度書いているけど めだか生態の底辺用水路の現状と小川の河川工事を見れば誰だ
って解る、産卵場所の少なさと安全な湿地地帯の減少。何億年の生きた歴史に、この人類の生活様式や産業革命後の発展著しい100年はどんな
影響が今後地球に起きるのかがとても気になる。最近よく見る番組で、地球の自然、地球上の様々な生き物達、生命の進化、科学の進歩、北極南極調査リポート、宇宙から
見た地球、水の惑星地球、海の不思議な生き物達、などなど私の大好きな番組は飛びついてテレビに噛り付いて見ている私とあきれる家族。
現在はまって見てしまう番組も、現代医療現場の現実と意志不足、地球の砂漠化、進化していく生き物の体の変化、森林伐採と農耕地拡大の凄まじい開発途上国、乱獲による
種の絶滅、見えない海底では今何が起こっているのか、スマトラ沖等のアジアの不安地震津波による被害地シュミレーション。
さて、必殺の話は変ります、今後の自動車産業は生き残り組とそうでないグループの明暗は、ディーゼル機関の復権ではない、15年前の開発人は電気動力に目をつ
けたトヨタも、三代目プリウスでもうすぐ発進体制、20年前から経済的かつCO2排出に関心があるEU勢、スバル、本田、三菱〔電気自動車分野はコンセント家庭充電式来年発売〕も
やっとトヨタ、コンパクトディーゼルはヨーロッパは勿論世に熟成の域で走り回っているが、スバルの看板レガシーディーゼルの大きな車体がこの度発表・・・全く遅すぎ。
もう他社は電気動力蓄積データも後半、市販にかけて年末来年は本腰入れて、電気コンセントコンパクトを世界中にばらまく抗戦に出る。
それも電気の安定供給が出来ている国に限られるけれど、ガソリン代金の20%で満タン300キロが目的数値と聞いた様な、聞かなかったような目標らしい。
もう世界の自動車産業も2極化である、発展途上国にも本格踏み込み体制、PR予算は天井知らずの次期ハイブリット、超エコ分野に特化していく低価格分野強しトヨタ。
インドタタ自動車はダイムラージャガーも買収し、またまた低価格家族自動車分野をがっぽり大陸輸送網を生かし、安い労働分野で負けないぞのインド人。
いやいやロシアもだまっていませんぞ、ガスプロム社だったかなぁ?天然ガス分野で大儲け企業など、とても国家に貢献している世界企業があるんだ、今後もロシアは角に置けない
バブル国家にまで今現在も急速に発展している。
ハーァ チョッとすっきりした。
さあ話は振り出しに戻ろう、電話ジャンジャン鳴るし、お客様は勿論フロントに来られるし、街も案内しなくちゃいけないし、夜食を下さい言われるしで、書いていても何の
こっちゃ訳が解らなくなってしまった。何書いてたっけ、、、、、えーっと あっまたまた生態系関連だった?地殻変動?今後の巨大企業自動車産業?
あっ一つ忘れてた。京都議定書の内容は私は深くも浅くも全く理解出来てません。勉強すれば良いだけの話なんだけど、経済の発展とは、二酸化炭素と切っても切り離せ無い
問題くらいは工業国の私達はたいてい知っているんだけど、プリウスや世界の亀山工場だって新製品や次世代技術を築く産業基盤が必要不可欠な国内経済成長率などなど、
山切り開いてー埋め立ててー基地作ってー発電関連莫大でー海水ガブガブ使って冷却してー、新素材を大陸から輸入してー、レアメタルなどみたく足元見られ規制され価格急騰されー
輸送しまくりトラック排気まき散らしてー、基地に鋼材かき集めてー、完成製品を貿易基地港まで輸送してー、新製品発表デース、と世界に知らしめてー、一年も待たずに新興国にそっくり
うまいとこもってかれ、やれそのまま製品コピーされー、訴訟を起こしても完全無視されー・・・逆襲と言わんばかりに食料検疫問題、歴史問題などでモヤモヤモヤモモ・・・モーイヤ・
何が言いたいかって、経済発展とは地球がもう昔のように、水も、大気も何もかも取り返しの付かない姿に向かって、人間社会がピラミットの頂点に立ち、限りあるこの一つの地球の自然
蘇らせるどころか便利社会を益々極め、資源争奪戦争、食料飢餓戦争など人間本能の遺伝子が人の感性を狂わす環境に置かれかけたその世紀、地表から全て消え去る兵器が大陸間を
飛び交いやしないかいささか不安な、周辺軍備拡大路線真っ最中の近隣アジア情勢ですね。ちなみに、ロシアは今年、核兵器では無く、通常兵器で、多分燃料気化爆弾だと思うけど
発表を済ませている。
アメリカにもデイジーカッター〔地表すれすれに咲く菊も根こそぎ焼き尽くす爆弾の母の意味〕よりもロシアは半径300メートルの通常兵器を開発したそうな〔こちらの命名は爆弾の父だそうだ〕。
また・・そうなれば、やはり軍備費拡張路線番長の中国軍〔膨大なる軍事先進技術はまだまだ研究開発機密だらけ国家〕は黙っていません、はい隣同士の国土の強国はやっぱりその繰り返し。
人間は繰り返す、歴史も思想も人種も風土も環境も資源も食料も、国益になる為なら進軍し奪い取る
馬鹿な張り合い競争に勝つ為、莫大な国家の予算を付け、抑止力の名の下に正義を貫き通す。
あーぁ あーあほらし 結果また何時ものブログになってしまった。 反省 反省 
コメント 0件  at 2008年3月21日17時43分

若旦那日記
 2008年2月21日 - 日本の検疫 食の安全基準とは・・・
久しぶりすぎる日記だ。
毎日あっと過ぎ去る日々の忙しさに終われ書こう書こうと思っても
なかなか机に座り、ゆっくりと日記を付けられぬこのシーズン。
かにの1月、2月は毎日が80名様位の館内利用される日々、チェックアウトが終了
すると10部屋は昼食御予約様の為、毎日毎日大どんでんの個室セッティング。
お昼のお姉さんも若いお手伝いさんなので、テキパキと手の早い現状で何とか
11時のかに昼食様の一斉入り込み時間に間に合う日々。
いったい私の趣味は何時の時間出来るのだろうか、2月は読書もなーんにも手に
付かない日々でどうしましょ、このままの忙しさでまた3月に突入するのだろう。
しかし書きたいことは山ほどあるのに色々なニュースを見るたびに、やっぱり
この問題が浮上してきたなとか、自衛隊最高機密国家情報漏えい問題も深刻だし
地球規模の地殻変動を予想させる各地での大規模森林火災、地震、津波、寒波
最高気温を更新し続ける地球、自然界と人間との摩擦が本格的に目に見えてきた
時代に突入した世紀となった。
進化していく機械化な分化と反面、退化していく人間の野生本能は見るすべも無く
機械が正当進化し人間本来の持つ頭脳に近い処理能力や知性を身に付ける日は遠く
なくもう来ていると思っている。
極めつけはカーボンナノチューブを新聞記事で見たときはとうとうここまで来たか
と実感した事を覚えている、確か草原に幾らでも生えている草、葉、茎からカーボン
ナノチューブ高温燃焼合成に成功した事が発表された記事だった。
カーボンは知っての通り炭素原子の配置で絡み合った強力な次世代繊維、今までは
黒鉛なんかで超高温燃焼によりカーボンを作っていたのだけど、これからは草から
安いカーボンなどが作られていくと言うびっくりなニュースも記憶に新しい。
今僕が一番気になる事、それは人間の住めなくなる地域が今後どんどんと地球上に
現れて来るのだろうと言う事、水面上昇もそうだし、砂漠化も、干ばつや、極寒地
域や、赤道熱帯地域の紫外線皮膚がん、水質汚染による飲料水不足地域、空には
劇物の汚染空域、水面は地球温暖化による魚達の生息域の減少と絶滅種の増大。
成長、生育、繁殖で人間界にも影響のある現代、雨となり降り注ぎ逃げ場の全く無い
海面では自然界の浄化作用など追いつく訳も無く気候変動の影響もありどれだけの
影響を受けるのか私には到底解らないし、自然界の生き物達は動物の勘に頼り生き延
びる術を身に付けているはずで、めだかの水路に居なくなった事だけでもそんなことは
推測できる、勿論人間の身の回りに居た、コウノトリやタガメでも水カマキリでも
コイ、フナでも何でもいい、もうこれらの生き物ですら限定した場所にしか住めない
んだ、当たり前にいた大型の鳥でも動物でも野生から本能までも汚染され、勘もにぶり
人間に近い生息場所で危険を感じながら、農作物を荒らしてでも共存し続ける現状。
目に見えないから私は怖いんです、水面下ではどのように生育息が変化してきているのか
そして、その固体は体積が小さくなってきているのか、食文化さえ変化させて固体の
口形が変わるほどのスピードで変化に適応させてきているのか。
人間の体の6割は水だと言うことが全て物語っている、細胞と細胞の潤滑油の水は人間
の大切な液体である血中細胞に恐ろしい日頃の化学薬品がどのように体内で浄化されてい
るのか、蓄積してきている物なのか、どのような症状が今後よそうされるのか、保存料や
着色料や合成科学薬品使用、粘着財、国内偽造問題にも愛想が尽きた・・ほぼ連日報道
又、地底のメタンハイドレードはこの毎年の海水温度上昇によりメタンが海水に溶け出し
たりしないのかなぁーなんてしょーも無い推測までしてしまう・・・だって酸素を含む
海水は多くの生き物の生命維持装置なのに、メタンが溶け出したりでもしちゃったら
生息すら出来るはずも無く、ますます生息水域は限定される要素が高くなるし・・・
商業漁業は安泰なのでしょうか・・・島国日本はどうなるの。
食料自給率の今後の具体的ビジョンの無い国家で、食料の大半が加工品になって送り込
まれるメイドインチャイナ、原材料のまま食肉や穀物の大半を占めるメイドインアメリ
カなどでも闘牛病などは代表的だけど、日本の消費者はスライスされパッケージされた
ものしか目にする事も無く、毎日何万もの鳥、豚、肉牛が工場で食用として消費される
現在、立てなくなった病的な個体までもがベルトコンベアーで精肉加工されてきていた
焼肉店の危機も知らぬ間に忘れ去られ、何でもかんでも事なかれ焼いて食べてしまう
国民性は危機感の野生本能すら脳裏から脱落し今日も足を運ぶのだし、お店に任せて安心
な神話はとっくの昔に崩壊しているのに、いかに知識が大切なのかと言うことも、もっと
今の日本、遅くはないしどんどん番組を組んで欲しいし、もっともっと関心を持ちたい。
餃子毒物混入加工品なんか氷山の一角どころか、まだまだ中国もそうだけど東南アジア
も・・・信頼できるのは地域に密着した生産者なんだと早く策を打ち出さないと、10
年後には今では想像も付かない、コンビニ弁当戦争や、ファーストフード激安戦争や
冷凍食品でこれまで儲けた諸外国の工場の日本市場荒らしがより一層進むことは誰が
考えても明らかで、より良いものが日本市場に流れるはずはなく、まず自国の国民の
安全な食料の供給は当たり前の誰でもする事で、輸出する他人の口に入る物は極力安く
良い様にパッケージし直し、こりずに輸出してくるだろうと考えていて良いと思う。
騙された方も、騙した方も、知恵比べ合戦の世の中、中国では騙されたほうが悪いのだ
がまかり通る国民性を理解た上でお付き合いしといた方がいい。
又大きな事件が発生したら、全国のファーストフード全産業は総倒しとなるんだから。
輸入牛肉全面見直しとなると、全国のほとんどのの食肉飲食店は路頭に迷う事になる。
コメント 1件  at 2008年2月21日17時43分

若旦那日記
 2007年12月8日 - この石油高騰のピークはまだまだ続く
もう5年位続いている、じりじりと知らず知らず天井知らずの石油製品の値上げ。
石油製品に囲まれた現代社会は考えてみても、衣服、車、交通機関、プラスチック製品
は勿論のこと、工業製品全般・・・やめとこう全てだった。工場で出来たものは紙から
せんべいまでロボットを動かす動力エネルギーは石油にたどり着いてしまう。
エネルギーも食料も自立出来ない国で、これからの21世紀を生き残って行けるのかなぁー
という事が考える定義になったのだ。 まずこの問題を解決しようとするならば、日本人が
日本の現状をもっと知ることと周辺地域と石油産出国で今なにが起こっているのかを注意深
く観察する事がまず必要だと思う。
なんだか私には〔まあしらんまにガソリンも何でもかんでも値上がりで、まあー困った世の中
ねぇーえ、家計に響くわねーぇ♪〕なんて風に楽観視している風にしか聞こえてならない。
これこそが日本の抱える危機感の欠落である、この国のエネルギー貧血は科学技術がなんとか
してくれるんだろうなんて思っているんだろうか、社会文明はエネルギーによって創られる事は
明白で、化石石炭燃料から今日の石油エネルギー社会となり、もう瞬く間にエネルギーピーク
である。 言っておくが原油 天然ガス ウラン メタンハイドレート、等地下資源などは当
たり前の有限資源である事を忘れてはいけない、産出国にも製油工場の日々の生産限界もある
事なので、現在は需要が上回り過ぎて供給が全く追いつかない現代社会。
アジアの過熱振りが連日報道されているが、新家電等の一斉入れ替えの時期の代替需要もそうだ
がパソコン携帯電力過多時代の凄まじい一人当たりの電力消費は過去10年前と一桁位違うだろう
と思わせるこの世の中。
あー思えば社会インフラとは石油を念頭に構築されている世界、石油の生産が需要に追いつい
ていないのは今では常識の問題としてガソリン高騰などテレビでは毎日しているから皆とても
心配している事だろうけど、よく会話の中で石油はもう枯渇してしまうんじゃないのかと言う
心配する人は多いが、その他の代替エネルギーは色々化学的に可能な技術が多く存在するのだ
、中には考えさせられる次世代燃料構想がある、それがあのバイオエタノールである。
車社会も大切だが・・・食べ物、とうもろこし、お米からバイオエタノールを精製するという
このエネルギーには正直参った・・・とうとう人間の食べる食材にまで手が伸びてきたかと・・
人間の生命を維持していく貴重な食材までもが工業製品へと化けていこうとしている事実。
たしかに石鹸から何かに何まで石油製品に全て囲まれ幸せを感じている現代社会。
何でも利益優先の現代企業はバイオ燃料でも何でも構いはしない、サトウキビや穀物からの
エタノール燃料は食用油と自動車燃料を兼ね合わす合理的なエネルギーではあるが、ここまで
来てしまったと言う資源エネルギーを一つずつ吸い取り無くしていった結果自分達の命の生命線
である食料に最初に手を出した世紀が現在で、人類が本当に危機に面していると言う危機が現実に
目に見えて地表から無くなってく良い例だろう。
広大な面積での農耕業も地球上の凄まじい現代のエネルギー消費には絶句するのだろう、なんせ
50億人とも60億人とも言われるエネルギー輸入国の民衆がこれまで以上にデジタル化社会に入り
生活の基盤が目まぐるしく変化していく現代社会、この時代の急速な変化と国内のエネルギー
資源をもっと国民はもつともっと関心を持つべき世紀に直面しているのだ。
森も地下資源も限界近くに来ていると思っても遅すぎるんだ、科学の力と科学者が何とかかんとか
世紀の発明が行われるにしても莫大なプラントが開発するのに莫大な資源が消費されていくんだから
それも解った上で研究開発を行わなければならないが、石油以外には現在世界には有効で簡易的な
手段は無いであろうと思う。
エタノールの精製となってもアメリカ、ブラジルの農業大国が世界の7割以上を占める割合となる
はずだし価格の操作も産油国次第で繰り返される消費者直撃の惨事は免れないだろうし・・・ね。
菜種油ひまわり油大豆油廃油パーム油これらなんか数パーセントしかならない資源油だしなぁ。
最近私は出来るだけ身の回りの 無駄 を発見したり、観光地の無駄資源を発見する事がちょいと
した習慣の様に色々と目に付く機会が多いい事に気が付き始めた。
我が宿の再利用可能な無駄資源は天婦羅油だ、国内でも天婦羅油の回収車は地方に多くあるとは
思うけど、特に資源を大切に物を大切に街を大切に観光客を大切に文化を大切にする京都では
〔どんだけ京都持ち上げんネン〕市民によって使用済み天婦羅油を回収する試みが以前から行わ
れている。 年間でも150万リットルのバイオディーゼル燃料を製造している。
この地球に優しい燃料は市内を巡回している全ゴミ収集車と市内バス100台を活躍させるスーパー
エネルギーとして有効再利用される。
軽油を使った場合とは比較にならない二酸化炭素削減効果があり年間4.000トンもの二酸化炭素
の低減を果たしている。
やっぱり市民一人一人の意識改革と環境への関心と私達人間は自然に生かされているんだと言う
意識を幼児期から教え、しっかりとした地球の未来を親子で考えて行ける様なそんな世の中に
なつていって欲しいと思う。
欧米人のリュックサックとスニーカースタイルの旅行や、市内での移動は全て自転車を利用する
という精神などは当たり前と言う考えはよっぽと資源大国のアメリカにも学ばなければ行けない
部分もあり、これは勿論カロリー過多な食文化もあるのだろうけど、見習える部分は素直に見習
いたい教養です。
なんと言っても石炭等はまだ残っている国内だけど、有事となると1ヶ月も持たない食料自給率
天然ガス、石油は0生産に近い島国なので、有効に活用していく教育番組を組んで欲しいものです。
毎日民放の馬鹿テレビ番組と暮らしていると、全く国内の危機感が感じられない馬鹿人間でこの国
は他国との教育理念の格差まで広がり、自然崩壊しかねなくなるかも知れない。





 
コメント 0件  at 2007年12月8日21時20分

若旦那日記
 2007年11月20日 - 21世紀は資源の奪い合い
★今後の心配な事一覧〔一個ずつ書いていく予定だけど誰も読まないだろう〕

海洋国家日本の有事の時の国民への緊急情報網と非難地域の指定場所とライフライン
の安全な管理体制が取れる措置行動がとれるのかシュミレーションの開示が今だ現実味
と整備が一部地域にしか無い、見通し経済成長率 国家外交の建前と裏側、世界化石資源
のしたたかな獲得術を中国ロシアインドに先手を打たれ包囲網を作る三強国、GNP、
GDP、日米安保の矛盾、周辺事態法のつめの甘さ、日本の世界先進精密企業の危機を
予測する様な産業基盤となる鉱物等の不当な値上げに苦しむ企業と下請けのバランス、
、欲しくても手に入らなくなる希少マテリアル、巨大石油会社の合併による独占価格
が今後より進む産出国と莫大な被害を受ける資源最貧国日本と地下資源海底資源調査を
念密にそしてしたたかに交渉していき続ける世界最大加工工場大陸のエネルギー資源確保
術の10ヵ年計画の恐ろしい本当の今後待ち受けている世界軍事バランスの崩壊、農業人口
の急速な減少による5年後くらいに急来しそうな勢いの世界食料争奪の危機、すしネタ等の
海洋食材の輸入価格の不当な高騰とアジア好景気による大陸の貿易量の想像を絶する物量欲、
開発途上国から今後より急増する人材輸入による過去に無い凶悪犯罪性犯罪と雇用する側
のモラルハザードの欠落、国内の伸び悩む新車販売の理由と海外での好景気に沸く国内自動車
メーカーの国外生産体制の確立完了と共に国内需要を見捨てたデザインにシフト、国民生活
スタイルと食文化の乱れによる年々便利で不健康に導くファーストフードオール冷凍工場加工製品
アメリカナイズされる日本人の外食産業の急激な伸び率と倒産件率の知らざる事実、製薬会社
の管理する工場で調合されていく錠剤等国民の成分認識不足による言われるがままの処方箋
のからくり売りと癒着し続ける製薬会社の膨大なる資金力の謎は何時までも隠し続けられる、
コマーシャル戦略とは幼児期からの美しい映画俳優の知的イメージの定着で確実に海外に定住する
日本人が右肩推移になる一方幽霊のようにさ迷う魂の欠落した日本男児の増加、思いやりと心の余裕
が失われつつある今日、食の危険を毎日放映するニュースと一流企業の産地偽造問題等の会社組織
の腐った現実、企業内部告発の多さに驚く今日、食材の裏側表示の添加物保存料着色等見た事聞いた
ことの無い薬品の入った飲食物の多い今日と今後に影響するデータの根拠の薄い販売会社と無名の
菓子メーカー等の多さに今更ながら驚く、子供達の鏡となるの親の幼児性と身勝手な大人としての行動、
ちょい悪おやじは身勝手廻りの目は関係なし子供おやじ、ポイ捨てに悩む全国自治体と粗大ゴミの不法
投棄に限界を感じる今日、現実味の無い憲法9条の改正問題と特殊な装備品購入の経緯と天下り組織の体
質不変、労働人口減少に伴う雇用側のサービスの低減、大手家電メーカーの一網打尽政策で皆殺しの都市
、食生活の外食化の加速度が今後より期待される地方、末端の市町村にまで手を伸ばし成功するコンビニ
業界の次の一手、容赦なく値下げに踏み込む地方の大手デパート量販店、限界コストまで行き着いた自動車
産業の今後のマイナス品質からのマイナスでも7割ユーザーはは品質感お構いなしの購買層お得意様大国。

♪今後の楽しみな事一覧

血のにじむ努力で企業を世界企業に押し上げた地位と名誉の60社を超える世界企業を抱える頭脳集団カンパニー。
新技術の発表をし続ける企業と体質改善強化の進む国内産業の明暗を分ける海外進出の良し悪しも良い経験だ。
むだ、もったいないの精神を取り戻す絶好の今日、地球全体で取り組む人間改革共生時代に着手の世紀到来。
新代替エネルギーと風力、地熱、太陽光、水力、新蓄電技術等の低公害代謝エネルギーが再燃世界は急加速する。
エネルギー産出国と現地国家プロジェクトがそこまで完成間近なアラブ住友巨大エネルギープラント基地。
スクラップ&ビルド時代の終わりを告げる昔を懐かしむ心をもつ日本人が確実に増える今後は畳文科が見直される。
世界最高記録を毎年塗り替える今後の高層建築、ギネス100階超え超高層ビルノウハウは森ビルに任せろ。
怒らせると怖い日本の造船技術の底力、三菱、石川島播磨、川崎連合が世界を振り向かせる日間近カウントダウン。
懐かしい友や忘れえぬ思い出の人との偶然な出会い・・・・あーんちゃって♪ あーキモ逆に睨まれるわさ。。
毎日一組様は来られるお得意様との楽しい毎日が待っているこの家業、今日も明日も明後日も♪♪
コレクションの航空機や戦闘車両のコレクションが一気に爆発しそうな総数に迫りそうな無駄遣い現在200機馬鹿。



あー今後の日記はとってもお固い内容になってしまうような内容だなぁー・・・・
いやいや明るく楽しく前向きに考えることが自分流なのだ。

しかしお題はなんぼでもあるから書くのが気が遠くなるのと同時に、又、書く時間が無いのでアール。
コメント 0件  at 2007年11月22日22時47分

若旦那日記
 2007年9月27日 - トランスフォーマー侵略者達
侵略的生物多様性外来種とでも言いたいほど最近の自然界はむしばまれている。
この地球が出来て40億年と言われていますよね、海から誕生して、陸地が出来て
細菌細胞からどんどんと進化を果たして現在までに1.600.000もの生命体種類が暮
らす地球。ところが最近私はこの城崎周辺の野山に関わらず、奇妙な光景を目の当
たりにする。そうだ、これが在来生物が危機的な現状を訴える、急増する外来生物
の日本の自然界を狂わす海外からの危険な危機的侵略爬虫類昆虫などが大量に輸送、
空輸されてくる毎日が賑わう世界の先進国ペット産業。
ワシントン条約にある取引が禁止されていない物はだいたいどんな動植物もほぼ自由に
輸入できるし、例外はオーストラリア、ニュージーランドなどは国民の意識レベルで
とても環境破壊への関心があるようで、輸入可能な動植物のリストがしっかりと作成
され、危害や被害を全て水際で止めている素晴らしい美意識と国の森を守る国もある。
世界中のありとあらゆる動物達がネット上でも売買され、ありとあらゆる植物の生態
系の大陸間の移動手段も大陸風など頼らずとも何千キロもの移動も人間の手によって
好き勝手に移動させられー他の地域で何千年もの進化してきた熱帯の植物さえも2日間
もあれば根こそぎ、細菌ごと国内に持ち込まれる、検疫検査は勿論あるのだけれど・・
あらゆるタイプの生態系が、その地域でしか生育しない動植物が、ペット等で輸入され
何らかの形で逃げたり、大きくなりすぎて飼い主が逃がしたり、子供に噛み付いて処分
したり様々な理由もあるだろう、凶暴な蛇、サル、きつね、犬、全てを食べつくすアマ
ゾンの凶暴な魚類、都会の空を舞うカラフルな野生化したインコ達、森に逃げ込み四季
に順応していく爬虫類、昆虫類、大型の昆虫は国内だけでも毎年200万匹以上が取引され
ているし、外国の犬、猫、ウサギ、ハムスター、哺乳類、動物、鳥類、魚類甲殻類、昆虫類、
外来植物など大陸からの環境を変えていく外来種は想像も付かない・・・想像も付かない
繁殖力生命力、何でも食べる雑食性、例えればアメリカミシシッピ盆地原産のあかみみ亀
〔みどり亀〕は30年そこそこでアジア全土、南欧州までの広域に繁殖し広がり、農作物は
勿論、かえる、魚、貝類、水鳥までもを飲み込んでしまう。
体長40センチ以上になります。私も大きな水路などで毎回見ますがなかなか警戒心が強く
10メートルも隠れて近づいても逃げてしまいますから双眼鏡で見るんだけども、なんしか
でかい、洗面器なんてもんじゃなくて大げさにマンホールのフタみたいだ。
在来種の固有の生き物達は海外の大型昆虫の狩の仕方を学習していないので、すぐに食べ
られてしまったり、殺されている現状。 今私が一番危惧しているペットが蛇である。
何で又輸入するのか、飼い主には将来的にこの蛇は何メートルになり、ストレスがたまると
こうなるよ、とか全くデータがありませんので一切の責任は取れませんとか、飼い主の
免許証のコピー、最新の住所登録、万が一の対処、逃げた場合、など審査も絶対に必要。
これまでにも用水路のピラニア、草むらの ワニ亀 毒蛇 二枚貝で埋め尽くされた工場の
取水パイプ ブラックバス ブルーギル ザリガニ ヌートリア セアカコケグモ 他の鳥
の巣を奪う習性があるホシムクドリ そして極めつけは 最も実感する壊滅的なほどにはび
こった植物の外来種だろう。荒野に散り去ることなく、数倍ずつ拡大していく強い遺伝子を
持つ種子。私には何処に行っても自然界の法則が崩壊しているように見えてならない、そこ
にいる本来の固有の動植物が追いやられていて、沼地や用水路や池には何処にも同じような
しぶとく強い動植物がはびこっている。
このようになってからではすでに対策は遅し、地中見えない部分は相当な打撃なはず。
もしもこの調子で駆除もせずほおっておくと駆除自体不可能なほど膨大な被害総額が
農林業、水産業、膨大な温水を放出する工業地域の二枚貝被害、経済的損失は想像を
はるかに超えそうだ、私は夏に外国の昆虫を2年前に趣味で3匹購入した、だが飼ってみ
ると恐ろしい生態が明らかになった、まず脚力等の力が並外れている、餌となるフルーツ
が恐ろしく早く無くなる、気性が荒い、等これは子供に触らせると本当に危険だと思い
隔離してそっと買っていたが、秋には全て体中にダニ、のみが発生し死んでしまった。 
この恐怖からショップなどで平然と子供向きに売られている外来昆虫には警戒の目でしか
見られなくなっていた。
2003年からは一応法律で特定外来種生物法なども出来ているし、侵略的外来種に関しても
一応の防止規則も出来上がってきている。 1999年度から自由輸入となった海外のカブト虫
達、日本固有のくわがたは30種そこそこ、この度解禁となったくわがたは360種類。
くわがた虫単種類でですよ。その上にカブト虫の輸入を総数を入れたら・・恐怖の輸入
数が出てきますね、毎年過剰な外来生物輸入戦争は危機的環境に追い込まれるまでブラック
バスのように自然の池を丸呑みする短期侵略で自然界環境までを変えていってしまうのか・・
授粉大好き働きミツバチのように輸入されても良い方に作用してくれ、人間とも連帯しながら
作業効率も人件費もアーップなありがたい生き物なら大歓迎なんだけどなぁ。
あと個人的にはイルカは大歓迎ぃーーー心のこもった挨拶上手なイルカ君、野生でもほんと
人なつこいですよね。出会いに恵まれるとほんとどんな疲れも苦労も全て報われますね。




 
コメント 0件  at 2007年9月27日13時28分

若旦那日記
 2007年9月19日 - 毎月入れ替わり? 一目惚れカー
3月 クライスラーC300 ロングホワイトHEMI お客様私物車に一目惚れ
4月 ディスカバリー3  ホワイト 4300 V8 空港に展示クラッと一目惚れ
5月 マツダロードスター パールグリーン 白本皮 手足のような運動性能に・・
6月 パサートワゴンV64モーション ブラック&ベージュの皮室内の落ち着き感
7月 ジャガーXJ4.2 グリーン 白革 室内の独特の空間 独特の車両感覚に・・
8月 シトロエンC6 エクスクルーシブ パールブラウン ベージュホワイト
   インフィニティFX45プレミアムパック ブラック ブラウンレザー
9月 シトロエンC6 エクスクルーシブ グルアルミニウム ベージュホワイト
10月 シトロエンC6 エクスクルーシブラウンジパッケージ オリエンタルブルー
10月 は勢い予想でたぶんの予想 私の心に入り込んだオーラ溢れる世界のお車
さん達には強烈な持ちネタと、キャラクターに一芸も二芸もあるのがランクイン。
勿論その月には全て1時間は試乗しに現地へ行っている・・・暇を作り出すプロ。
残念ながら・・・半年間の中で国産は1車種のみのランクインでした。
沢山あったのですが・・・アイも良かった、RX8も立派、なんでまた不思議なのだけど
国産のコンパクトカーは得意中の得意分野だ、世界の流行の走りを行っていた分野なのに
3年前位からもすでにデザイン質感官能性能まで追い越され制御技術も完全に追い抜かれた
感がある、土俵に上がれば、あいつはプレミアムと言われようが審査員には関係なし。
アルファ ベンツ、ビーエム、アウディー、ミニ、シトロエン、フィアット、ルノー、
プジョー、ランチァ、スマート、オペル、ワーゲン、フォード、ボルボあんたまで・・・
しかし全てのコンパクトもパンフレットは収集しているが、あのお安いフィアットパンダ
すらあのカラフルな色の楽しい組み合わせ・・もうランチャのコンパクトなんかイタリア
行った時にも現実を見たけど宝石店の前でコンパクト横付け、黒人のお付さんが立つほど
お嬢様カー。 屋根の色はボディーとピラーから違う、ガラスルーフ、タン皮、もう色の
深みからしてカラーのツートン仕様の使いかたの違ったのが特にショックだった。
コルト、ビッツは良く見たけど、圧倒的にあちらではスマートが溢れかえっていた。
日本車もほんとデザインの革命をしていかなくては、一昔前のファンカーゴ、デミオ、
キューブ、イスト、後多数・・感性に響く愛着が出てワクワクするスタイルではなかった。
私は昔から言っている通り国産車が大好きなのだ、R32、Z、ユーノスコスモ、初代
プレリュード、S18シルビア&180SX、MR2、RX7、GTO、FTO、初代センティア
、初代ディアマンテ、ビート、カプチーノ、コペン、ラブ4、まだまだあるけどやめとく。
要するに、外見と中身がリンクし相応な内容の室内装備があり、相応なデザインが投入
されていて質感や装備品も範囲内なデザインだったのだ。
ハアー悲しいかな・・・国産車は ナビの画面とエアコンダイヤル3個をちらほらと並び
替えるだけのデザインに退化していまい・・良い物も好評だった物も全てモデル交代で
消滅してしまった。
残った魂のかけらは何とか高級車に搭載されてあまり進歩無く残っているボタン類。
インフィニティー、レクサス、アキュラのパンフレットを見て仰天。
あちらではどんどんデザインを進化させ、コクピットも驚く洗練&高級化されコンパクト
でも今後は発進していくのだろうと思える内容であった。
国内の登録台数も年々下火になり続けている、そうこんなことしていたら若い者も良い物
知らずにやーすい無印デザインばかりに飛びつき、街は無印良品車で溢れてしまうだろう。
固有名で悪いが、ワゴンR、タント、ムーブ、イーケー、バモス、ステラ、そうなのだ
みんな箱カクカク高く広々ワンルーム、車高下げて、バリバリバリゴーと言う具合にし
か変身しないのです、商業バンもこうなってしまうともう見分けが付きません。
そこでお手本ではないのですが、ドイツの真面目でしっかりもののフレーム、足回りは
置いておいて、フランスの代表選手 肩の力が抜けているようでデザイナーのセンスの
力量をドイツに見せ付けた宇宙船車。世界が絶賛、ジャーナリスト達も震えた世紀の車、
カーオブザイヤー総なめ、これは乗らねば見らねばと昨日ポートアイランドで1時間試乗
してみましたシトロエンC6・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
電子の要塞、小回り切れ角◎、静寂な室内、重厚なデザインシート、フランス人の考える
インパネ設計&間接照明、サルコジ大統領も公用車で乗るのも納得の停車中の乗り降りの
スムーズな即時車高姿勢制御、窓の2重遮音材使用、車両情報のへッドアップディスプレー
段差のり越時の油圧サスの収まり方、直進性、全てがほぼ自動制御となる。
又60キロかなスピードが乗るとトランクから板の羽がにょーんと出てきてだんだん立ってくる。
正にバブルの日本車電子制御祭りであった・・・・まじで後部座席専用の送迎車にはうって
つけの素材であると同時に、この優雅さは旅館の宣伝にもなるなーぁとふと思った。
もう私のクルーガーは買い替え時期なので少し焦っているのであった。
お値段高めの チーン700萬 対抗馬なるのか知らないがレクサスを思えばGSが同価格。
買っても6年くらいは乗るだろうから、倍したと考えてもこのデザインが好きなら妥当かも。
このワゴンは出るのかなぁー。 C5にはおっきなラゲッジ持ったワゴンが存在するしなぁ。
6年もしたら40歳だからなあ、6年先の世界のデザインの流行をよく考えなくては。
今現在はヨーロッパ勢があのアウディー路線の顔だらけワンフレームグリルとなってい
て、インテークからヘッドライトからテールまで何でもかんでもメッキ縁取り。
アメリカ勢はより一層のフロント厚塗りグリルドーン、ヘットライト宇宙人、リアアンバ
ランス、昔デザインの現代風リデザイン、大口径ホイル、室内ブランドアナログ時計
、などなどですかなぁ。 シトロエンは全てに全てに枠にはまらないデザインと独創性。
だから気になる★なんですなぁ。
コメント 0件  at 2007年9月19日21時45分

若旦那日記
 2007年8月26日 - 今年は何処に行こうかなぁ
私は巨大な建造物が大好物だ。
毎年の秋の旅行では、朝から夜中まで一日中圧倒される建造物、大聖堂や石のみで製作されているコロシアムのような歴史的文
化的に貴重な人間の知恵と工夫と文化宗教等の入りみだった、どうやって建てたのか不思議なの巨大建築物が大好きなんだ。
これまでも特に注意深く見て観察してきたものは、航空機、タンカー、戦車、大砲、潜水艦、航空母艦、トンネル掘削機、貿易港
の巨大クレーン、発電所、海上移動式艦船ドック、自立航海式エックスバンドレーダーこれは見た事が無い。〔大陸間弾道ミサイルの弾道追尾着弾を
予測する用のレーダー超巨大です〕地球観測船、これは今年知った、映画日本沈没にも出ているらしい、舟の真ん中に東京タワーみたいに
鉄塔が立っていて、そこから地底へ杭を打ち込む、数千メートルも・・・古代の地層、海底資源等を調査。
ロシア、アメリカの航空宇宙局の衛星打ち上げに使用される総重量数百トン、ビルで言えば40階の高さもの人工衛星ロケットを垂直に打ち上げる恐る
べき推力を持つ超絶推進ロケットブースターの巨大さ、昔はもっと大きなタイプが多数あったなぁ。まあ打ち上げ効率とコストで今は・・・
また圧倒される迫力で言えば水面下の忍者ロシアの200メートル越、全幅15メートル程の原子力潜水艦の200メートル級の黒鯨〔10メートルの氷も砕き
ちりながら緊急浮上可能鋼鉄性能〕
私は今後もずっと興味があると思う大好物な巨大人間の限界手作りシリーズなんだけども・・・世界には恐ろしく限界を作らない連中があほほどいます。
一例で言うと、私は昔からの巨大建築物マニア、車車体構造マニア、軍事品性能マニア、過去から現在までも、国力や会社の威信をかけて取り組んだプ
ロジェクト等、大なり小なり何でもかんでも登録すれば、記録は塗り返されギネスが認定されほっとするのもつかの間だ
前例のない記録の一例が記憶されても、すぐさまに抜き返され徹底的にブラッシュアップされて追随し、そいつは登場して来るんだ。

最近各国を旅行して首都に入ると様々な特色のあるビルに遭遇する、香港の風水の原理で建てられているのビルの形態は特に大好き。
歴史的社会風土的にそのものが街の景観にマッチしているのは当たり前の条件としても・・・ありえない無い様なデザインが多々ありますね・・
最近のアジアの高層階のオフィス化や地域のランドマーク的存在なデザインの変化には目を見張るものがある。
マレーシアクアラルンプール〔一番今行きたい〕調べていても住んでみたいような都市。
ペトロナスツインタワー・・・・・450メートル。サクラダファミリアを彷彿とさせるデザインのツインビル1階4メートルで110階建てくらいかなぁ
なのかなぁーなんて思っても、電波搭落雷搭などがあるためにトータルでの大きさなのでやっぱり100階くらいかなこれは。
ちなみに東京サンシャイン60は高さ240メートル、三菱地所の横浜ランドマークタワーは現在日本一で70階の296メートル。
台湾の現在記録保持している 台北101 読んで字のごとく100階を越える高層ビル、稼動しているビルでは現在ギネス。
8年前になるかなぁまた台湾もいいなぁーなんて調べていたら王様の冠の様な風水的格式とデザインの融合した、ザスプレンダーカオションの
外観にやられた、330メートル級に見えるが・・・以外に70階建てだった。
あと高層エレベーターの制御は三菱エレクトリック社が世界一の制御と高速化を達成しているみたいですね、これにはびっくり。まあ日本の主要ビルの
エレベーターは三菱製品が多く見られます、東芝、IHI位かな他は、特に乗り込んだ後の制御技術と装飾オプションには私はうるさいですよ。
まあまあこれまでは序の口、現在アラブの石油王のわんさかいるドバイではなんとまあ ブルジュドバイビル〔158階まで完成〕はなんとまあ雲を付き抜け
の現在で800メートル以上の公表がされているのみの秘密の多いビルディングだ。 完成すると世界一のジェットエレベーターで162階まで上がれそうですよ。
この桁外れの超絶ビルは800メートルとも、電波タワーも入れていやいや1.000を超えるとも噂されるアラプ世界の象徴国家プロジェクト。
東京の電波搭でも頑張ってあの頃333メートルだぞ鉄塔なんだぞこれは。 世界の経済労働人口の中心アジアは特に凄くこれから3年先まで記録更新だらけ
で目が放せない。 インド、香港、ベトナム、タイ、マレーシア、韓国、中国は特に一斉に100階建て高層ラッシュを迎えもう間もなくテレビなどに
出てくるだろう、しかし世界は凄いデザインばかりだ、日本のカクカク真面目な箱型とは全く持って違う。〔なんと球方ピラミット方もある〕
アメリカはようやくグランドゼロにニューヨークの世界貿易センター跡地のフリーダムタワー計画がスタート、完成はは541メートル予定、シカゴのシカゴス
パイヤも550メートル勿論全て100階は優に超えてくる建造物。
凄い世界高層ビルラッシュ戦争はもうすぐ一斉に完成式を迎える。
西新宿の再開発での75階だったかなぁ あの計画は凍結してしまったのでしょうか、全く動きがないようですねぇ。
エジプトの歴史建造物古墳や中国の故宮博物館、スミソニアン博物館、ループル美術館、ナイアガラの滝、
あー世界には凄く神秘的、刺激も沢山ありすぎてもう迷ってしまいます。
コメント 0件  at 2007年9月1日11時27分

若旦那日記
 2007年8月4日 - 航空機マニアになりそう・・・
旧ソビエト連邦・・・冷戦時代を迎え数十年、戦いは大嫌いだが、私には語り継ぎた
くなる大好きなものがここにはあるのだ、決して今ではありえない超越個性移動機械
航空機メーカーツポレフ、アントノフ、スホーイ、ミグ、ミル、魅力的過ぎるデザインだ。
アニメ宮崎映画に登場する生き物みたいな不気味な巨大飛行船や舟、戦闘戦車なんかは
やっぱりデザイン盗作に違いないと言われても仕方が無いくらいどれもヒントは
ソビエト連邦時代の1950年以降の傑作機だ。うんまず間違いは無いだろう。
欧米のデザインはガンダムで言えば連邦軍のジム、ガンタンク、ガンダムの正統派正義
デザイン。逆に北欧、ソビエトなどのデザインはジオン軍、アッグガイ、ドム、ギャン、
ザグ、ズゴッグ、ジオング、街に現れたらまず敵だぁーと思わせるあの不気味なデザイン。
もうそのデザインと画期的発想の転換と航空機技術と航空力学と宇宙開発事業の先進性。
アメリカも、西側も舌をまく度肝を抜かれ続けた、航空産業のギネス的発想力とデザイン。
航続距離、積載能力、ジェットエンジン開発力、航空空力、大陸間弾道弾開発、迎撃システム
の構築、原子力潜水艦搭載型弾道ミサイル艦、固形ロケットエンジン開発、大型輸送機、
弾道ミサイル搭載爆撃機、戦闘攻撃機、空母、ミサイル艇、戦闘戦車・・きりがない。
私達の自由で民主主義での兵器となると今では絶対にまず、生存性の高い車体の製作が
一番の課題となり、第二に 仮想敵国主要国装備品の現在、今後の性能を比べながらの兵器開発と
少しの先進性能を持たせる。〔幾らでも研究すれば国内電気産業も総バックアップ体制
に入り、恐ろしくハイテクな装備の電子装備となり周辺国への威嚇となるのでしません〕
三菱、IHI、川崎、富士、トヨタ、日産、アイシン、松下、日立、ソニー、シャープ
一流大企業しかない日本を怒らせるとそら武蔵、大和どころの怪物では収まりません。
今ではハイブリットディーゼルなどの分野でも研究がなされ、戦車、艦船、潜水艦等、
いかに効率よく行動範囲を増やし、後方支援補給を受けずとも活動できる時間をもてる
戦闘待機時間を増やし、現場の行動範囲を増やす体制が整う技術として期待されている。
しかし見渡してみてもソビエト時代の傑作の機体は数えられないほど存在し、又現代でも
稼動出来る状態にストックしてあるそうだ、もう何にもがスケールが一桁違うぞ。
ヘリコプター・・・ミルー12旅客ヘリ120名定員〔勿論ギネス1968年世界最大70メートル〕
中型へり・・・ミルー6旅客へり90名定員〔これでも40メートル輸送機以上かっ!!〕
STOL機の開発に成功もハリヤーより早く実用化
超大型水上旅客機も独自の高性能羽上大型4発ジェット高構成で音速の世界へ。
フランスのコンコルドより10年早い機首折れ音速航空旅客機を多数開発。
水陸両用戦車等、戦車保有台数はアメリカや中国足してもまだまだ多い10万両です。日本は
千両ではコンパクト化、まだまだ減らす方法です。
軍事バランスは現代ではアメリカ指導の先進性性能有利な現在、ロシア軍は1980年代
からは大きな軍事革命も無くゆっくりと次世代へと世代交代させていっている兵器。
中国の軍事関連の先進度合いは不透明ですが、ヤマハの不正へり輸出は氷山の一角で
国内からどんどんイージスシステムの自衛官漏えい問題など、何故か自衛官達は夜の
街角で普段着の軍事スパイ美女にすぐはめられ、情報を旨く聞き出される不始末。
いつまでもこんな漏えい問題ばかりニュースでしているもんだから、次期主力戦闘機
の候補F22ラプターの予算計上どころか、アメリカの軍事ジャーナリストは日本には
絶対に売りたくない最高機密の機体、すぐ情報を漏えいさせる管理体制、騙される日本人
には機密情報は売りたくないとの意見が大半らしい、その意見もよくよく解る。
何年も共同開発してきたF2戦闘機も性能的に満たされていない結果と判明し190機造る
はずが役半数まで削られる始末・・・何時までF4ファントムを沖縄では使用していく
のかなぁ ベトナム戦デビューだぞーあの機体・・落ちそうで怖いです。
今の話題の中心は、国内共同開発の機体〔YS11以来〕の対戦哨戒機、中型輸送機、国産
ジェットエンジン、アビオニクス、フライバイワイヤー、レーダー、ミサイル、複合素材の機体
等全て意地の結晶、全て国産で仕上げ今日まで技研で試行錯誤研究と耐久試験を重ねてきた
この度の2機体、今後の派生モデルにも期待がかかる。三菱もプライベートジェット開発と
中型100名乗りの航空機をもうすぐ開発を終えるようで、企業は猛烈な売り込み合戦により過去最高
の利益を叩き出すだろう、がしかし後発の弱みもあるのは確かだ、信頼と実績がこの分野では
ほとんど無いのでメーカーの今まで積み上げてきた信頼性と先進性が物を言うのだ。
現在着工中の海自の時期ヘリコプター護衛艦は200メートル級の全通甲板、様相は強制揚陸艦みたく
なっている、韓国軍の持つ 独島 と同じ大きさで輸送艦おおすみ級より勿論大型だ。
現在、余力のあるメーカーは次の一手に着手し、アジアのリーダーを狙う航空産業に打って出る
体制を着々と進めてきている、国内豊田自でも売上高はGMをも抜き去る勢いで世界1。
造船、鉄鋼、建設大型機械のコマツなども今後期待の地ベトナム等で過去最高利益を上げる。
日本もようやく航空機開発に着手し自国生産に乗り出し現在の滑り出しは順調なようだ。
韓国も台湾も中国もたいてい自国開発と技術の蓄積と信頼性と自主開発の大切さを知って
いるからこそ、常に考え向上し敵に対する備えを怠らない姿勢と国民の国防軍事に対する
関心を持たせる為でもある、自国の軍事力の水準を知り、万が一に備える国境危機の違いか。
どうも日本は自国の国民を守る兵器や軍の駐屯地やその部隊の性格なんかみんな知っている
わけがないと言うか、教わらないし知ろうともしないし、性能も勿論知るすべもないと思う。
この様なお粗末な無関心国民では、有事や大規模災害、地震、水害、災害派遣で敏速に動きの
とれる地方部隊、消防隊、海自隊や航空隊の能力や装備や備蓄は知っていて損はしませんよ。
未曾有の災害が襲ってきたなら、これらの装備や人力を行使してでも国民を安全な地区、地域
に素早く移動させる手段、仮の住居、インフラ、備蓄エネルギー、ライフラインの警備安全性等
またまた色々な今後の国々との資源の輸入等係わり方も気になって仕方がない私です。 あー世の
中考えれば考えるほど矛盾だらけなにやってきたんだのお粗末二流品、やはり自国生産しなくては。
人に任せて楽して購入高値で叩かれ、中身はブラックボックス、全く勉強にならん。
国防装備品一覧、外国製品がほとんど、まあぬるま湯戦闘品コレクションばかりのパレードやショー
で国民無関心の車体一覧、見た目主義では駄目なんです、兵士の装備品を見ればその国の考え方
特に何よりも大切な兵士の命を守る強靭な車体が良く表しています、実戦を60年経過し、戦争を
放棄した日本でも自衛隊は存在します、この国の国防を任される兵士の身になってみると
いくら平和だ、戦争はしないと自国内で叫んでいても世界には話の通らない国が存在します。
国防をまかなう兵士とは最低限の安全安心な装備に身を包み最前線に送りだされなければなりません
イスラエルとまでは言いませんが、凄まじい圧倒的安全性能と実績の装備品には天地の差です。
又特に兵士の残存性は米国の車体、機体が抜きに出ています、これは悔しいかな凄まじい実戦での
データの蓄積と兵士の声パイロットの声で毎年毎年性能を段階的に上げています。
A型B型C型D型という具合に毎年のように性能向上タイプに格上げされている。
F15主力戦闘機の場合もそう、アメリカと日本のエンジン出力やレーダー操縦機器等
全く異なります、だって生産国なのでたやすいマイナーチェンジは朝飯前だしそう発展させていくよう
機体は元々作られているのだから早く購入した自衛隊にとっては耳が痛い格差問題なんだ。
コメント 0件  at 2007年8月22日17時24分

若旦那日記
 2007年7月9日 - もう夏休み・・・なんと早いのだ。
困った、困った、こまくら千代子。
もう7月も中盤を迎えようとしている、毎日が家業以外の事業で充実しているとあーっと
いう間の一ヶ月、またまた一瞬まばたき時間で過ぎ去った1ヶ月間。
スケジュール帳面は真っ黒はみ出し黒ずくめ、、趣味の川魚探検隊にも行けずじまいで
近所のちびっ子にまでおこられる始末・・早くざりがにー 早くかめー 早くどじょー・・
採って来てーそれちょーだいーその生き物何処で取ってきたーなあー仕事何してるんー
うるさいっ ワシは若旦那兼但馬自然調査監視員兼魚店ショップの仕入れ担当係か!!
まあいい なんでもいいさ 何とでも役を作って何とでも呼んでくれてもいいさ 息抜き
趣味で始めた玄関自然水槽、10年でここまで地元子供達の遊び場に成長するとは思っても
いなかった。
来年の玄関の大工事では、やはり軒先での楽しめる水槽も出来るだけ残そうとは思うが
施設全体で物を考えていくと、車一台置いてしまうとスペースが一杯になりそうだなぁ。
私は古い日本の文化や建物様式が好きなので、京町屋などを良く見に行く機会がある
まあ時代に応じて、素晴らしい京町屋も現代では、京フレンチ、京イタリアン、豆腐懐石
料理、町屋カフェ、創作京懐石、ゆず料理専門店、麺処、古着屋、銭湯喫茶、京アイス
、など色々見てきた。 やはり全てに京スタイルを生かし歴史ある家屋に斬新な空間を
取り入れて居心地を良くし、若いニーズを振り向かせる力が漲った空間がそこにはある。
今年は従業員旅行までが京都探訪でした、私達にはまだまだ発見とひらめきの多い京都
です、何時行っても発想のヒントがあるし、古いものを活かす活用法も大変勉強になる。
これらは全て城崎温泉街の現在まで取り組んできた、町並み保存の精神にも通じる住み良
く美しく自然と調和した変わらない町並み、ここに住みたいと思わせる街づくり。
今現在も進行中の活気溢れる駅前通りも調和がとれているし、温泉街中心地も今後より一層
町並みを意識した外装になっていく事は間違いはない〔外国の洋式文化の店はない〕
のでこれからの次代の改装風景も楽しみですね。
上記の内容にはまーーったくもって関係ないが、今年に入って私のはまっている事。

 |羚馭聖妻の生産地の現状と今年の国内市場の検疫体制の落とし穴、原材料表示の謎部分。
◆々大な国土を通る河川の氾濫状況。日本の比ではない海にたどり着くまで何千キロの過程
 長江の食用魚類が急に食用全面禁止措置を取った国家の保安隠滅が物語る真実は。
ぁ\簗任靴討い辰震昭屮ラッシックカーのリアルモデル収集。
ァヾ攅餝し海龍欧襪戮性能急成長の裏に、あの国土をして海自をも凌ぐ性能艦隊増強の罠
  強襲揚陸艦、イージス艦隊の編成を試みる近隣諸国を不安定にさせる装備品、配備数
Α[Φ気寮限峇兮、世界の楽しくユニークな狩の仕方をする生き物達の動向観察映像
А\こΔ隆儻地にあるナイトバザールや市場の現状と旅行スタイルの楽しみ方。
─\こΔ梁慮碍親以園と水族館、昨年はバンコクのサイアム地区デパ地下巨大水族館へ
  車の車内を完全防水し車内空間一杯に深海を再現、お客は車内水槽を見回る。
 耳掃除のプロの友達との耳つぼ談話〔城崎温泉初登場 湯上り耳ビューティーサロン〕
  今日体験してきたがイヤースコープの耳穴映像はもぐらの巣に根っこがぴょーん映像。
 銃〔スナイパーライフル、特殊部隊専用サブマシンガン〕どんどん仲間が増殖中快感体験
 世界のデザイン携帯の進歩、やはりノキア製品総革張りクロコダイル、サムソンも接近中
  日本製品はクォリティーがまだまだプラッチック質感シボなどで工夫はあるのだが・・
  香港、イタリア、ドイツなどではカスタムパッケージは普通、マグネシウム、カーボン
  多種にわたる皮カスタム品も当たり前デザイン、機能をデザインに形する進化系を今
  研究中世界の携帯パンフレット収集。
 韓国全男子の軍役2年間の義務を背負った思想と、現代日本男子の考え方の相違点と韓国映画の
  映像のキャスティング等世界観、国家の方針に基づく理念を持っている、国内社会問題の国民の
  関心の高さはもとより、若年層の政治関心の高さ、愛国心を持つ若者の多くは国産製品を買う
  勿論外国産車はあまり買わない、自国の製品に誇りを持つ若年層、国内需要を一層伸ばす現在
  国民性の国家義務教育に高い関心を持ちますね。
以上マニアな趣味ですみません、これだけは一生直りませんから・・・・残念。古ぅー。
 
コメント 0件  at 2007年7月12日16時15分

若旦那日記
 2007年6月9日 - 長い5月も終わり・・・もう6月
何とも久しぶり、一ヶ月更新していない我がくもの巣ブログ・・
この一ヶ月間 毎々毎々毎日毎日 あーーーっという間に過ぎ去ってしまう
日々だった、ほんと旅館自体はオフシーズンなどで忙しくはないけれど
城崎の町民運動会、そして明日のソフトボール大会の体育運営委員会など
今年は商工会30周年記念式典〔花火師から仕掛けを教わり式典で使い成功〕
なども例年よりもこの時期事業が増えている為に毎晩ばだばたとしているの
か・・・またマニアな趣味の狙撃用ライフルモデルガンやマシンガン、
世界の軍用飛行機のモデル作成、世界の名車コレクション、世界のバイク
コレクション・・・毎年のように趣味が多くなり・・・もう飾るショウケ
ースもスペースも無い状態・・・ぎゅうぎゅうに詰めて飾っている。
しかし今年は祭りの連中旅行で、横須賀米海軍基地にも行けて日曜日だった
せいもあり物凄い見物のお客さんだった・・港にたどり着くまでは基地の
検問を過ぎてもうこの門からは治外法権なのか全てがアメリカ法律にのっと
った敷地内の建物と道路が作られていたのが印象的で、敷地内の兵士の家族
の乗り物も本国からフェリーで持ってきているのか、国内未販売の車種や
ピックアップトラック、派手なスポーツバイクも多かった〔敷地内ノーヘル〕
女性兵士も体格はやはり凄い、男性の兵士はみんな腕が丸太・・冗談なしで
きおつけ が出来ない程の胸筋・・タイコンデロガ級イージス艦が展示乗船
出来たのと、艦隊指揮官船ブルーリッジ、なんしか見せられない区域には
恐ろしいほどの補給艦、輸送艦、揚陸間、港に無造作に置いた廃棄される前の
F14トムキャット、船員の為に展示されているかのように港波止場特別ブースの
めちゃ見たことの無い仕様の豪華スポーティ未来的形なハーレー〔勝手に試乗
できそう〕又違うエリアではテキサスちっくな踊りをアメリカ兵の奥様団体が大音量
で踊っているかと思えば、その真横をスワット部隊の様相の沿岸警備舞台が特殊ボート
で重機関砲を構えて何隻も場内を見渡し警備する厳戒警戒の基地内。
四方は山に囲まれた基地だが、やはり山のあちこちには地下備蓄弾薬庫、兵器格納庫、
緊急補給食料物資、水、石油、武器等、大きな道が山に入っていく秘密の箇所だらけで
勿論警備は万全で幾重にも鉄の扉が閉まっていたし、警備兵も重装備。
まるで北の地下軍事ミサイル基地を思い浮かべる雰囲気だった、この米軍
基地の隣には海上自衛隊基地もあり、随時シャトルバスも出ていて大行列だった
し、海軍の用意したボートでもライフジャケットを着ての乗船でも行けた様だ。
海自基地ここでは輸送艦、おおすみ級と、補給艦ましゅう等が見られた。みんな大興奮
なんとも自衛隊では最大級の艦船で230メートルはあろう大きさ・・迫力満点。
海上自衛隊では潜水艦乗りのための金曜日カレーが有名だが、兵軍敷地内では
バーベキューとかトラックピザが有名なのか、みんな並んで買って食べている。
友達が長い時間並んでフランクフルト、グリルビーフ、シーフードピザを買って
きた、まず驚いたのがデカサ・・・なんだこの骨付きビーフ、車のオートマの
レバーの大きさの骨に肉がのっている、こんなん一人では食べ歩けない・・・
次にホットドック・・・なんだこの太さのソーセージは車のハンドル2倍の太さは
あるソーセージだけでもあんぐりあけた口に入りません、ちなみに肉汁なし、パン
パッサパッサ、大味祭りである。 最後のチーズモリモリピザはもう何百人並んで
たのか凄すぎる人気、食べて納得濃厚で凄く普通に日本で食べるピザだったけど
余りにもでかい。 ホイールで22インチくらいはあるんじゃないの、くらいのサイズ
オンリー、6人用かっ!!
泊まりは横浜港未来だったので便利で楽しく関西とはまた違う美しさがあった。
組合の営業や、若旦那の岡山キャンペーン、青年部京都、従業員旅行とまだまだ
旅行以外でも消防の総合放水訓練も夜遅くから連日あるしなぁー大会に向けて
チーム猛練習中。
ちなみに今私がはまっているのは、中国国内の自動車メーカーの動向ですねぇ。
生産台数はとうにアメリカをあっという間に抜き去り、日本につぐ世界第2位の国。
なんちゃってディズニーばりにびっくり仰天の国ものまね天国無法地帯の上海モー
ターショーは見ていてあきれたり、奇想天外驚かされたり、しみじみと急速に産業
の発展とグローバル化を進めている現在、世界の主要なメーカーも中国に集まり
生産している現実、日本自動車産業もデーターの蓄積、メカニズム、全てパクラレル
のも承知・・でも中国を頼らなければ行きぬいて行けない今後のアジア市場・・・
10年後の中国自動車産業の日進月歩デザイン革命はどのレベルに到達しているのだろ
うか、エンジン、質感は日本人からしてみると、まだまだ精度が足らないなどの
コメントをよく目にする、しかし良く考えてみても、おぎゃーの赤ちゃんメーカー
が50やら80やらメーカーの出店数、競争市場は恐ろしい進歩進化で研究され一代
でのモデルチェンジでグローバル市場に殴り込みをかけ超低価格高級車等なんでも
ありの市場で価格破壊をしてくるだろう、そのあたりトヨタは大変警戒するモーター
ショーだったんだろうと思う、すでに・・輸出してはいけないパンドラの箱プリウス
工場を大規模に中国で生産とは・・・・何十年のデータと研究などあっという間に
研究者達にことごとく盗まれ尽くして、次世代中国クォリティハイブリット高級車
はトヨタの半額の400万ほどで世界中にばら撒かれる日は5年とそう遠くないと思う。
どうなるんだ世界一の大気汚染と黄砂の源の隣大陸の中国の未来図は。
また日本の車は中国では販売台数が以外や少ないと来たもんだ、敵視的に日本車は
高額でもあるし、その他の外国の車種も沢山あるから電化製品のようには独占出来は
しないのは解るが、まあお互い仲良く技術や環境技術や先進工学なども技術提供もし
ながら仲良くもしていかないと、インドなどにも手広く商売も出来ないしね。
し・か・し 直感的観測ではほんの数年後の中国は驚異的技術進歩で脅威になること
は間違いなし。
宇宙でも知らぬ間に日本でもまだまだ信頼性等の問題があるのに、あっさりと有人
宇宙ロケットを打ち上げ成功し帰還させる快挙と航空産業の高度な技術はアメリカ
人でもロシア人でも危機感を感じていたようだ。
油断していると大変な事に日本は巻き見まれそうな予感がしてならない。
停滞する新車国内販売台数を見ても、世帯別平均買い変え年月日を見ても明らかに
近年の性能向上も付加しても、なんだか魅力ある新車がないのか、メーカーも本来の
作りたい夢のあるデザインの新車を国内に投入出来ない現在。
本田も、トヨタも、アキュラも、インフィニティーもスバルも北米方面では元気一杯
のデザインで好評を博しているのに、余りにも車ファンには残念でたまらない。
国産メーカーを逆輸入しなくてはいけない現在の失速自動車市場・・
コメント 0件  at 2007年6月10日15時54分

若旦那日記
 2007年5月8日 - 玄関先の池で今朝神秘的光景が。
玄関先に置いている畳一畳の池で新たな生命の誕生が今朝見られた。
何時の間に卵を産んだのか黒黄色のしま模様のオニやんまとんぼが
木の枝につかまってやごからとんぼへ脱皮しているのだ。
しかし大きなやごだ、5cm近くあるのかな、今はほとんどの色が
草と同じ綺麗な緑だけど、現在だんだん羽も開いてきてとっても綺麗だ。
しかしなんとも凄い場所で生んだもんだ、よくここまで大きなやごに
育って脱皮までこの水槽で生き残ったもんだ、かに、ざりがに、亀
おたまじゃくし、かえる、こい、ふな、たなご、もろこ、金魚、めだか
ドジョウ、ごり、かじか、手長えび、かわえび、たにし、なまず、グッピー
げんごろう、その他は解らないなんかがウジャウジャいる戦争生態系水槽
の中でここまで育っていたとは・・・まあ岩場やどろや土、草木枝は沢山
池に入れてあったんだけどそれでもびっくりだった。
今朝は宿泊のお客様もこの大きなやごから脱皮して成虫になるとんぼの
過程を軒先でみなさん見ておられます。
しかし生命の新たな誕生は何時見ても素晴らしく美しい瞬間ですよね。
明日はじゃらんの夏の撮影でこの池で楽しむ4名のモデルさんが来るそうだ
懐かしい昔を思い出す水槽だと思う、明日の取材時はもうやごの抜け殻だけ
枝にくっついているはず、何だか残念だったけど静かな今日で良かった。
但馬の自然が凝縮した水槽なので弱肉強食も見られてこれはこれで勉強なの
です。
自然界ではサギ、ヌートリア、ブラックバス、ブルーギル、ミシシッピー赤
亀、雷魚、へび、色々な天敵がいる田んぼの用水路、小さな命ほど可愛いも
のは無いですよね。
草かめなんか可愛くて仕方ない目をしているし、又飼い主に馴れるから可愛い。
けど現状の自然界ではこれだけ外来生物強敵軍団のはびこる世の中、日本古来
から何百年と生存してきた、たがめや、みずかまきり、ミズスマシ、めだか
などの小魚、石かめ、なまずなんかがここ10数年でほぼ姿を消していった。
増え続ける外来生物は2桁で増殖し続ける強い生命力を遺伝的に持っている。
ブラックバス、赤耳かめ、ヌートリア、ブルーギル、アメリカザリガニ、雷魚
などどこの池、沼にも増え続ける現状は今後もどんどん増えていくのだろう。
いったい日本の今後の陸の生き物達は、どんどん輸入され続ける外国産昆虫
なんかにも自然界のてんとう虫、かまきり、蟻、チョウチョ、とんぼ、コガネムシ
かぶと虫なんかも死滅させられていく勢いだ、実際自然界から飛んできて捕まえた
事例は最近あまり聞かないのも現状、養殖で守られ育てられた昆虫ばかりだ。
どうなるんだこの自然界のピラミットは・・・頂点のコウノトリの絶滅は勿論の
事、我々を取り巻く自然の森ははたしてしっかりと葉を落とし、土を造り幼虫
を育てられる土壌を作れているのだろうか気になったらキリがないのだ。
行く末は人間にもっとも関わってくる河川の汚水や酸性雨、自然界がいつまで
人間を生かせてくれるのだろう・・・私達の考えをいち早く改革していかないと
次代の子供達にとんでもない生活環境を受け渡す事になるんだから。
コメント 1件  at 2007年5月11日13時53分

若旦那日記
 2007年5月1日 - んー何と1月ぶり、ご無沙汰日記再開である。
まあまあ忙しいのは当たり前なんだけど、自分の時間や趣味の時間も持てない
スケジュールの缶詰のばたばた1ヶ月だった。何時もの事なんだけどイベント事
旅館仲間での視察旅行、消防、祭り企画、ラジオ出演、公園再生事業、太鼓
教室、消防訓練、各会の会計資料作成、旅館に3時の入り込み時間に帰ってくる
のも至難の業〔ハラハラ〕その上会議開催の津波メールが私の携帯を鳴らしまくり
町内活動などで毎日がパッパーラダイスなラテンの乗りで生きている私。
風邪を引いてる暇もナッシング。吐き気目まいで目が真っ赤でもいらっしゃいませ。
体が重くてもだるくても目標に向かってまーっしぐら・・突撃行進開始。
明日は豊岡市長に温泉祭りでのチャリティバザーの基金を コウノトリ育成
に利用していただく為売上金をお届けにみんなで行って来ます。 ドジョウや
魚のえさ代なんかも本当に馬鹿にならないですよ、100匹以上が放鳥してあり
運動しまくってますから、食べる量も半端じゃないんですよ。
このゴールデンウイーク期間が終わったら、一斉にイベント企画がドーーン
と起動しまくるのであった。
消防団旅行は東京に決定、若手が日夜考えまくった行程に期待、期待、期待。
旅館経営者での4月に旅行に行ったのは、松本市から30分程山奥に向かって
走り・・・秘境の宿 『明神館』こちらのお宿はとにかく素晴らしかった。
ほんと社長さんとの意見交換会や施設見学も皆目をキラキラにしてお話を聞き
ました、ここは客室の全てのこだわり風呂と自然の風景に溶け込んだ感じが魅力
に思えました、ここでは一切の携帯電話が×しかし年間85%位は平気でつまる
リピート率の強烈な凄い個性的なお気に入りのお宿でした。
昼食では 旅館すぎもと の社長さんが自らの自慢料理『季節』と題した料理
コースをいただきましたねぇ、施設も独特で屋根裏部屋や男の隠れ家的客室。
あーあ 今年は社員旅行何処にしようかなぁ、又直前になっても行き先が定ま
っていないのが困ったものです・・・・
南紀、伊勢、高山、京都、丹後、山陰、東海地方 色々行ったなぁ全て車で。
あーあまだまだ気がゆるまない5月6月、スケジュール帳面は真っ黒けー。
そして7月に入ると夢広場で40日イベント尽くしと玄関先のお子様お楽しみ
川魚遊びと・・・あーあーあーあーあーあーあーあーあーあーうーーーーー。
私達の旅館営業者の勉強会も又今年は多いこと、財務、経営、公的宿泊施設現状
、原価管理等色々勉強会だけでもあるもんだぁぁ一つ一つ積み上げて行かなくては。
さてJRさんとの企画物の会計決算報告を作り上げてから目を閉じよう。
しかし一年を通してしている 和太鼓教室なんかは 良い息抜きとなっているし
何だかんだ皆で楽しくやっているんだなぁーと今思った。
ふと夢の中でハーレーを自由にかっ飛ばして草原を走り去る夢を見る私であった。
                 あっ

あっ しまった・・・・・・・・・・・免許証更新に行くの忘れてた・・・・
しまった・・・・・・・・・・・・・・連中旅行のお宿探していないぞ・・・
わー しまった・・・・・・・・・・・連休日の食器足りない分至急に・・・
しまった・・・・・・・・・・・・・・車を1月間も洗車をしていないぞ・・・
しまった・・・・・・・・・・・・・・玄関の水槽じゃらん撮影に来るのに・・
しまくった・・・・・・・・・・・・・花やじゃりの掃除を・・9日の撮影に・・
しまくりまくった・・・・・・・・・・今夜は館内の風呂に入れない日・・不潔

話は又趣味に行くが、三菱ランサーがアメリカで先行発表発売で売れ行き良いらしい
、まあサイドとリアデザインは先代アルファ156くりそつなんだけど、フロント顔は
初代ギャランに似てるなぁーと思っていた矢先の事であった、な な な ななんと
このランサーはエボモデルもすでにデザイン実車モデルも各誌に掲載されているし
すでに皆さん知っていると思う。
が・・・なんと恐るべし兄弟子弟関係が判明したのであった、エボモデルのランサー
エポリューションは大きくサイズアップの180センチの車幅にサイズアップ。
まあまあそれは良いとして、素のランサーがこの度問題児なんである。
お兄さんである歴史タップリのギャラン兄さんが・・兄さんが・・新型ランサーの
素のモデルの名前をいただきましたのですから問題なんです。
アメリカではディアマンテクラスの大型3.8リットルのセダンがギャランとなっている。
国内のギャランの次期モデルが素のランサーとは・・・・まあ先代国内ギャランより
車幅と室内幅や装備も充実しているとなれば、仕方ない台所事情なので解らなくも無
いが、またいずれ2.4リットルも出るだろうし、V6アウトランダーも先行発売となった
アメリカ市場好景気に沸くアメリカに市場を絞っているかのように見えなくもないが
ロシア北欧方面にも多種の車種を投入していく名誉挽回起死回生の三菱自動車。
三井 住友 三菱 石川島 豊田 本田 松下 ソニー 日産 村林組 シャープ
こんな世界的大企業がもっともっと産業基盤を世界の見本となる姿勢で発展していって
くれないと国内産業はいずれ活気をなくし、外車購入のような外国にお金をどんどん
吸い取られていってしまう国内の自動車産業にやはりもっと若い世代がときめく憧れの
性能と価格とデザインを研究してほしいですよね。
今や20代後半から30代後半世代は憧れの車が北米やヨーロッパの車種の長年培ってきた
ノウハウと新しく必ず投入してくる新機構の装備等、常に魅力ある情報を提供しつつ
若い世代をそこの価格帯にまで引っ張り上げ買わせる努力は凄いとしか言えない・・
三菱さんは最新エクリプスなんかアウディTTにも対抗出来る資質もあるし、北米
ギャランVR4なんかもいい感じ、そして今後は軽のiの発展ミツドシップ開発で
リッターカーが展開予定だし楽しみな材料が多いのが嬉しいですねぇ。
アウトランダーのエボランダーもモーターショーでかっこよかったし、待ちどおしい
ですね、トヨタに今は乗っていますが、内装と質感は今一歩とんがり方が平均です。
今後のトヨタスポーツ四駆もハイブリット制御が介入してくる為にシャーシが発展性
を持たせている為、ノーマルエンジンだと室内効率が悪いとばればれだし、何とも
難しいです、日産はどんどん欲しい車がおじさん化してきている感じだし・・・・
本田は・・・ミニバンメーカー的編成になってきているような・・・スポーツエンジン
搭載車がシビックでは・・・
コメント 1件  at 2007年5月2日17時30分

若旦那日記
 2007年3月30日 - 記録的な3月
かにシーズン最後の3月。
今年は雪山でのスキーのお客様が雪が少ない為に、ロッジなども閉鎖している
所も多く聞きます、城崎の温泉街はそのスキー目当てのお客様が温泉地に変更されて
来られているせいなのか解らないが、例年よりも温泉街には多くのお客様が訪れている。
おかげさまで3月は過去に無いほどのご予約をいただき少しびっくりしています。
温泉街も毎晩土曜日のような様相で賑わっているし・・嬉しいような・・・不思議だ。
雪の為に辛い思いをしているスキー場の人達には大変申し訳なく思ってしまうのだ
し・・・・何故城崎温泉だけがこんなにお客様でにぎわっているのか。
さて4月からは春のプランで新しいコースを設定します、お鍋がメインの海の幸
山の幸の2種類のお鍋が中心の会席コースです。
またまた欲張りな私が提案した案が具現化されました、何処よりも早くアップ
したいので4月1日にはホームページに早急アップ予定です。
何とも今月は忙しすぎて本当にブログ更新どころではなかった・・毎日くたくた〔年〕
さあてーと洗い物も終わったし、今晩の会議に行ってきます、お題目は仮称
『懇親旅館仲間の勉強旅行』信州の山奥の名旅館での講演会や意見交換会が楽しみな
旅行なのです。それと仮称『みんなで学ぼう旅館経営者学』みたいなものかなぁ。
しかし会議が飲み屋さんと言うのは・・・何とも良いもんです。
みんな仕事が終わって集合するのでお疲れ様もかねて・・と言うことで・・・
嫁さんには  あんた何で会議が飲み屋なの????  といわれる日々も慣れっこ。
 門限は12時ですからねっ と言われ続けもう2年半の慣れっこ、体重が2年半で8キロ
も増えた、あー太るのは簡単だったなぁーー痩せるのは至難の業だ、と言い合うのも
慣れっこ。
話は変わるが何故にこう海外のお客様が多いのか不思議だ、アメリカ、ヨーロッパ
中国、特に香港と台湾はもうしょっちゅう来られますね。
〔ヘタクソ英会話もそつなくこなし、なんとなくもクリアーでこれも慣れっこ〕
香港や台湾のお客様は一見すれば日本人と同じ顔なんですよねぇー礼儀正しいし
見習わなくてはいけない所もたくさんありますよ。
あーこの仕事をしていて旅館の特権ですよね、皆さんの一日の様子や習慣などが
大変勉強になることが多々ありますよ。 ありがたいことです。
コメント 0件  at 2007年3月30日21時22分

若旦那日記
 2007年3月13日 - なんと・・雪がふただび降ってきた。
なんと誰が予想したでしょうか、2月下旬には20度を超える日々3月
に入っても気候は小春日和、お客様はコートを脱ぎ、お風呂上りの
方は半そででそぞろ歩き・・・3月7日頃から何かがやっぱりおかしい
気配が・・・本格的な吹雪が3月に入ってやってくる始末、4日間ほど
降った雪は11日には降り止み、今現在は街にも山にも道にも一切なし。
しかーし夜の温泉街は寒い寒い、まあお鍋がラストの食べ納めとなる
のでこの寒さはありがたいような・・・・受け入れたくないような・・
まあ本当に今年の冬は怪奇現象的な先の予想の出来ない冬だった。
地元でも2月下旬には感のなれた大人までが夏タイヤに変えてしまう程
と言えば分かり易いのかなぁ。
あっそうそう旅館の裏山の桜のつぼみが2月下旬でプックラと膨らみ始め
3月に入ってほんのり桜色のつぼみが見られたのだけど、4日間の雪の寒さと
風邪でほとんどのつぼみがちぎれて落ちていた・・・辛いなぁ。
話は変わって航空機事故のニュースでポンバルディア航空機機体の件で
トップニュースで前輪が出ないままに滑走路に滑り込んだ事故映像を見た。
今現在日本での自国生産に踏み切ったYS11の機体の後継モデルではないが
次期対潜哨戒機、C1後継中型輸送機、発展型ではやはり民間機としての拡
張性も考慮された機体の部品が全て国産で製作されるプロジェクト。
んーん データの蓄積と実績と安全信頼が複雑に絡み合う航空機産業。
さてさて国産の久方ぶりの機体は世界で通用する先進性と残存性能、拡張発
展性を今後はいかんなく発揮してくれるのだろうか、期待は膨らむばかりだ。
なにせ20年間は世界の注目となる機体になろうから、日本の国防の条件や環境
に適応して発展能力向上していくのだろうしとても楽しみだ。
三菱重工、川崎、富士、日産、石川島、日研など多数の企業がプロジェクト
を推進しモックアップもすでにマスコミ関係には公開されている。
機体は現行川崎C1輸送機よりも大きく、ペイロードも大幅に向上し、離陸
のストール性能も勿論最新の制御法が取り入れられるはずだ。
海外への輸出も考えられているグローバルな性能基準を持ち合わせる機体と
なるようでまだまだ試験飛行も今後課題は山済みだろうが世界に羽ばたく
機体の性能を持ってほしいですね、この度の前輪の事故原因も整備や部品の
不都合や電気制御関係と油圧制御等複雑になりすぎた現在の機体が一つだけ
の原因でこれだけの危険を招くという参考になった一例ですよね。
んー車もバスも大型客船もロケットも同じこと、リコールを出しやすい社会の
風潮を作るのは勿論の事、企業に隠させる悪を取り払い、必要であるなら事が
重大で悲惨な結果を招く前にリコール等はどんどん発表していく事も信頼の
一歩を示す姿勢だと思う。
一つイラクへの航空支援に向かったC130はバクダッドの空の色にペイントされて
赤外線などの対空ロケット砲弾にも対応できる、全方位レーダー熱監視システム
や、防弾装甲も一部採用するなど、航空自衛隊もやるじゃないのと思った。
しかーし本国に帰れば日本仕様となり全て取り去るお粗末機体に・・・なんで?
危機は訪れてから気が付いていたのでは遅いんです、予想する危機に対応出来る様
日頃から訓練をする自衛隊にこそ、安心で安全な不安のない機体に乗って訓練して
もらいたいものです。
また個人的なうんちくブログになってしまっている・・・
コメント 0件  at 2007年3月14日16時39分

若旦那日記
 2007年3月3日 - もう冬は終わった・・・雪の全くない4ヶ月
昨年11月、12月、1月、2月、全くと言って良い程積雪は無かった。
こんな冬は経験に無い。 ニュースを見ても春の訪れを感じさせる
ニュースが1月下旬から流れ始めていた事を覚えている、菜の花は勿論
ひまわり、桜が1月に開花していた県もあった。 世界の平均で今年の
冬が0.7度も上昇している事、日本にいたっては世界の平均どころの話
じゃなく1.6度も上昇している事が問題だ、寒気も北極圏から南下出来ず
停滞し続け、結果雪はおろか但馬地方では毎日日中5℃〜10℃の平均気温
がある日々、勿論この時期のまとまった雪に変わる雨量も激減している、
地下水脈の水質や蓄え、山も青々としている、これでは枯葉も無くまともな
土壌が出来るわけが無い、雪のようにじわじわと溶けてゆっくりと地下水
となる冷たい水も無く、川には当たり前に雪解け水も無く、川から海にそそぐ
河口付近の海水温度も上昇するので、地球規模で冬に海面温度がこれほどにも
下がらなかった年は記憶に無いし、どれくらいの自然界の営みに影響があるのか
データも無いので解らないが、プランクトンや海面温度の上昇により魚場の変化
も勿論ありうる可能性があるし、何よりもタイムリーな映画なのだけども、アメリカ
のドキュメンタリー映画で前大統領補佐官だったかな・・ゴア元副大統領だったかな
・・大統領と同行していた時代、記録に納めていた全風景や自然環境等、海面上昇や
森林伐採の現実、そして南極北極の生命達の今を膨大な資料を今と照らし合わせて
現実をしってもらうドキュメント衝撃映画だ、真実の・・・忘れた〔アルツ〕
10年前、20年前などほんの最近の映像比較でも恐ろしいほどのスピードで国土と
自然環境が破壊され続けている真実を知ってもらう為の衝撃の映画だ。
毎日私達はありがたく快適に清潔に暮らしているが、恐ろしいほどの速度で科学
洗剤や科学の調味料や科学製品に全て取り囲まれ、屋内でもダイオキシンやプラス
チックや科学塗料、電磁波、電波、考えてもきりが無いほどの工業製品に取り囲ま
れて身を守っている真実。
この映画は人類が皆危機的環境に直面する前にしっかり目視し前を向いて歩む結団
を迫られている映像に世界の人類が今後の生きていく、いや生き抜いていくすべを
考え模索する映画だと思っている。〔まだ勿論見ていないがどの各誌も噂の映画だ〕
明日から3月・・・もう雪は絶望的だ。 スキー場は1月末で営業を止めたらしい。
色々と昔からこういった地球の環境汚染なんかはとっても興味があり、自然の生き物
達をよくバロメーターに観察監視していたんだけど・・こんなに毎年のように予想想定
をはるかに上回るスピードで環境の変化や大気、海水の変化、天変地異が毎年起こるな
んて・・何があってもおかしくは無いとすら思えてしまう現代となってしまった。
コメント 0件  at 2007年3月3日21時2分

若旦那日記
 2007年2月16日 - 送迎車の後継モデル審査。
んーもう乗り出して五年目かぁー トヨタの四駆であるクルーガー3リットル4WDの購入が
そんな前だったかなぁーと今思えば試乗した5年前時が懐かしい。
クルーガーは2000年の発売当時は北米を中心に新ジャンルのスポーツユーティリティビーグル
の目覚しい定着〔1995年ハリヤーが仕掛け約〕と共にこの10年ブームはゆっくりと定着したきた
が、今メーカーは悩んでいる、大排気量と大車重に鉄の高騰と温暖化に資源保護とサイクルに
企業イメージと先進性能のパッケージングの再検討に必死だ。
国内での販売を中心と置かないのは排気量を見てもらえばオーバースペックで一目瞭然。
外国の情報誌やモータージャーナリストの世界観はやはり共通している、幅の広い購買層の3パ
ーセントくらいはガソリン高騰や世間体や固定観念に縛られない自由主義購買層の居ること。
メーカーは勿論マーケティングリサーチ済み、販売台数確保もあろうが北米ニーズは一向に減
少しない現実をふまえ続々と各社2.5トンクラスのSUVを投入していく、勿論の事日本のメー
カーも、ハリアー、ランドクルーザー100、プラド、ハイラックス、ラブフォー、クルーガー
、テラノ、エスクード、CRV、サファリ、エクストレイル、パジェロ、アウトランダー、
CX9、グランドエスクード、トライベッカ、アンフイニやインフィニティーやレクサスを合せ
ればまだまだ相当数の車種が北米市場に狙いをつけてぞくぞくモデルチェンジを控えている。
しかし・・明らかに明らかに質感とパネル一体形成方式の進化で悲しいかな・・人間の手による的
な質感は10年前の高級車の方が工夫と知恵が盛り込まれている事例が多く思う。
私はこれからはデザインも流行も個性の勝負、一粒輝くダイヤモンドな車が購入したいですね。
しかしやはり国産しか買いたくないし、外車はどうも本能的にも落ち着かないので個性が
石の文化の西洋とか大岩的で大陸的だとか、どうも島国の木の文化の日本には・・ベンツ
やビーエムやアルファーが・・・もてあそぶほど存在が個性が際立ってい過ぎていて・・
国産での名車となれば・・オリジン・・ロイヤル・・・センチュリー・・後部座席が購買意欲
の中心となる仕様だから・・・クラッシックカー中心で探したんだが、結局は外車での
検索となってしまう、世界広しとも国内に走り回る20年前以上のモデルを探してみると意外と
多いいのにびっくりさせられる、5.000台はゆうにあるんだからびっくり。
イタリア、アメリカ系が後部座席の天下だと思う、勿論整備項目とレストアや内装は完璧に
近い仕様も多い、ショウルームの品も勿論購入対象にはなるけれど、走行と年式をよくよく確認
とメーカー在庫のパーツはほとんど見込めないし、発注しても恐ろしく日にちが必要だし。
無難なクラッシックカーがいいですよね、丸目でロングノーズで黒と藍色の3ウェイ色かシルバーと
黒の3ウェイ。
大分以前から気にはなっていたが、ジャガーやアルファロメオやキャデラックやリンカーン
やアストンマーチンなんかの70年モデルは全て外装はワンオフで再製作は勿論の事、センターコン
ソール周りや最新車両情報のワンオフのマウント、これらは全て純正の質感のシボまで
考えつくされまるで純正であるかのように綺麗にマウントされる。
それも素晴らしく綺麗に先進的に未来的に知的にときたもんだから恐れ入ります。
現在のロールスやベントレーやジャガーやアルファなども全て先代祖先へ若返り復活デザイン。
しかし購入となれば本当に町内送迎専用になるので覚悟と予算が莫大に必要となるでしょうね・・
パスパスパスの排気音よりドスどすドスの低い直間マフラーの音が理想的ですね。
城崎温泉にもロンドンのビックベンが1台送迎専用にあるのですが、これは有名な話日産の
在存するディーゼルですよね、トヨタの4リッターの積めるシャーシタイプや色々ある現在の
クラッシック事情今後も目が話せないので研究しまくるぞ。
ハーレーなどでのカスタムと同時に15年ほど昔から西海岸では豪遊しているお金持ちがレトロ
クラッシックをバギータイプにスペシャルカスタムしたり、超扁平25インチをエアで制御させて
火花散らせながら走り、もう夢のカスタムドリームカー的な領域にまで現在は達している。
勿論1.000万仕事なのは言うまでもない・・遊びの範疇でガレージ入り・・まあ凄い。
しかし購入にあたっては、とってもとってもクリアーしなくてはいけない問題多すぎて
地元のドッグでは技術的問題と塗装重ねの方法も違いが多いのでよーくよく整備屋と相談ですね。
アメリカを中心とした道楽集団もここまで来れば立派なジャンルを確立している訳だ。
コメント 0件  at 2007年3月1日23時8分

若旦那日記
 2007年2月28日 - 雪はもう見られないのか・・・
昨年11月、12月、1月、2月、全くと言って良い程積雪は無かった。
こんな冬は経験に無い。 ニュースを見ても春の訪れを感じさせる
ニュースが1月下旬から流れ始めていた事を覚えている、菜の花は勿論
ひまわり、桜が1月に開花していた県もあった。 世界の平均で今年の
冬が0.7度も上昇している事、日本にいたっては世界の平均どころの話
じゃなく1.6度も上昇している事が問題だ、寒気も北極圏から南下出来ず
停滞し続け、結果雪はおろか但馬地方では毎日日中5℃〜10℃の平均気温
がある日々、勿論この時期のまとまった雪に変わる雨量も激減している、
地下水脈の水質や蓄え、山も青々としている、これでは枯葉も無くまともな
土壌が出来るわけが無い、雪のようにじわじわと溶けてゆっくりと地下水
となる冷たい水も無く、川には当たり前に雪解け水も無く、川から海にそそぐ
河口付近の海水温度も上昇するので、地球規模で冬に海面温度がこれほどにも
下がらなかった年は記憶に無いし、どれくらいの自然界の営みに影響があるのか
データも無いので解らないが、プランクトンや海面温度の上昇により魚場の変化
も勿論ありうる可能性があるし、何よりもタイムリーな映画なのだけども、アメリカ
のドキュメンタリー映画で前大統領補佐官だったかな・・ゴア元副大統領だったかな
・・大統領と同行していた時代、記録に納めていた全風景や自然環境等、海面上昇や
森林伐採の現実、そして南極北極の生命達の今を膨大な資料を今と照らし合わせて
現実をしってもらうドキュメント衝撃映画だ、真実の・・・忘れた〔アルツ〕
10年前、20年前などほんの最近の映像比較でも恐ろしいほどのスピードで国土と
自然環境が破壊され続けている真実を知ってもらう為の衝撃の映画だ。
毎日私達はありがたく快適に清潔に暮らしているが、恐ろしいほどの速度で科学
洗剤や科学の調味料や科学製品に全て取り囲まれ、屋内でもダイオキシンやプラス
チックや科学塗料、電磁波、電波、考えてもきりが無いほどの工業製品に取り囲ま
れて身を守っている真実。
この映画は人類が皆危機的環境に直面する前にしっかり目視し前を向いて歩む結団
を迫られている映像に世界の人類が今後の生きていく、いや生き抜いていくすべを
考え模索する映画だと思っている。〔まだ勿論見ていないがどの各誌も噂の映画だ〕
明日から3月・・・もう雪は絶望的だ。 スキー場は1月末で営業を止めたらしい。
色々と昔からこういった地球の環境汚染なんかはとっても興味があり、自然の生き物
達をよくバロメーターに観察監視していたんだけど・・こんなに毎年のように予想想定
をはるかに上回るスピードで環境の変化や大気、海水の変化、天変地異が毎年起こるな
んて・・何があってもおかしくは無いとすら思えてしまう現代となってしまった。
コメント 0件  at 2007年2月28日21時4分

若旦那日記
 2007年2月15日 - 大地の源は水が作るんだ。
この時期何十年も毎年見てきた景色が日本中のゲレンデから姿を消した。
勿論あるところには局所素晴らしい程あることはある・・・
どうしたのか、川には2月に入るとおたまじゃくしやめだかの姿も、川えび
やあめんぼうまで小川をゆうゆうと泳いでいる姿を確認した。
2月なんですこの状況が、雪も搾り出して搾り出して頑張って地球が頑張って
降らせてくれているプレゼントの様な気がしてならないほど降ってもすぐに
止んでしまう雪、夜には春一番を予感させる生暖かい突風。
冬眠できずに動き回り餌を探す裏山の野生動物たち、こんな光景は生まれて
初めてで、まだスコップもまともに持っていない状態で12月1月2月を過ごし
てしまった、3月に最後のせめてもの期待をしているのだけれど、台地はもう
春を待てずに早々準備をしてしまっている、本格的な寒気が3月から来るのだ
とするといったいどうなってしまうのか、自然界の時計がゆがみ始めてるのは
色々な環境や生物生命体を広く観察しているから解るんだけれども、環境破壊
と温暖化と生命を脅かしてならない毎年のように新しく発見される病原体ウイルス
未知の細菌や公害が催す体内蓄積型環境ホルモンなどの生態への未知の危険。
しかしこの冬の時期に大地の恵みであるはずの冷たく大地を包むリセット的な
大雪は全く姿を消し去り、ゆっくりと溶け出し地下に浸透し、地下水やゆくゆく
は温泉となってゆく大切な水脈が今年は全くゼロ。
本当に考えても考えても想像できない、大地の生き物、木、草花、ほこりやちりまで
綺麗にしてくれるリセットの雪はもう今年は見られないのだろうか。
ばらぱらやザーザーの雨はいくら降っても雪の力には太刀打ちできない理由があるんだ
人間には結構生活の中に密着していない雪はけむたい存在なんだけど、地球の大地
や海に流れ出る冬の冷たい雪解け水はプランクトンの増殖や生命の根源に繋がるように
何千万年の営みとして行われてきた地球の正常なバロメーター。
さあこうなった地球をどうする人間となってももうすでにサインは送られ続けて来たん
だ、人間が急速なスピードで地表の表面の姿地形を全て改造してしまう勢いにもう
大気汚染も海水汚染も北極圏のオゾン層の破壊シュミレーションも土壌汚染もすでに
ギブアップしているんだと思える、本来の木は自然の山々の仲間と静かな空気の中に
いるもの、決して道路脇や都市の公害と二酸化炭素の中ですくすく育つものではない
のだと言うまずそんなことからの誤った美化意識を考え直していきましょう。
高速道路の中央には・・・町のいたるところにある街路樹これは栄養が極端に少ない
のと周りがすぐアスファルト等の熱を受けやすい可愛そうな極悪環境。
あと・・・んーーーこれは・・・んーーー 割り箸の無駄からも始めていかなければ
いけないのかなぁーまず輸出国を調べてからどの種類の木材からなのかと言うことから
かなまずは・・ふと思うんだけど、世界広しとも 毎回捨てる木の箸を使っている国は
日本以外どこかあるんだろうか、まあこれだけ生活水準も豊かな日本なんだから、まあ
消費する数は半端ではないはず。 韓国は鉄箸、ヨーロッパも鉄、アメリカもシルバー
タイなんかはプラスチック製の箸だったような・・・まあ利にかなっている文化だ。
んーそれならば 何故木の箸が定着し何時から使われてきたのか調べなくては、まあ
大体の想像は出来るんだけども・・・
地球温暖化防止と言うか、まだまだ世界の数万を超える巨大工業カンパニーには公害
削減に寄与出来るほどの資金力と地域経済に与えるトップブランドの姿勢を見せ付ける
先進性と環境保護を歌った企業は数パーセントのみ。
京都議定書もアメリカと中国の姿勢は冷ややか・・もう止まらないし後戻りできない
地球に申し訳ないですね、今後もさらに急速にデジタル化や温暖化は凄まじく伸びてい
くはずだ、常に私達は地球に生かされて居ることを忘れたら駄目なんだ。
コメント 0件  at 2007年2月15日21時8分

若旦那日記
 2007年2月1日 - 地球規模汚染に関わる生命の危機
なんのこっちゃの タイトルだ。
いやいや しかーし ふとした事に何時も気になる事が このタイトルに集約されて
しまうのだから私にとってはすんごく関心がある事なのだ。
バンコク、上海、香港、イタリア、ソウル、台北、そして東京、まあ舞台は何処だって
いい、現地に行くには理由がある、その土地の人間の営みと、過去から引き継いでいる
若者達の危機意識と子供への食の関心を大人が何処まで学習しているかだ。
観光地は仕方がないにしても、地方に行けば楽しいほど 今 の現地の国民生活に密着
出来るし、文化風習教育宗教食材も全て違人間が出会うから旅は楽しいんだ。   
例えば僕は何処に行ってもこんな事を考ながら色々なシーンを楽しんでいる。

大空の鳥達を取り巻く環境、池沼の生態系、せみなども7年間眠る台地力、山の獣達
の動向、海洋汚染で自然生態系のここ30年の激変ぶり、漁獲高の制約を設けるものの
各国しのぎをけずり、海洋領有権争いが続く海洋資源戦争も、多発する少年重犯罪と
血の繋がる身内による残酷な怪事件等・・・朝のニュースから考えさせられる・・
自然生命界も人類も全て 水 大気 大地と繋がりこれらの変化の根底にある原因が、
やっぱり自由人間主義本位に考えてきた地球地表地下資源大改造計画を推進してきた
のだから仕方がない、害になるなら消す、要らない山は取り去り切り開く、燃やす。
神様の下した最後の戦いのように人間対人間、地球の資源を枯れさせるかのごとく
各国が奪い合い、化石燃料が枯れる可能性が出ると、すぐさま 代変燃料の試行錯誤を
各国研究し、この度また新たに 実用エタノール燃料〔とうもろこし科学製油〕で始動
するエンジンを早急に開発していく見通しを立てるアメリカ企業のニュースを夕方見た。
その後に日本の研究チームが、木材や肥料ゴミなどから採取する代変エネルギー利用を
狙った研究発表をしていたのだが・・・木材と肥料ゴミでのプラント等の整備やトータ
ルで見てみても代変エネルギーの需要に追いついて行けないのは明らかな欠点・・・
アメリカ案である広大な大地の恵みの現実年中作物の とうもろこし原料は実用可能。
確かに技術研究開発の進化の過程スピードは凄いのだが・・素直にこの新技術開発を
成功させてもまたすぐにそれらの資源や作物には害が生じたりして生産が安定しないこ
とも考えられるし、温暖化等で気象も不安定になりがちな昨今。
次次世代の研究をしている研究機関なんかを調べていても何とも色々な代変案が相当数
あるものですから改めてびっくりしますね。
人間は進化していく上で、考えや知恵を出し合い、協力し助け合い、自国の繁栄の為に
とまでは言わないが、経済の発展に寄与しながら地域を盛り上げて言ったり、情報を
発信し他の競合する分野での優位性を見せ付けるべく時代と共に日進月歩進化してきた。
オイルショック、バブル経済、今も続く世界の紛争地域、産業革命後の人類の足取り
は急速に生活様式を変え、オール電化製品生活、ロボット産業、オートメーション化
化粧品の調合や今や食べ物も工場で調理加工され高度な技術で瞬間冷凍保存されていく。
環境ホルモンの蓄積の危険性、保存料、添加物の食料事情を加速させ続けるファースト
フード業界の恐るべき生鮮品冷凍保存の薬物漬けの現実。
舌の鈍感化が進む世代には危険な今後の食料輸入品目に多い味の濃い柔らかい混合ミート。
10億のインド 13億の中国などの国内基準に適合しない危険な食料管理体制が整わない
国の実際には輸入を止められない本当の理由とは・・
繊維は仕方がないのだけど、安売りスーパーでは、この国の国際通貨基準で言ってしまえば
10分の一どころかいったいどうなのと思われる原産加工国が標記されていて改めて日本は
食料問題を今なんとかしていかないと、もう取り返しが付かないどころか、国内の生産者
や漁師、農民は価格競争には太刀打ちできない事はすでに、いや今後はより絶対に明確だ。
反乱する国内基準価格は海外からの侵略者のおかげで価格も質も消費者にとても解りずら
くそしてお得的な優越感も感じさせられず今後も一層沈没していくのだろうか・・
世界に輸出出来る今後作物なり、鉱物などは自国生産出来る時代が来るのか心配は尽きな
いのであった。
有事の時全てこの事実が国民生活を直撃するのだから、周辺事態法などの危機管理もよく
よく皆で考え万が一だが食料備蓄〔震災等〕を個々にしておく必要を感じてしまう。
10年前とガソリンは1.5倍の価格に、5年後の石油資源は・・・10年後
80円代が130円代、130円代が150円代にいつなってもおかしくはない国内市場である。
コメント 0件  at 2007年2月2日13時20分

若旦那日記
 2007年1月19日 - 日本の未来の防衛の構想は。
またまた軍事と思いきや・・ピーンポーン やっぱりドカンと軍事問題だ。
昨今日本の自衛隊も防衛省となり、他国並みの国防と言う国家の誇り高い
気運が感じられつつある今、防衛構図の塗り替えとも言える再編成が秘密裏に
進んでいた。 〔勿論秘密ではないが・・マニアな防衛白書を取り寄せてね〕
しかし・・・この必要な項目を読んでいるうちに・・・本当に危機感と未来の
周辺事態を考え抜いて作成してきている防衛構想なのか多くの疑問が残る。
工作船での初の周辺事態法発令の下海自と海保との連携した警備行動は世界に
海洋国家である日本の威嚇姿勢を力を持って行動で示した始めての画像だった。
しかし・・・やはりであった不審船自爆もあり、追跡中に海に放り投げられた
数々の袋や証拠品も赤外線暗視画像に鮮明に映し出されているにも関わらず
その後の論議もあまりなされず、発砲のシーンばかり視聴率がとれる物を映像
分析などして毎日連夜流していた始末。
覚せい剤の取引、心身売買や海上での密告者の受け渡し、色々論議されていた
現実が暗視カメラにそのまま映し出されていたでは無いか、ほんま被害者家族
はやるせないシーンを目の当たりにしているはずだ。
北に限定しなくとも世界にはこのような事例がごまんとある、アメリカ、ロシア
中国以外の国でも凶悪な死刑囚の国家工作員や軍事スパイに利用したりの例だ。
戦争とは情報戦との認識は当たり前、私は戦争や争いは大大大嫌いなのだけれど
国民の平和が何時までも守り続けられている今があるのも、国力や、一国を守る
為に日夜自分の体を第一線に持っていく姿勢で毎日目を光らせ海上や陸上そして
航空自衛隊の方々の努力とチームワークの訓練をしてきている自衛隊の皆さんが
居てくれているから日本国は周辺の国々からの突然の侵略や、ミサイルの警告なし
での事件事故も全くなく、核兵器までを保有する事無く、他の国を脅かす恐ろしい
兵器や軍事産業も目まぐるしく生産しているわけでもなく、ぼちぼちと新旧入れ替
えたり配置をやり直してみたり、今ある危機に慎重に取り組んでいる、言わば穏や
かかな軍だ。
がしかし先日未来の国家力を今後伸ばしていくであろう世界の各国の軍がこのような
防衛計画案と防衛予算をこのように使っていてこのように構築していくのだ、などと
記載した信憑性のある雑誌社から発行されている本を買って読んだ。
それはまさに・・スターウォーズとプレデターとアルマゲドンとガンダムをたして
足しまくった内容であった為行く末が・・・全く映画ターミネーター通りの世の中に
なっていくという物であった。 正にスカイネット計画に行き着く。
恐ろしくて恐怖で震える内容であった。 正に今現在イラク中東で2万を越す兵士を
死なせてしまった米軍の反省を10年前から予想していた結果を知っているかのような
内容の本であった。
テロ市街戦..民兵・・攻撃目標の多様性・・市民からの攻撃・・道路に仕掛けられる
爆発物等々、イラク情勢もリアルにまたその通り、軍部が緊急に前倒しで輸送した
偵察スパイ無人攻撃機、遠隔操作自立航法出来るスナイパーロボット、スパイ衛星
から送られてくる膨大な市民の行動をくまなく監視する為の24時間動態感知認識シ
ステムレーザー区画別4.000エリアを網羅する無人スパイ衛星郡これらはバクダット
上空を日夜飛び回っている無人偵察機〔2.000機以上 個人携帯組み立て式も含む〕
無人地雷原処理車、無人先行車追尾機能輸送装甲車、建物内移動型超小型偵察機、
これらほぼ全てのロボットは使用段階の今は半自動行動を取るもののやはり最終の
捕捉や誘導や確認作業は遠隔操作で人間が全てモニタリングしている現状。
がアメリカでは毎年砂漠地帯などでも軍事に転用できる、無人自立走行や自立判断
機能を進化させたロボット戦車や無人攻撃ヘリロボット偵察自立航法兵器を日々進化
させつづけるその理由はただ一つ、米軍の攻撃能力の先進優位性と兵士の生命の保証
と米軍の無駄なロスのない兵士の配置が可能となるロボット混合部隊の新設。
昨今の兵器装備を確認してみても常に全ての兵器は戦場で使用され欠点等が確認され
ると直ちに本国へクレームを出し工場ラインを直ちに手直しし前線部隊に送られる。
常に実験実射訓練が実践さながらの過酷な耐久性確認実験〔ビルから無人偵察ロボを
投げ落とす衝撃実験、ビル崩壊での瓦礫を落としての崩落を予期しての残生性能確認等〕
現在でも活躍するコブラ、ブラックホーク、グローバルホーク等の当たり前の性能が
地上の移動は勿論、地下施設建設等の振動を感知する特殊パルスで構図を判断し限定爆
撃監視の航空機最新レーダー機の緊急追加注文等、本田のアイボロボ性能は当たり前以上
の秘密軍事掃討作戦用にロボット知能は現実に何時でも準じ部隊配備出来る状態。
中国軍の精鋭に勝てる勝算が今後10年で変貌してくる危機感を計算していたペンタゴン
はやはり未来国力軍事開発にかける仮想敵視国未来防衛予算計画書を常に見張っている。
中華人民人兵10に対し、米国はロボ1 兵士2の割合を昔から算出していた様思えてくる。
いやそうとしか思えない、今後の米軍軍事再編の移動&装備品を見れば読めてくる。
世界に軍隊を何十万と駐留させる米軍、本国に残っているローテーション待ちの予備軍
達も全部合わせて戦うわけではなく、三沢、横須賀、沖縄普天間、日本だけでもまだ
あるのに本国の防衛も完璧にこなす日本の10倍以上の国防費&個人装備の充実にはただ
ただ唖然としてしまう程莫大な予算を計上する国なのだから何もかもがかなわない。
あーやば また・・・止まらなくなりそうだ嫁に怒られるからやーめた。
世界の豪華客船の建造地の現状発注作業でもしーらベーよーう 凄いのはまたまた米国
3.000メートルの豪華客船構想〔空母の10倍くらい〕がニュートンに載っている。
船場はあるのか、又建造するドックはどこなのか、所有する会社、乗員定員は、屋上には
思っていた通り・・・セスナやプライベートジェット発着飛行甲板&エレベータがあります。
どんな金持ちが世界にはどんだけおんねんと思わせる関連記事でした。
しかし3.000メートルの船の船体がタンカー世界一400メートルのそのまんま引き伸ばした船体
なのか、正に空母の様態をした容姿なのか、まだイラストなのでよーく解らない。
地球は丸い・・3.000もあれば先からお尻まで2メートル位は重力と水位の関係でゆがみが
出るような気がしてたまらん。
ちなみに又話は元に戻るが、船といえば、凄い船が米国海軍には存在している、レーダー
波を吸収してしまう船体の ステルス駆逐艦の存在だ。 それがあるなら勿論補給船や
戦時の緊急高速輸送を受け持つ電磁波で海水面を実質浮いて走る90ノット級の速力を誇る
輸送艦も着々と建造されているのだ。
またディーゼル直列ハイブリット軽量主力戦車ももうまもなくニュース画面にも写るであろう。
これは従来の概念を根底から覆しかねない航続距離&地球規模での輸送展開能力を持たせた
車体〔24t〕なのだろう、ギャラクシーになら6両は空輸可能、C17グローブマスターでも
2両は飲み込むであろう。 
ほんと知れば知るほど戦力のデジタル化&少数ネットワーク情報効率化戦争の様相である。
戦車の大砲もすでに自立誘導炸薬ロケット・・・どこに向けて砲弾を撃ちぱなしても本人
めがけて5.000メートル高速弾道飛来し動体目標も逃げられませんよ。
あーあ 人間はいたちごっこの文明社会、ライバルもやられたらやり返す報復をする。
戦争に終わりはないのです、怖い武器商人のいるアフリカなんぞの兵器博覧会など行けば
凄い世界の武器商人がわんさかと自国の抑止にほいほいとサインし購入していきます。
戦闘機50億、戦闘戦車20億、誘導ミサイル一式3億5.000万、対人地雷5万円、対戦車地雷50万
とか、空爆用木製模擬戦闘機150万とか・・・なんでもかんでもあるのですからビビル。
コメント 0件  at 2007年1月23日20時47分

若旦那日記
 2007年1月6日 - 突然の・・出会い・・圧倒・・夢かなう。
ベントレーアルナージ レッドレーベル。
私がこの車に道路で偶然出会い、そのオーラの気品と異彩を放つ車を見たのが
イギリスエリザベス女王の公務専用車で超高額車のベントレーだった。
ベントレーと言えばロールスロイスの傘下である事は有名ですね。
最近ではBMWの傘下になりつつもより高品質なモデルを次々と世界の大富豪
に愛され続けている、立派なオーナーズカーですよね、この点がロールスロイス
運転手付きとの差別点ですね。
ターボ化も早くから取り組み、クーペモデルから装備品の特注モデルばかりで。
長くなってしまったが・・こんな事書いてはいけないのだろうが・・書こう。
お客様の大切なピカピカのBレッドレーベルを1キロ往復走らせる事を命じられた。
少し圧倒されつつびびる私に、キーを、レバー引っ張り上げてシフト入れてね。
この気さくなお言葉にすぐに吹っ切れた私は、分厚いドアをこじ開け、真っ白で
真っ赤なコンビのシートに滑り込んだ。
周りを見渡せば気品溢れる黒木目パネルの配置、皮の厚さとステッチの糸の色使い
やハンドル操作の重厚な感じが乗り込んだ瞬間から背筋をピーンさせる緊張感があ
った、それはやはり運転姿勢を正させるシートポジションと形状にも表れていた。
流石にジャガーと共に共通する点は運転姿勢の適正化にこだわる国民性を表している
ように思えてならない。
その戦車のような車体は何もないようにするすると移動し、湧き出るトルクでぐいぐい
突進していく勢いでエンジンが力強く廻っている感じだった。
けど・・・ビーエムの7とか、Sクラスの12気筒と短時間なので目をつぶっていると
あまり個性の違いの廻り方が解るほど差別化が出来ないエンジンでもありました。
〔3〜4分で何がわかるか小僧、路地をちょいのひよこの散歩道では世界感が・・何も〕
最近のベントレーは2.000万を切るグレードも用意しているし〔コンチネンタルGT〕
など入門用の車種も探せば新車でも多くある事に気が付く。
しかし世の中には想像も付かない値札を付けた車が五万と存在してきたし、これからも
ぞくぞくと静かにデビューしている。 一昨日もダイムラークライスラーからマイバッハ
の62sというグレードが追加・・・6リットルのツインターボ、613馬力のトルクは102キロ
・・・・なんのこっちゃの5.900円・・・いやいや5.900万円なり。
趣味で乗るには死んでも買えない価格だが、翌日世界完売らしい・・なんのこっちゃ。
62sは本国とアラブとロシアと北朝鮮とアメリカ日本から引き合い合戦が繰り広げられ
たらしい、いったい購買層は決まっているのだが何台趣味で保有しているのだろうか。
家のお得意様にも岡山県から、毎年新車を買ってはご披露に来ていただく愉快で楽しい
車大好きなお客様がおられますが、普通にありえない車を毎年買って見せに来られます。
私にとっては一年に一度のスーパーカーデイが開催される城崎モーターショー。
話は変わり、VWのフラッグシップフェートン〔LSフロントのデザイン同一だぞ、国内
未発売だからとデビューした時フロントマスクを見て汗が出た、いかんぞトヨタさん〕
が4年程前に北朝鮮の国家主席の公用車に指名し購入にあたり4台の発注を出すも、
ワーゲン社に防弾装着等のすったもんだがありドイツ企業のマイナス宣伝となる可能性
がある為に北に販売を取りやめる事件は記憶に新しい。〔韓国政府もフェートン多数使用〕
金は幾らでも払うと言うが、ドイツ自動車輸出企業連合はそれら要求を突っぱねた。
わたしなら お金をもらってフロント部分のデザインは金主席のお好み専用顔をお造りし、
世界で一つの特別仕様と言い、海外のスクープ専門パパラッチには製造車種メーカー名不明
車種とひた隠し、特殊板金加工追加金をがっぽりいただき、こっそりと小型工作密航船で北
へ運び、日米の船舶臨検を潜り抜け記念式典パレードまでに納車していたであろう。
コメント 0件  at 2007年1月12日10時32分

若旦那日記
 2006年12月15日 - 11月、12月のお客様の推移を見る。
城崎温泉ではここ数年かに昼食のお客様が増えてきているように思う。
近場の温泉地で気楽に美味しいかに鍋のフルコースを食べたいと言う
需要が高まってきて、当館でも連日のように客室はフル稼働です。
多くの旅館でもかにの昼食は食べられるのだが、やはり予約が必要。
先月、今月共に過去に無い程の昼食の問い合わせ予約が入ってきています。
お泊りのお客様は勿論の事、綺麗な和室で部屋だしで食べるという
旅館のもつ温もりが良いのでしょうか、リピーターの方もとても多い
ですね、又来年も楽しみに来るからね、の一言でほっと緊張がほぐれます。
1月、2月が昼食のお客様が一番多いシーズンです、勿論ツアーのお客様も
年々増えてきており若い20代くらいのグループの方が目だちますね。
お食事が終わると皆さん食後の買い物と運動をかねて街に出かけられます。
勿論名物外湯巡りも楽しみの一つでのんびりゆったりとお風呂でくつろいで
帰られますよ。
もう今月も個室昼食は毎日満席で毎年恒例のかに昼食を楽しみにお越しいただ
いており、年内は昼食のお客様で全館貸切となるほどです、賑やかな温泉街
かにの香り一杯の城崎の冬を是非体験してほしいですね。
私達スタッフも朝から晩まで全力疾走完全無休の頑張りやさんの若いスタッフ
ばかりですから、私のほうが元気をもらったりしています。
板さん達ものびのびと毎日叫びながら!!??楽しんでかにを切っています。
去年は近場で、従業員を連れてお昼に美味しいもの食べにイコー会で、夕日が
浦温泉の旅館や、網野の元気な旅館にお昼を食べに行って来て衝撃を皆受けて
帰ってきました。 受け入れの姿勢、制服の清潔感、客室までの御案内の的確
さ、施設の清掃、料理の器、盛り付け、工夫、出すタイミング、料理説明等
とこの宿にお昼を食べに行っても最低限の受け入れ姿勢がきちんと統制がとれ
ていて改めて、これなんだよなぁー だいたい私は最初の第一印象の姿勢でその
宿などの経営姿勢が8割が的中すると思っていますから・・難しいがそうでなく
てはいけないし。
この度の食事視察旅行でも皆でワイワイあーだこーだ楽しく食べてきた。 
この時期も但馬牛しゃぶしゃぶ、かにすき鍋、但馬牛会席、季節の鮮魚会席と
色々な選択肢の中から、お客様はお部屋でゆっくりと美味しい料理を楽しみに来
られますから、気が抜ける事の無いよう皆で楽しくピリピリ感を楽しみながら仕事や
趣味〔少ぉーし〕をしている毎日です。
こないだお得意のお客様でなんと、○ル○オのワイドキットで IC・SC を組み込
んだモンスターにお乗りになって来られました、60後半のお客様・・私もこんな
ちょい悪で夢を持って楽しく生きる大人になってみたいと思ったのであります。
ちなみに4.000で70疎罎離肇襯の塊が襲ってくるのでトランクションの制御は
純正では全くもって不可能らしいです。 
ちなみに私の乗った車ベスト3の大トルク感だった車種。
1 成人となった今だから言える○ーマターボ改の・・離陸絶句いや言えない。
2 低速トルク爆弾脳みそ瞬間後退移動加速中毒となったランエボ3ガッシャーン
3 MR2 SC 背中で吠えまくり、蹴飛ばされ加速の高周波カッキーン軽量機械。

最近のスポーツモデルの出力の出し方はコンピュータ次第、しつけの良い優等生
ばかりで、なんとも印象に残らないエンジンが多いいかなぁ、静かで滑らかで
効率の良さそうなトランスミッションで、フリンクションもなくアイドリング
も眠くなる・・・なんか最新ならばやはり味わいのあるアルファ156なんかお勧め
かなぁ 国産も頑張って良い技術士が居る内に多くの名車を残して欲しいですね。
リーダー格の新型スカイラインも・・・また重々しい風貌なんだなぁ 残念。
やはり私の話は最後には車うんちくかんちくになっているな。
コメント 0件  at 2006年12月26日21時0分

若旦那日記
 2006年12月20日 - きく8号の打ち上げ成功に希望。
18日の午後3時20分、希望を背負った H2A11号機が種子島から打ち上げられた
ニュースを知った、このロケットは6号機までが悲運な打ち上げで毎回ニュース
に取り上げられたり、開発者の今後の宇宙開発の非感性が取り上げられたりして
いたのでとても関心があった機体だ。
今回の打ち上げでは貨物として6トン近い技術試験衛星をコンパクトに先端に詰め
込み、この度の打ち上げ重量増加に伴い、ロケットブースターを2本追加する試み
も成功し4本の体制で推力をあげて軌道上に無事投入された。 この度の打ち上げ
衛星は国産衛星で過去に無い大きさ。いつも私がニュースを見て感心するのがこのロケ
ットの先端部分にコンパクトに詰め込まれている衛星のアンテナ部分やソーラーパ
ネルが折り紙のように軽量コンパクトに格納される匠的神業の『工夫』である。
技術者のアイデアは昆虫の羽根を広げるミクロの世界から、大学のロボットサッカー
やエアバックの折りたたみ製法、小さく折りたたんで格納する全ての物が対象になる
のだからソーラーパネルの格納方法やコンパクトなアンテナの性能向上など毎年
日進月歩なのだ。 CGなどでもよくニュースに出てくる宇宙空間での衛星の様子
を紹介するビデオを見ても ほぉーと感心するほどの技術ですよね。
エンジンなどは、日産、富士、石川島、三菱の持てる最高の技術が結晶となりロケット
エンジンを共同製作する、ここ11号まではなんとか連続して打ち上げ成功としているが
国際的に見れば、20回〜30回の連続打ち上げ成功位が標準。
しかし名称は・・技術試験衛星。 またまた秘密めいた怪しい名称の試験衛星である。
ちなみに30年前に設計計画されたスペースシャトルブースター推力は30トン以上は
楽勝だそうです。 ロシアの商業衛星を運びまわっているソユーズ宇宙船などのロケット
打ち上げ推力も似たようなものだと思う・・・・がなんと調べてみるとなななんと
老朽化しているであろうサターンVロケットは桁違いの125トン級の推力を誇る。
1トンのロードスターを125台一斉に宇宙空間に運び出す能力・・・・モンスター級。
世界には凄いロケットが腐るほどある現実。 しかし運用コストも桁違い。
この度の三菱H2A発展型ロケットは推力を向上し打ち上げ効率も世界基準、全高は
53メートル、直径4メートル、ビル18階くらいの大きさ。
何を隠そうこの度も前回も地球陸域観測技術衛星とか情報収集衛星とか大規模災害や
地球の正確な地図の作成とか・・・色々言い訳も大変ですよね表面上。
なんしかこの衛星には米軍の保有するコブラボール〔赤外線等の弾道を追尾出来たり
地表の人間の動き、車両の出入り、等考えられない細部まで見通せる勿論天候昼夜
は当たり前に関係なしの最新レーダー〕フェイズドアレイ方式のLバンド合成開口
レーダーを積み込んでいる衛星なんだ、まあ世界の軍事で言えば当たり前のスパイ
衛星モドキみたいなもの、これまで有事になると米軍や民間の情報収集衛星からの
おさがり写真をもらっていたのが、やっと自国で開発成功した真実の目を手に入れた
のだから心強い。 
又来年は日本にとって凄い衛星打ち上げもスケジュールにある、セレーネ計画が
それだ、月の探索衛星の開発成功だ、これは資源や地表面鉱物大気地熱チリ等多くの
謎めく月面の調査探索衛星なのだ、打ち上げは定番のMロケットなのかなぁ30メートル
ほどの大きさで直径2メートルくらいの衛星打ち上げ熟練のロケット。
推力は2トンまで位だろうなぁー経済的なロケット信頼性は抜群なんだが・・
世界のロケット事業はロシア、ヨーロッパ、アメリカが独占という状況だ。
代表例がロシアの安定した打ち上げ実績のあるソューズロケット、2度の大爆発のある
スペースシャトルでも機体とロケット、打ち上げ台座等込みで チーン 約2200億円。
シャトル次期モデルのオリオンロケットは様々な試練に耐える多目的利用+トラック
的な役割や宇宙での実験施設等の資材の運搬や次世代国際宇宙ステーションの組み立て
等様々なタイプのカーゴを用意したり、回数の打ち上げに絶えられる帰還性能も視野
に入れたカプセル型再利用方式に期待と夢が膨らむ私であった。
北の持つ大陸間弾道ミサイルの制御なども馬鹿に出来ない技術なんですよ実は。
固体燃料は燃焼実績に安定して飛行しすぐボタンオンで発射状態可能。
東京めがけてだと6分程で着弾・・・どうするんだ無理に思えても莫大な予算を
計上しつづけ後に引けない迎撃システム構想、撃つほうはボタン一つ、迎撃するこち
らは大気間のマッハ10以上のスピードで〔10.000繊与砲反砲鯊任租櫃洪管直撃タイプ
にしないことには確実に弾頭を破壊することは出来るはず無いし・・現状難しいなぁ。
何兆円もの防衛費、試行錯誤のミサイル実験、弾頭飛行未来想定コースのレーダー
開発の遅れ、完成しても、迎撃ミサイルつぶしの北の策も当たり前に存在しているし
イージス艦の建造も5隻6隻と年々増え又搭載兵器もバージョンアップしていたし。
あーあ いたちごっこ 南も実は対日を視野に入れまくった軍備の再編と見られる動き
だから装備も次期戦車、時期戦闘機、イージス艦、潜水艦全てに日本を視野に入れてい
る導入の動きだ、刺激したくないのか日本のマスコミは一切知らん振り、事なかれ主義
舐められて舐められつくしてから国力や領土問題を歌ってももうすでに遅すぎますよ。
コメント 0件  at 2006年12月22日20時4分

若旦那日記
 2006年12月7日 - 日本の防衛省化、今後の問題を考えてみる。
日本は勿論廻りは360度海、海洋国家。
1. 国内の食料自給率、食料備蓄率の深刻な問題。
2. 国内石油資源備蓄場所の危険な問題点&警戒意識の皆無。
3. 日本海に面する多数の原子力発電所の防衛構想の対策の急務。
4. 有事の石油の海上輸送に関する危険海域確保の対策。
5. 尖閣諸島、北方四島、海域ガイドラインの相違、独島問題多くの問題が山積み。
6. ロシア海軍の日本海海洋調査の裏側。
7. 秘密裏に長年行われている海洋上での工作船を支援する日本国籍の船舶。
8. ロシアの偵察衛星から、北に闇ルートで流れる日本海の船団の航海記録簿。
9. 海上保安庁の巡視船の詳細な艦性能&有事の火器統制性能の機密の漏えい。
10. 種子島宇宙センターから打ち上げられた過去のH2の性能停滞の現状。
11. H2ロケットの最大ペイロード推力の問題点、打ち上げ観測衛星多様化に危機。
12. 米軍による国内電波傍受施設エシュロンの性能の国民の無関心な現状。
13. 防衛戦略の見直しに迫られた、国内テロ、市街戦、近戦防衛戦の緊急対策措置。
14. 航続距離等の性能向上を図る通常動力の潜水艦のAIP推進ハイブリット実験艦の現状。
15. 近戦防空の要となる航空自衛隊所有のパトリオットPAC2&3の保障なしの導入問題点。
16. イージスシステム艦の性能向上とフェイズ2えとシステムアップの停滞なき書き換え。
17. 時期支援戦闘機、&地対空性能を持つ時期主力戦闘機の保有、ライセンス生産も視野に。
18. 戦闘機の給油器の日常訓練と、給油機の早期導入体制を取り、観測範囲を警戒監視する。
19. 補給艦ましゅう3番艦の就航を切に望む事、艦隊行動を随行出来ない補給艦のノット数。
20. 時期戦術兵器を開発する防衛部門の兵器性能を試験する国内試験場不足の問題。
21. 時期主力戦車の開発の発展性を持たせた車体の開発の遅れと不安、火器統制性能の海外依存
22. 戦闘機、警戒機、イージスシステム、レーダー、セントラルコンピュータのブラックボックス化。
23. 戦闘の実戦経験の無い普通化自衛隊員の精神力のレベル、北の特殊部隊約10万世界一の特殊部門。
24. イスラエルに見る国内外内部秘密情報組織のスパイ員、世界情報収集能力の統制力の圧倒的な差。
25. 多国籍軍と行動を随行する自衛隊のショーザフラッグの世界から見た模範とならない後の貢献度。
26. 国内スパイ活動をする世界の情報員から見た金銭で買い求められる企業役員の危機管理の薄さ。
27. 武器移転出来る部品、コンピューター等のお粗末なほどの海外輸出の危機管理のなさ。
28. 国内の陸、海、空の装備品の攻防を考えていそうにない外版等の対弾装甲の薄さと研究不測。
29. 輸送艦おおすみ級3番艦までの一切の艦能力レベルを上げない建造案に見る欠点だらけの現状。
30. 弾道ミサイル対応の、海上&陸の二段攻防のパトリオット+SM3の性能の不安だられの現状。
31. F4の後継機となりうるF18、F15ストライク改、ユーロファイターなどの入札価格。
32. 近隣諸外国に気を使いすぎの国防戦略、韓国軍、中国軍の目まぐるしい近代化装備品の危機感。
33. ロシアのお下がりを安く購入し、秘密裏に研究開発を水面下でする中国と北朝鮮軍部。
34. 日本の情報観測衛星の本格的な運用と人材育成の進まない情報収集管理分析員不足問題。
35. 天外天などの海洋調査による海洋資源掘削に血眼な中国国家のしたたかな資源世界争奪戦略。
36. ロシアの次期大陸間弾道ミサイルが日本の迎撃ミサイル追撃を避ける再突入シーカーを完成した。
37. ロシア、中国、北、太陽政策の南、近隣諸国を信頼関係以前に外交官の情報力の乏しい国力国家。
38. 独島・・韓国海軍の最新鋭ヘリ揚陸艦の名称。 いいかげんにこの現実報道したらどうだ政府。
39. 陸自の次期攻撃ヘリAH64ロングボウ、一人前に最新の火器統制相互情報リンク人材育成が・・
40. 次期主力戦車導入にあたり前代の欠点をつぶす軽量化小型化小人数化大口径化装甲化運搬可能車体
41. 次期輸送機、対潜哨戒機の国産化。 合理化を図るが国外の機体の選択の余地も・・難題。
42. 地対艦国産ミサイルの可能性を秘めた性能、地形マップを内臓し自立航法で・・観測衛星の数が・・
43. 海岸線に面する万が一の上陸を想定した住民を交えての非難訓練など当たり前に無い危機認識。
44. 海上自衛隊の各管轄地域と海上保安庁管轄の有事でのすり合わせ等の合同連携訓練の急務。
45. 水中発射式魚雷の性能向上とハープーン対艦ミサイルの性能向上タイプの購入。
46. 駆逐艦、こんごう等の最新迎撃システムのスタンダードミサイルの射程とバージョンアップ。
47. 台湾有事の際に米軍が介入した場合〔絶対〕の自衛隊周辺事態法により後方支援となる危険性。
48. 北から米に発射された射程10.000キロ以上の弾道ミサイルを日本上空で打ち落とす構想がある現実。
49. 日米豪合同開発のミサイル迎撃システム構想は結局10兆円規模、最後のカードが何時出来るやら。
50. 米軍独自の旅客機搭載レーザー照射による打ち上げ時の迎撃兵器、危険時は常時警戒区域に旋回待機。
51. 米軍保有の数百におよぶ偵察スパイ衛星のもつ合成開口レーダーの現在の恐るべき性能。
52. 民間衛星での情報性能単位〔カーナビ性能の3倍程〕しか買ってももらえない自衛隊の米軍への貢献度。
53. 自国で開発した国産気象観測衛星〔偵察〕の8機体制の急務、アジア周辺諸国の逐一情報の解析が可能。 
54. 普通化連隊の装備、隊員が自己購入に頼る現在の陸自隊員の支給される装備の間違い点を多く感じる。

あーやばいぞやばいぞ とりあえず 1〜54までシリーズ国防を考えるで日記をつけねば。
あー止まらないぞ止まらないぞ100タイトルくらいになりそうな勢いだぞこりやー。
国家の有り方、国防戦略の国民の関心、国内の有事における危険レベルの意識を高めるための韓国
とまではいかないが、首都等で行われている定期的な大規模国民非難訓練の実施。
色々今後は考えていかなければならない事項ばかりですよね、ほっとけますか、ほっとけ
ませんよね、愛国心があるからこそ、自衛隊の皆さんに日頃から感謝しているからこそ
今気になる、そこにある危機を考えなくてはいけないですよね、私は毎晩研究しています
マニアと言われようが気にならずにはいられない国防のあり方。 
コメント 0件  at 2006年12月8日20時29分

若旦那日記
 2006年11月22日 - やはりフランスから目が放せない。
乗用車のシトロエングループのフラッグシップモデルC6が発表されるないなや車業界に
衝撃が走った、2006年のパリモーターショー、フランクフルトモーターショーに出品展示
していた市販モデルの、奇怪なようで知性を持たせた見たことのないシルエットにびっく
りさせられたものだ、9月、10月のモーターショーから2ヶ月世界中のモータージャーナリ
ストはこのC6、C4ピカソと2台のコンセプトカーばりの市販モデルを大胆にも発表するに
いたった。 その他にはなんと観音開き4枚ガルウィングドアを備えた市販目前のV6コモ
ンレールデーィゼルも用意、そのリアには何と気になっていたインホイルモーターが・・・
やられた・・・想定外の起死回生のシトロエングループが・・今や世界の売れ筋のコンパク
トからC8〔日本未導入〕エグゼディブクラス までこの3年ほどの急速なデザイン革新を
成し遂げ、世界中でこのフランスの伝統を受け継ぐ油圧式ハイドロマティックや超先進的で
伝統のインパネデザイン&本木目。 今やどの自動車雑誌を買ってもC6の写真ばかり・・
日本の先日発表されたセルシオ〔レクサス460〕はどちらかというと3世代前からの時代に応
じた先進性をそのままにそつなくデザインした優等生。 日本を代表するスポーツカーも今や
皆無な状況・・フランス、イタリア、アメリカ、ドイツ、スエーデン、はとびきりの贅沢な
スーパースポーツの開発を競い合う、この2年間で圧倒的な性能技術と経験とノウハウを外資
系自動車メーカーは蓄積しマーケットユーザーを魅了し続けている。
しかし圧巻だ、言葉が出ない見事なバランスと塊感をかもし出すデザイン力。
すでに世界の力関係ではトヨタ、GM、など市販車生産効率などは世界に拠点を置くのは当
たり前、タイ、中国、ヨーロッパ、アメリカ、多国籍本国仕様を作りまくりとにかく売る売る
売るのなんでも車種はあります、バンからトラックからセルシオからスープラまで。
しかし近年の各自動車会社は頂点に置くシンボリックな車種は当然公道最速スーパーカー。
ベンツのマクラーレン、650馬力、アウディR8 500馬力 アルファ8C 450馬力 
ポルシェRSスパイダー 500馬力 プジョー908RC 700馬力 アストンマーティン・・
ボルボもフォードも シボレーも ルノーも BMも ジャガーも ブガッティも マセラッティ
もベントレーもランボルぎーにも フェラーリも ポルシェもみんなフラッグシップに高級路線
を超越したパーソナルクルーザー的なしつけの良いスパースポーツを君臨させている状況が見て取れる。
いずれはレクサスやインフィニティーやアキュラからもそれなりの大人の高級感溢れる
魅惑的なスーパーカーが発売されるのであろうが・・まだまだその量産市販体制までには
大分時間と研究期間がかかりそうだ。 今までのバブルのスポーツカーとは資質が違いすぎる
のだ、やれツインターボ、4WS、スーパーチャージャー、6速、18インチ、ワイドトレッド、
フルタイム四駆、可変バルブ、スポーツオートマ、今後は激動の時代に生き残る本当のプレミアム
を見抜く力を備えていくのは勿論の事、時代と共に色あせることのない洗練したデザインと隅々に
わたる誇り高い質感を持ったプレミアムの登場に日本頑張れで応援したいと思います。
今後の動向で目が放せないのは、お隣韓国の 現代自動車 年間での世界販売台数は圧倒的な伸びで
本田、日産を抜きさり顧客満足度係数もトヨタ自動車に次ぐものとまで成長著しい目が放せないメーカ
ーです。 クォリティからデザインまで、国内の自動車メーカーの開発ノウハウは全て韓国側が
勉強し追いつけ追い越せの勢いでここまで急速に成長してきた。
時期エクウスは自社製V8気筒32バルブの直噴4600CC 真っ向にレクサスと対決する姿勢で
後発モデルを投入していく。 スクープ映像ではサイドは7シリーズ似、フロントはトヨタ顔
風、室内は宇宙空間+クルーザーシート・・・なんでもありありの電子装置。
スクープ班もたじたじのバブリーな頃の過剰装備高級車・・レーダークルーズ、ハイパー
7速トランスミッショ・・調べればSクラス、レクサスとサイズはピッタンこ。
驚きはやはり 驚異的な戦略価格・・・アメリカ人は全てに対等な目線で物事を審査し
意見をまとめるので、顧客満足度数が今までの現代のラインナップでも大満足となる。
今後ヒュンダイの車種は一気にモデルチェンジを迎え、飛躍的に全ての性能等がジャンプ
アップする・・日本車の巻き返し、輸出動向が本格的に動き出す2007年になるだろう。
どんな世界でもライバルがいるから楽しいのだ。
コメント 0件  at 2006年11月22日18時22分

若旦那日記
 2006年11月16日 - 痩せるどころか・・・逆効果・・
毎日が充実してきた。
朝から晩まで忙しい。
家業も、身辺も。
客室の工事も着々と進む。
素敵な客室が出来ましたよ。
あと4日、5日で完成だと思います。
長かった・・・8月下旬からだから・・
お部屋の改築はどーんと2ヶ月もあれば
と安易に考えていたのが甘かった・・
土台となる基礎も古いし建物自体も傾いている
し、見えない部分が大変なんですよね。
私は最近太ってきているのでは・・と少し
気になっている、勿論体重計は素直に物語る。
体重が増えると体の動きが鈍くなります。
しかしおかしいなぁ朝も頑張り、昼食も張り切り
夕方も限界に挑戦し日々体に鞭打って・・・
なのになぜなんだ神様、ベルトの上にお肉が日に日に
・・何故なんだ、三時の過剰なおやつのせいなのか、
それとも夕食の慌ただしいかきこみ飯なのか、それとも
夜食のご馳走と一杯会の開催なのか・・・まさか朝食の
バイキング並みの私の作る朝食メニューの結果なのか。
全部だなこりゃ、完璧なる生活習慣になりつつあるな。
コメント 0件  at 2006年11月16日21時59分

若旦那日記
 2006年11月3日 - 快晴が続く暖かい秋です。
不思議なもので・・・7日にはカニの解禁もありお鍋の季節らしくないこの11月の暖かさ。
6日には若旦那衆で大阪駅構内でのキャンペーン事業が控えています。 
さて思うに、最近旅館のお客様の選ばれるプランの傾向は、かに以外にも色々と食べたい
との事で、かに会席コースが人気みたいです。 かにばかりではなく、但馬牛、近海の旬
のお造り、天婦羅、さざえ、あわびなど色々と少しずつ味を楽しみたいというお客様が年々増
えて来ています。 私達もお客様の時代のニーズにお答えできるよう、日々コースの料理は入
れ替え日々探求しています。
本当にこの但馬地方はありがたいことに、季節の素材が多く市場に出回り、海、山、川と
四季を通じまず食材に尽きることはありませんね。
それと館内では今客室を3部屋全面改築をしております。 もう80日ほど経ったのでしょうか
8名様部屋の1部屋はやっと完成し、が・・4名様部屋、2名様部屋は・・・こだわりすぎて・・
全然オープンにこぎつけません。〔11月7日リフレッシュオープン予定でした・・〕
大工さんはかなかな自分の持ち前の得意な彫刻や柱の組み合わせ方法や、違い棚、床の間
なんかどこの現場に入ってもだいたい決まりきった方法で、きちんと見積もりを出し、
工期の仕上がりを予定しオーナーとの交渉に入るのが当たり前だが・・家ではなんか・・
おかしいのですこの辺が。 
1、社長  がここと ここと こことをこのようにして改装して下さいと言う。
2、工務店 がいや いや いやーここはいい材料を残して、このようにしましょうよ。
3、女将  やるならやるで 徹底してこだわりを見せて下さい〔職人さん目キラキラ〕
4、職人  よーしついでにここと ここと ここも 仕上げましょう。
5、女将  やるならやるで 徹底してこだわりをもってやってください。
6、社長  しかし・・幾らかかるのやら・・こだわりすぎもほどほどにしてもらわんと。
7、工務店 しょーもない安い材料を使うなら定番でバンバンバンですぐ完成ですよ。
7、女将  やるならやるで 良い材料で徹底してこだわってください。
8、若旦那 しかし 設計を何度やり直すのですか 何時になれば 完成するのですか。
9、若女将 すごーい ステキー だんだんと風格が出てきて素敵になってるじゃなーい。
10、社長  おいー急いでくれー 11月の土曜は全て満室なんだー 急いでくれー。
11、女将  急いでもいいものは出来ませんから 気のすむようにこだわってして下さい。
12、全員  ・・・何とも話のまとまらん工事だ・・しかし幾らかかるのやら
    
とこんな風にして工期はずれにずれ・・・はぁーいつ2部屋は出来上がるのやら・・
しかも職人さんは金槌も使わず毎日毎日彫り物細工に命を懸けている姿しか見ないのだが・・
柱や、欄間、床の間の彫り物ばかりみんなしている・・しかし皆さん子供のように楽しんで
好きな様に自分達が考えているやりたかった客室を作っておられます。
なので待ち遠しいですが、出来上がるお部屋が1部屋づつ楽しみです。
出来ましたら早速ホームページにアップいたしますのでお楽しみにお待ちくださいね。
コメント 1件  at 2006年11月4日9時25分

若旦那日記
 2006年10月21日 - もうすっかり秋ですね。
あー14日、15日の 城崎温泉一大祭りの だんじり祭りも2日間共無事晴天に恵まれ
やはり心配していた怪我人は・・・多く出ましたが皆それぞれに心から楽しめた秋祭
りでした。 私の属する連中も元気さだけはいっちょーまえで、皆大きな怪我も無く
楽しい2日間を無事終えました。〔元気良すぎて内輪で喧嘩騒動アリ・・想定内〕
ちなみにこの2日間は、各連中の美人・・嫁さん連中がタップリと朝から晩までホカホカ
のご馳走を連中宿にて作って用意していてくれとてもありがたいんです。
朝は4時くらいに起きたりして飾りを付け直したり、夜は夜でくたくたになった体に
暖かいお鍋や料理を用意していてくれるのが嬉しいんですよ、祭りだぁーみたいに・・
作るほうは本当に大変ですよね、大人数の相撲部屋状態で食べさせるんですもん・・・
あーー気が付けば11月が目前に・・カニのプランや昼食の献立、ツアー会社との打ち合わせ
に、館内の部屋工事、かにのキャンペーンにかに解禁イベント出張、子供太鼓教室に、お得
意様回り出張挨拶、年賀状作り、あれや会議、これや会議の10月・・・明日は婚礼後会議・・
この寒さで風邪を気をつけなくては、ひいている場合ではない、気合の10日間。
10月を元気に乗り切り、かに本番には100万馬力で挑む予定なので、朝昼夜と走り回ってなん
とか栄光の20代の50キロ台に体重が戻らないかなーぁなんて考えたりしています。
関係ない話だが、友達が所有する03年式ダイムラージャガー、トランスミッションのトラブル
らしく買い換えると・・・言っている。
このクラスに乗り、落ち着いたデザインと飽きの来ないパッケージング、シンプルな
ドライブトレイン、2.5リットルの四駆です。
買い替え候補には、3シリーズ、フーガ、なんて言っていたので、その価格帯で私も一緒に
探しています、現行の3シリーズはリアのテールランプが好き嫌いがはっきり分かれる。
気の抜きすぎたまとまりに見えて仕方が無い・・意図的なんだろうが・・マイナーでがらり
と風格とよりスポーティーさが付きそうなのでなんとも個人的には今はお勧め出来ない・・
それと次期Cクラスの外見だが、。内装はまさにSクラスの質感とゴージャススポーティ。
そしてあまり社内で共通部品を持たないフーガだが、特別仕様なのかカタログモデルなのだか
知らないが、シルバー皮の本皮仕様やタン皮の室内はなかなか先進的でもモダンでも
あるし、前から見た新しいんだか古いんだか・・の好みの分かれるフロントデザイン
グリルの位置が中途半端なような、横の重厚感は大好きなんだが、またこれがリアに
問題あり、またまたスポーツセダンの日産お得意●の縁取りテールL字ランプ。
トランク厚がとり過ぎのせいで腰高感がスポーツをスポイルしているような感じがして
ならない・・素質のよいシャーシなのでFRでもでかいが動きはシャープだったような・・
2年前に乗ったので新鮮にそれは覚えている、車内空間も適度に狭くて心地よい感じ。
自分がそのようなセダンでお勧めはと聞かれると、シトロエンのフラッグシップ
モデルセダン〔世界一アンバランスなセダン、無機質なフロントスタイルが紙一重な
プレスラインでまとめ上げ、どの角度でも強烈なオーラを出している、特にCピラー
Dピラー周りの処理は大胆、しとやかなフロントを見てサイドに移るとびっくり、ラスト
はリアの圧巻無敵の処理センス。インパネはプリウス真っ青。攻撃に移る今後のフランス車〕
友達は押し出す個性より、知的なセンスでシンプルな中に上質な空間を好む奴なので、また
また難しい。スバル、マツダ、三菱なんかの少数効率の良い体制の会社が、どんどんミディア
ムクラスのワールドカー〔セダン2.4〜3.5ℓプレミアムコンパクト〕を発表してほしいものです。
国内には今世界に通じるグローバルなポジションのセダンが現在少ないです、アコード、カムリ
、アバンシア、ギャラン北米仕様、アバロン、アテンザ、レガシー、インスパイア、ちなみに全ての車
がコストの安い基本前輪駆動方式を採用。
リアドライブで言うと LS スカイライン Z 位がやっと世界についていっている状態。
がまったく新技術は盛り込まれず、前代のブラッシュアップにとどまる状況・・とほほ
トランスミッションの多段化なんて国内60キロ法定速度ではまず4速5速以内で十分。
セルシオの8速など・・・どうなのか正に北米ニーズ、欧州ライバルを読んだ意地の搭載メカ。
ランチャ、フィアット、ルノー、アルファーロメオ、ジャガー、GM、フォード、オペル
ビーエム、ポルシェセダン、ランボルギーニ4シーター、ボルボ、サーブ、VW、プジョー
アウディ、ヒュンダイ、とのメーカーからも来年にかけてどしどしプレミアムセダン復活宣言
をかかげてくるのは間違いない、あのポルシェでさえも、プレミアムRVを世に出し、そして
まさかのスポーツセダン・・国産勢は得意分野でより団結し、しっかりと次期モデルに開発費
がかけられるよう世界で稼いで、自信を持って新技術を世界に発表してほしいですね。
何よりも国内には世界に通用し、新しい提案をどんどんするデザイナー育成を求めますね。
イタリア勢、アメリカ勢、フランス勢、ドイツ勢、は年々大人デザインに気合入っています。
結局友人は・・熟成の域にアルある アウディー、ディスカバーリー、ビーエム、ボルボ
RVあたりに行き着きそうな予感。 まあ大人の出力、礼儀、しつらえの皆さんなのでデザイ
ンで決めて間違いないのではと思うツワモノばかりです。
最近カイエンを町内で良く見ます。 横のプレスラインはトァレグと仕様部品が同じながら微妙
な違いで、スポーティさを身にまとう様相をよくぞここまでと思える見栄えですね。
んーーー寂しいなぁ今の国産はR32は良くも悪くもオーラまみれの塊だったのに・・・
名車がなかなか生まれませんねぇ、レクサスはちなみに友達の中では話題にもなりません。
んーーーー結果は消費者の声が決めていくもの、何時までもオーラを出し続ける名車には
ISもGSもLSも守りの量産車の機械生産工程が見え隠れする車にはなり得ない感じです。
しかし今後 外見、室内、質感、乗り心地、スペース、各種運動性能、装備品、電子制御技術、
組み立て精度、メーカー職人のこだわり、周りばかり気にするグローバルカーよりも限定地域
で生まれる人間性を車の息吹に取り込み生産しているアストンマーチンやランチャなんか
コンパクトクラスでもかなわぬ色ずかいをオプションで用意し、高貴なオーラが見られます。
イタリアのローマではこれらを良く目にしました。 現地人は見向きもしませんが、観光客は
みなフラッシュの嵐でした。 スマート、プジョー、赤、黄色も多く走っていて学生やマダムが
かっこよく実用的に裏路地を小粋に走り回っていたのが印象的でした。
アルトやワゴンアールやタントやムーブとは育ちも生まれも当たり前に違うのですが
全く生活感の無い若々しいデザイン力には・・まだかないません。 レクサスさん頑張ってね。
コメント 0件  at 2006年10月23日11時30分

若旦那日記
 2006年10月5日 - 今年も無事一年のごほうび旅行が開催


毎年色々な地域に出かけ、元気とアイデアとストレス発散に旅行に出かけます。
今年はバンコク市内の市場と屋台と最新の情報を求め行ってきました。
バンコクは91年にバブル経済が破綻し、日本でも失われた10年〔経済の停滞〕
などと言われた時期を経て、今日の緩やかではあるが経済の上昇が見込める国家。
国内産業基盤を企業が切磋琢磨し、なんとか輸出を増加傾向に向かわせている所。
日本国でもリストラ、雇用制限、年金、原材料の大幅見直し、工場の移転、本部機能
の都市部からの移転、効率性、外国人労働者の雇用、ロボット化、海外生産拠点
の確保、色々と日本の経済を取り巻く環境は厳しく、環境と自然に優しい循環式
の設備を莫大な予算を計上して国民にPRしながら最新の技術を世に送り出す。
シャープの亀山工場などは宣伝にも多用されている、ここには今でも海外の研修生
は勿論、国内のトップブランドの技術の結晶だと思われ施設見学などが絶えません。
バンコク市内は、東京と同じ様に、ビジネスエリア、観光産業エリア、国家ビジ
ョンを示す今後の発展エリア、国民の憩いのエリア、工業製品産業エリア、
農耕地エリア、リバーサイド王宮周辺エリアなんかに分かれていたような・・・
1週間で隅々まで走り回るには短すぎたのですが、ビルの建築作業や、大手ゼネコン
道路の下水、スコール時の市内の排水、市内主要地下鉄網、色々考えさせられました。
まず国家間の構想の違いは勿論あるに決まっているのですが、高速道路、地下鉄、
高層ビル、市内の交通管制機能どれを見ても・・・これでいいのかなぁと思わずには
いられませんでした。
まあなんといいますか、国民の美意識の間性や基礎建築工学の基盤となる土壌も違う
ので何とも言えないのですが、これだけ市内には高層ビルが群立し、マンション等も
市内では超高層化しており、ここでも貧富の差が現れている現状がそこかしこに見え
てきます。
通学風景を見ていても英語を学べる学校と、そうでない学校とでも未来の明暗がはっ
きりと分かれますよ、とタクシー運転手が言っていたのがとても印象に残りました。
はだしで市内を走り回る子供達、一方では運転手付きで高級レストランに出入りする
家族、ゲームを持ち歩く子供、木の棒を持って川に入る子供、どちらが子供たちにと
って幼児期に必要な感性を成長させる行動なのかは解りませんが、現代の日本の子供
達が今大人になって人の生きる道を人の気持ちになって考えられる多くの引き出しを
作っていく成人になるには自然の動物と同じように、自分の身丈での行動で身に付ける
遊び風景が一番自然だと思った。
なんだかんだ言っているけど結局は一通りの観光は全てしてきました。
ニューハーフからタイ陸軍王宮警備にあたる戦車部隊まで、北部、東部までは足を
伸ばしたけれど、今回の旅行でははリゾートの南方面には一切行かなかった。
映画 戦場にかける橋 の舞台となったカンチャナブリーはミャンマーの国境に近い
この街は第二次世界大戦の記憶が多く残る街で、日本軍、連合軍40万人が145キロの
鉄道をわずか16ヶ月で完成させ、完成の暁には皮肉にも連合軍の指揮で鉄橋は爆破
破壊された労務者にとって何の為に・・・と多く考えさせられる所だ。
バンコクでの観光で便利だったのが、三輪バイクのトゥクトゥク、半日貸し切って
市内の案内をしてもらっても90円そこそこだった・・・なんだかあまりにもいい人で
悪いのでチップを100バーツ嫁と相談してから出した所・・・飛び降りで喜んでくれ
是非、私の嫁の手料理をご馳走したいから今夜来てくれと・・・人が良すぎる方でした。
しかしどこに行っても、話しをしても、ホテルのスタッフも、現地で仲良くなった人
も皆ニコニコホガラカ平和主義。
微笑みの国タイランドは本当にどこの市場も、公園でも、ライブでも、ショーでも、
デパートでも、水族館でも、活気があり、そして観光客を楽しませる色々な工夫が
ありとても元気な国でした、流石微笑み国タイに偽りなしでした。
嫁さんはちなみに今までの国で一番大好きな国民のようでした。
タイはまたルビーの輸出量世界一、デザインはとても際立った個性で見ているだけで
王朝の国なデザインだなぁーと関心しました。
ちなみに現地は日本で買うジュエリーの半額以下です。
買ってみる価値はアリでは、似たり寄ったりの日本のデザインより3倍は価値アリです。
〔デザインの個性と洗練度が違いすぎです、時代の先を読んだセレブで重厚感なセンス〕
ここで嫁さんは目つきが凶変し・・2種類の宝物を手にしてしまったのであった・・・
現地の寺院で知り合いになった在日日本人の紹介でタイ政府のルビー発掘場直属の宝石
店を紹介していただき、現地にて購入したルビーは、この5日間が195パーセントの
税金が国外に持ち出すに税金が一切かからない日だから今はとても買いだよと、親
身に教えてていただきました。〔奥さんの家元が宝石貿易をしているみたいでした〕
それはなんと、国内の大手ジュエリー会社への売買が可能な証明書付きで購入する事に
・・・いいんだろうかこんなことを知ってしまって、例えば今持ち出し0税金課税だと
普通の購入バイヤーよりも素人の私がとんでもない価格で現地価格で買うことになり
日本でその金額で買おうものならとんでもない価格差になってしまう。
実は・・・その現地の日本人の方はこの時期の数日間の税金0政策期間にまとめて
宝石を買い、日本の●●店でタイ政府の証明書を見せ、日本現地価格で100パーセント
でまず買い取っていたたくとの事。
年に1度日本に帰る資金も1月の生活費も全てこの制度を知っていたからみたいです。
ちなみに私達はいいものだからつい購入しただけで、けっして●●店に倍の価格で
買い取ってもらうなんて、さらさら・・・ないのです今は。
ちなみに何十万もしたルビーなど全てカルチェデザインで素晴らしい気品です。
おばあさまになってもずーっと使える宝物に出会えて本当に良かったです。
ちなみに私のお土産はなにもなし、バンコクの新国際空港のめちゃくちゅゃな込み合い
でなーんにも買う時間も見る時間も・・・くっそー深夜の1時30分にやっと1時間30分
遅れで離陸したくらいです、深夜のクセに世界中の報道カメラ中継者から世界一の管制塔
素晴らしくシステム化された最新鋭の空港なのはわかったのですが、深夜に5万人ですよ
この空港はどうなっていんの、ブランドショップ、バー、レストラン、桁違いのスケール
でした。
コメント 0件  at 2006年10月5日21時55分

若旦那日記
 2006年9月19日 - 若の車はもう6年乗っている愛車。
2度目の車検が8月にやってきた・・・・もう6年乗っていたのだ。
気が付けばハリヤーかブレイザーも候補にあがっていたあの時・・
クルーガーを見て、試乗して即決であった。
室内長、室内幅、カーゴ、室内高、ホイルベース長、装備品、
ハンドリング、フルタイム、排気量、車格、価格、ドンぴしゃり
だった。
そしてだんだんと月日が経ち、ハリアーなども車格が上級シフト
して今では排気量3.500、33.00hbと余裕の運動性能を歌うスポーツ
性能を身に付けている、人間はどん欲なものです、改めて思う。
最初は出力220馬力が おーこんなにトルクがあるのか雪道が楽しく
なるほどに操縦性能が安定していて、さすが4駆思って感動していた
のに、時代は目まぐるしく4駆の進化を推し進めている。
前後左右の独立したタイヤの出力を路面状況に応じコーナースピード
を抑制したり、後輪寄りの駆動設定にしたり、プロドライブに近づける
グラベル、ターンマック、等のクイックなハンドリングに制御し前輪
左右のタイヤ回転を早めたりし旋回能力を限界近くまで発揮させる制御
はもう4年ほど昔には実用化されているし、今後もっとも気になるメカ
が 車輪内独立式高出力動力制御モーターだ。
実用化は来年か再来年は間違いないだろう、一昨年のモーターショーにも
出品、車載された状態で自走行を済ませている車両があった。
例えばフロントに大きな排気量のエンジンを載せ、フルタイム四駆のような
大きくて重いドライブシャフト等の昔の固定観念は一切なく、室内にセンター
トンネルの出っ張りも一切なく、重くて大きなミッションも必要なく・・・
車高もむやみに上げず、衝突エネルギーの事を考えて見合った車重と高性能
シャシーの組み合わせでは、他の車種との幣合成がなく採算が回収出来ない
効率の悪さとなるが、インホイールモーターだと在存するシャーシ改良で十分
に対応出来る効率の良い高出力ハイブリットシステムが登場する。
量産までは、ニューパジェロか後期モデルに追加投入するのか・・・
軽のアイのフロントに搭載するのかはまだ未知、アウトランダーあたりのミデ
ィアムクラスは軽量でかつ販売も見込めるので最初は50万アップあたりでの
発表なら歓迎だ。
なんしかこのインホイールモーター内蔵のパッケージングはフィットどころの
合理性どころの話題ではない、これこそ未来の四駆の理想の合理性を秘めた
21世紀の天才発明になるのだろう、一気に7年間のブランクを吹っ飛ばす進化
と深化をかね合わせた車が発表されるのだろう。
買い替えの車はしばし様子を見ながら発表を待つのがいいと思う、四駆の時代が
一気に革命を起こしかねない理由をこのシステムが世界に見せ付けそうだ。
コメント 0件  at 2006年9月19日11時27分

若旦那日記
 2006年9月11日 - アフリカ青年国際交流会パーティ
何のこっちゃのタイトルですね。
色々と和太鼓をしていると多方面で出演依頼がかかります。
万博、祭り、前座、オープニング、太鼓教室、宴会、キャンーペン
イベント、花火、などなど・・・・もう忘れた。
昨日は隣町でアフリカの青年のさよならパーティーの出演依頼があり
みんなで楽しんで演奏してきました。〔但馬ステイ イン 日高〕
リズム本場の王国アフリカの若者達を前に〔会場は120名ほど〕演奏
するのは何だか・・・気が引けるような・・・しかし見せ付けてやる的
に思える様な・・・摩訶不思議な心境・・・ジャンベの演奏なんかした
日には、皆総立ちで飛び跳ねて民族踊りをしだしそうな雰囲気の青年達。
そして凄い民族衣装の青年もいたり、香水ぷんぷんの女性、会場は今までとは
全く違った空気、司会者の方も勿論英会話進行、私にはサッパリ!!??
夕食を交えた着席パーティー形式で、演目も、お琴、太鼓、尺八、アフリカ
マル秘ショー、など楽しいパーティーでしたよ。
しかし、女性の髪形の個性的なのにはびっくりしましたね、みんな見たことの無い
ヘアースタイル、個性なんて言葉が安っぽく感じるほどの独創性、真似しようにも
日本顔では似合わないし・・体つきなど総合的に見て、あーーうまい組み合わせで
服装も合しているんだなぁーと感心した。
太鼓ショーは全開の15分だったが、内容は1時間位の充実感に思えた疲労感だった。
アフリカ青年は、病院施設などを見周り続けるそうで、神戸や明石などの国立
病院などにも視察研修して帰られるみたいです。
高度な医療器械を見たり聞いたりしても・・・自分達の国ににはそれが無いし
その医療機器は必要ないし、など質問等があるのかも知れない、反対になんと効率的
な総合システム病院なんだ、とか患者の搬入から手術室までのノンストップでカルテ
を作成し医師の確認作業を少しでも省きスピーデーに治療にかかることの出来る、救急
ドクターカーの搬送先リアルタイムカルテリンクシステム日々の進歩や、伝染病患者の
搬出の際の空気伝染完全隔離ベット担架&空気清浄機付き隔離車椅子。
まあ色々日本の医療備品など面白いものがありますよね、困難に立ちはだかった時に
人は全力で進歩するのかなぁ・・災害や震災の後の街づくりは目を見張るほどの進歩
が見られますよね、神戸でも埋め立て地でも、山際のマンションでも、日本が誇れる
建築耐震性を世界にアピールして欲しいですね、凄いですもん実験施設でも、1分の1の
スケールモデルマンションを格納庫に造ったりして、各種Gセンサーで強度を測定する
施設なんて世界になかなか無いんですよ、流石地震大国。あっぱれ。
まあ、せっかく日本に長期滞在するんだから、来日した理由もそうであるように、何
でも凄い、これだぁー、なんて物は多く盗んで帰って欲しいですね。
アフリカは大部分がまだまだ開発、発展途上国、経済後進国、ですので青年達の目は
必死です、ギラギラです、目が真っ黒です、肌も深黒です〔関係無し〕よって真剣心
ビンビンです。
私が個人的な立場で教えてあげられる事となれば・・・・川魚の弱らせない取り方のコ
ツぐらいくらいです、いやーこれは意外と大切な事ですぞ、支援をするにしても食料を
支援する事は一瞬で、どの国にでもすぐに出来ること。
しかし現地の人間は、魚、肉、米、水もいいが、それらを永遠に作る、飼育していく
技術を教えてくれる指導員を派遣してくれたりして人材教育を伝授してくれのほうが
大切なのだろう。 とふと思った。いやずーっと思った。
コメント 0件  at 2006年9月11日10時55分

若旦那日記
 2006年9月6日 - 夏のごほうびに・・・
忙しい夏も過ぎ去り、一息つく9月、バタバタの生活から解放され
やっと生活らしい生活が戻ってきた感じのする9月。
何とか時間を調整してスカーッと恒例の旅行に出かけようと準備をしてい
るのだが・・・またまた忙しいスケジュールが日に日に詰まってきて・・
やばい 決断が遅れれば一年のお楽しみ旅行が流れてしまう、迷う時間が
ない、今すぐにでも申し込みし行き先を決めねば、流れ流されフーラフ
今年の旅行は亜熱帯地域に行きたいなぁ、生命力、活力、活気の漲るアジア
周遊の旅・・・私は何時も変なものばかり気になり食べるので嫁が嫌がります
、強烈にえぐい深海魚料理、えたいの知れない魚介の造り、謎の調理法で食べる
地元密着伝統料理、理解不能な備蓄料理、何でも知りたいししっときたいのです。
国境線の無い本国なので海外に行くと内戦、紛争、国境付近、戦争の傷跡、色々
見て聞いてそうなった経緯が知りたいんです、破壊されたままの鉄橋、地雷のある
海水浴場、放置してある兵器の森、多くの魂が泣いている様な空気がそこにはある。
まあ負の遺産も知るにはいいんだけど、元気を付けるには人間の源となる空気、水
食材やフルーツが美味しくて、人間が綺麗で温厚な地域がいいですよね。
そして歴史的建造物や王朝や遺跡なんかあればなお最高です、時期的に雨季なエリア
も多いですし、よくよく調べて行かないと制限されて遊べませんよね。
贅沢な旅行は出来ないけどゆっくりと滞在して海や山でも遊べたらいいなーと思います。
そして一番の目的は、商売のヒントとアイデァを盗みまくる事、今の時代旅館でも
アロマ、バリエステ、タイ式マッサージ、ローマ風呂、各種サウナ、バイキング方式
、韓国式エステ、プライベートビーチ、ディナーショー、足ツボ、まあこの10年で
施設の娯楽もこのようなアジアに目を向けた癒しの施設に変わり時代と共に変化して
きています、旅館ではプライベート風呂の貸切は勿論の時代、この先10年はどの様な
流行が到来し、そして一過性の流行で過ぎ去るのか、定着していくものなのか、衛生的
にはクリアできるのか、色々な可能性のある時代の流行をよくよく考え読み取りいち早く
計画段階に持ち込み投入していく難しさは楽しい反面リスクが大きく、とても時代の
マーケティングをサーチしている人でも国民性である、流されやすい部分、も考慮し
リアルタイムに気流に乗らず、様子を見ながら後だし トヨタ流儀 になってしまう
嫁さんには悪いが、そのような腹で旅行の主旨を考えている私を許したまえ・・・
しかし旅館の部屋を今月は3部屋全面改築をしているが、あたりきしゃりきの純日本
建築の基礎に添った造りで、いかに利用者にリラックスしてもらうのかを考えた設計
をしています、今回は私の今までの日本旅館写真コレクションの中から一枚1点づつ
良い所を切り出し大工と話し合い部屋の間取りと床の間天井、茶室の良い所取りをして
客室を創りあげています。 まだ40日ほどはまだかかりますがとても素敵な和室が出来
そうです。
コメント 0件  at 2006年9月6日16時46分

若旦那日記
 2006年8月17日 - 20日過ぎまで大賑わい続く・・・・
お盆が終わり少し街に落ち着きが戻る・・・どころか毎日満員の宿が
多い城崎温泉。 ほとんどが家族的な経営形態の懐かしさ溢れる温泉地
森津屋は丁度中心街のど真ん中。 夜になると車が通れないほどのお客様
で活気づき下駄の音が街中に響き渡る。 玄関先の川魚すくいにも毎年来
られている家族連れの皆様は、これを楽しみに子供がいくいくと・・・
あー今年もやっていて良かった!!
私にとってこれほどに嬉しい言葉はないですね、子供達は昆虫や川の生き物
達に真剣勝負、目を輝かせて生き生きと楽しんでいる姿に、あーーこれを考え
てやっててホントよかったなぁーと思う。
何度も網が破れても、考えて挑戦する姿勢がいつか大人になっても役に立つ
精神を鍛えるのかなぁなんて・・・すぐあきらめる子や、泣いて悔しがる子や
親と一緒に採り方を考える子、乱暴に取り乱す子、じっとゆっくりと優しく
扱う子、ほんとに小さな小さな頃から性格が出来てしまうんですね。
私もいい勉強を何時もさせていただいています。
一つ困り事が・・私しかこの水槽を管理出切る者がいないのが困っています。
一日3回の掃除、水変え、温度調整、水質管理、生き物の体調、なかなか人任せ
には出来ないものですから、あーいつまで出来るのかなぁー毎年忙しくなっていく
夏休み期間、ほんと体力勝負ですからね、仕事以外の趣味なので。
ちなみに親も合わせると毎晩300名様位のお客様が珍しい水槽を見ていかれたり
遊んでいかれたりします。
40日間の夏の期間で12.000人・・・いやいやそれはおおげさ。
まあなんでも子供の楽しい場所は必要です。
親も童心に返り楽しんでくれたらもっと嬉しいですね。
コメント 0件  at 2006年8月17日14時33分

若旦那日記
 2006年8月9日 - 但馬の水生昆虫を通しての学習。
なかなか忙しい夏のこの時期、少しの暇を見つけては、近くの田んぼの用水路周辺
を歩くのが習慣となっている。 この間はなんと久しぶり〔20年ぶりれ位〕に田んぼの
用水路で たいこうち を発見、たがめをスリムにしたような体型なのだが、子供には
大人気の絶滅種である。 捕まえた時もやはり魚を捕まえて体液を吸っていた。
尾っぽの呼吸管を水面に出し独特の姿勢で狩をする。 目つきも鋭くなんだか戦闘機の
様な戦うオーラが出ている。 玄関先の生態系の水槽も賑やかになり、沢蟹達も楽しそ
うに岩に隠れたり、餌を食べたりして自然の姿が見られます。
人間でもそうですが、子供の頃は何にでも興味を持ち走り回り、失敗したり、けがをし
たり色々な経験を通し学習して行きます、しかし大人になると行動も落ち着き、何が
敵か、見方かは勿論、物事の判断をすばやく行い、無駄な動きさえ見せませんよね。
子供を守り見守る姿勢は動物の方に見習う所が多いいです。 人間がもっと見習わなけ
れば行けない当たり前の親としての姿勢。 何だかんだと理由をつけて言い訳をする
事件が多い世の中、自分だけがなんて思う自己中心的な残虐な行為。 他人の命を身勝
手に奪い、自分が這い上がる為には手段を選ばない様な事件が余りにも多く、人間同士
が信頼しあい強調しあう思いやり精神を心に持つことを、この水槽を見て感じてくれたら
置いたかいがあったのかなぁと思います。
さあ、今夜の太鼓ショーに向けて今から練習です、汗をたくさんかいてきますね。
しかし連日暑いですよ、35度の猛暑が続いています。
コメント 0件  at 2006年8月9日10時20分

若旦那日記
 2006年8月5日 - 花火打ち上げ現場。
昨日は朝から港で火薬と筒と弾薬の積み込み・・・
といっても 花火の玉ですが、凄いのですこれがまた。
30センチの筒を30本、しっかりと台船にくくりつけ火薬
の入った筒と、爆発反応火薬の付いた玉をロープを使い
そろそろと挿入・・・1メートル50センチの長さの筒で
上空250メートルまで打ち上げ、上昇が座った所で綺麗に
炸裂させる、それが理想だそうですよ。
今年は台船も出して初めての河川上打ち上げ花火なので
みんな設営には緊張ピーンです。
設営をしだして5時間、電気点火装置を配線完了し風雨の
対処も万全、点火操作装置を配置し準備完了。
さあいざ港を出港だ、タグボートに引かれ30分、打ち上げ
現場座標地点到着、警備船も来ている、緊張が高ぶるぶる。
いよいよ時間となる5分前、4分前・・・10秒前、1、0、
ボンーーーーー、ボンーーーーーーボンーーーーー、
体にカメハメ波を打ち込まれたように、振動と波動と音
が一気に体を突き抜ける。
今までに経験した、3号、4号、スターマイン等の耳の痛くなる
様な甲高い音とはまったく違う、あれは、筒の音はカーン、
カーン、といった高い音域の様だったと思うのだが、なんせ
耳の横で筒からポンポン天に飛んでいくのだから、まあお見事
右へ左へ真っ直ぐに色々回転も計算させて炸裂煙をうまくよけて
切れてに見せているように見えた。
しかし、8号玉、一尺玉は価格も凄いが、炸裂パターンの多さに
驚きます、まあそれだけ玉が大きいんだから、工夫も色々だ。
今年の ふるさと祭りはイベント全てが大成功で、例年より
多くの観光客、近隣のお客さんが来られていたように思いました。
打ち上げは、またまた・・・挨拶一気、元気な一気でみんな有頂天
を向かえ、来年も頑張るぞーコールでチャンチャン。
その後私は後輩に引き込まれ・・・3時過ぎ、よく家にたどり着いた
と・・・私の家は山の上にあるので、酔うとしんどいのです階段が・
しかし朝から熱い一日で、真っ黒くろすけになってしまい、お風呂
ヒリヒリ状態な現状です。
さあ今日は 秋祭りの連中寄り合い の日なので行かねばぁぁ。
コメント 0件  at 2006年8月5日21時23分

若旦那日記
 2006年8月2日 - 湯煙太鼓の演奏だ。
もうかれこれ8年くらいになるのかなぁ 城崎に帰り9年目
すぐに和太鼓チームに入会したんだよなぁ・・今日までを
振り返るとあっという間の8年だったなぁぁ。
万博、学校、福祉施設、祭り、イベント多々、コンサート、
近隣の祭りにお呼ばれ、婚礼、外湯オープン記念、太鼓教室
、他の太鼓とのセッション、各種大会オープニング、テレビ撮影
、思い起こせば色々楽しかったなぁぁ 色々有名な太鼓チームの
コンサートを見に行ったり、太鼓備品を揃えていったり、今日まで
の太鼓の歴史は楽しかった思い出ばかりでした。
今日もお子様やお客様に見ていただいた演奏を4曲ほどしてきました。
いったい今出来る曲は何曲あるのかなぁ・・・10曲以上は覚えている
けれど、忘れている曲も多いいだろうなぁ・・・
継続は力なり、あきらめたりやめるのは簡単ですが、踏ん張って頑張り
続ける姿勢が大切だと思います。
何事にもあきらめず辛抱を体で覚え、精神を鍛えられるいいチームに
はいったなぁ と改めて感謝しています。
夏は5回の演奏会があります、そして4日は やってきました ふるさと
祭りです。    夏の13回の花火大会でももっとも大きい花火大会です。
頑張って裏方後方支援をしていきたいと思っています。
コメント 0件  at 2006年8月2日22時48分

若旦那日記
 2006年7月27日 - 梅雨があけましたよ。
ようやく天候が安定してきたようだ。
晴天も突き抜ける青さ、セミ達の嬉しそうな声、川には沢山の
小魚達が泳ぎ回り、楽しい元気な生命力溢れる『夏』が始動した。
明日は城崎の若旦那衆で、近隣の自然界に生息する、珍しい植物
や生態観測など5時間かけて、道先案内人の下歩いてきます。
熱いんだろうなぁ明日は・・・コウノトリの里公園にてお昼弁当
の予定なので、なんだかウキウキ楽しい観測日になりそうです。
コメント 0件  at 2006年7月27日22時52分

若旦那日記
 2006年7月17日 - よくやく梅雨入りの気配。
15日の深夜から降り出した雨は今朝も断続的に降り続き
ようやくだが、梅雨らしい天候が続いている。
山も川も海も命の洗濯をしているように思えます。
お客様には足元も悪くいやな天候ですが、これが自然界の
ルール、まとまった雨は最高に大切なんです。
そのおかげで一気に涼しくなり、蒸し蒸ししたこれまでとは
違い、非常に夜も快適なんです。
今夜は少しお客様も落ち着き、ちょいと夫婦でおよばれしてきます。
先輩のおごりなので甘えさせていただきます。
・・・しかし8時からは夏祭りの会議・・・・あまり飲めない・・・
あーなんのこっちゃ あーぁ忙しい生活から何時になれば解放される
のやら・・しかしもう慣れましたが。
午後からは花火大会の寄付金周りにいってきーましょ。
沢山の皆様の支援があってこそ大きなお祭りが出切るのですから
一生懸命に歩いてきます。〔痩せるのが目的であるから悲しい〕
コメント 1件  at 2006年7月17日12時30分

若旦那日記
 2006年7月14日 - 雨不足深刻です。
今日はとうとう・・・気温が35度を越えたらしい。
明日も35度近く気温は上昇・・・ありえない梅雨時期だ。
作物、自然界の繁殖時期にこの空梅雨はいかがなものか
溝の水路もカラカラ、山も、緑もカラカラ・・・・頭もフラフラ
この時期にも関わらず水温もどんどん上昇し、生き物達の五感を狂わせて
しまわないのかがとても心配です。 
何事にも自由で勝手きままな人間でも、この時期の雨不足に参っているのに
自由のない厳しい環境に生きる神の恵みで生きる生き物は、水も草もかれた
この状況で今日明日が生きていけるのか心配だ。

さぁーてと 明日から連休ですね、この日をスタートに夏休み週間に突入
します。 
私達もこの連日連夜の暑さに負けず厳しくなる夏を乗り切りたいものです。
あーあ まとまった雨がほしーよーぉ せめて夜中にでもザーザー降ってくれ
町内に流れる大谷川の水深が気になる私でした・・・・現在5センチくらい。
こないだ 田んぼのあぜ道を歩いて、生態観測をしていたら・・・大きな緑
亀、ヌートリア、アメリカザリガニ、ウジャウジャ日中に大移動中していました。
困ったものです・・・外国産の生き物ばかり元気に動き回る田んぼ。

んーーーーーー何とかしなくてはこの現状を カブト虫もいずれはこのようになら
ねばいいが、最近は大型昆虫カブト虫が大流行、未知の微生物や菌が多くすむ外国
の昆虫達、流行のあとには必ず、野放しにされる例のニュースが・・心配だ。

何年後には多分、日本のカブト虫は全て養殖物しか見られなくなるような気がして
ならない、なにせ世界のジャングルで鍛えられた、筋力、精神力、体力、防衛本能
は二桁違う、恐ろしいほどの生命力に満ち溢れている。
おれは 昆虫マニアかっ 本業は旅館経営者だぞ!!!
コメント 0件  at 2006年7月14日20時59分

若旦那日記
 2006年7月5日 - 大阪キャラバンに行って来ました。
3日、4日と大変好天に恵まれ、皆で大阪キャラバンをチームで行って来ました。
若い皆で行ってきたので、当日は準備も入れ7時間以上の長丁場となりました。
大阪駅内はバーゲン期間中もあり、カップルや親子も多く見られとてもイベントも
盛況でした、コウノトリの縫いぐるみ班、クイズで宿泊券プレゼント、ガラガラ
抽選豪華景品プレゼント、特設麦わら細工で作る携帯ストラップ、周辺観光施設
説明コーナーと、盛りだくさんのイベント開催でした。
2日間のイベントは初体験でしたが、7月からのお客様へのプレゼンも兼ねてのイベ
ントだったので、夏の好感触を肌で感じ実感して帰ってまいりました。
25名での部隊で挑んだ今回のキャラバンは、期待の若手選手が先導し、見事なチーム
ワークで部隊を動かせていた姿に感動もしました・・若さは行動力、発想、アイディ
ア、留まる所を知りません、んーーーー若いって素晴らしい事なんです。
改めて私の9年前に帰ってきて、必死に先輩を説得し、動き走り回っていたあの頃を
思い出したりしてしまいました。〔勝手に自分を美化するキモイ旦那である〕
コメント 0件  at 2006年7月5日16時57分

若旦那日記
 2006年6月30日 - やっとこさ梅雨入りだぁ。
待ちに待ったまとまった雨だ、やっと梅雨らしい天候になってきた。
昨日までは暑いの何の、毎日毎日カラカラ天気で田んぼの水もカラカラ
状態、水深の無い状態で泳ぎ回る魚達を沢山救ってきました。 
亀も、ザリガニも、ナマズも、ヌートリアも、水が無く熱い日中から
コンクリート状態になったカラカラ田んぼを歩き回っていました。
こんな状況は私も初めて目にする光景で、自然界が狂うと色々な所が狂
ってくるんだなぁとつくづく感じましたよ。
生態系にまで関わってくる一大事、可愛そうだが何とも出来ないし・・・
さて、先週は婚礼ラッシュで、嬉しい報告を沢山いただきました、今週から
来週に掛けては、太鼓教室や、下駄供養、大阪若旦那キャンペーン事業も
続々あり、夏休みのイベントスタートまでの期間、まだまだ事業が続きま
す、今年の8月4日の ふるさと祭りでは、城崎では初となる、河川上から打
ち上げる台船を使用しての花火を計画しています。
どう見えるのか今からとても楽しみです、手続きが・・・ややこしんですこの
手の申請は、運搬、河川法、警備計画など、知らないことずくし。
あぁーあ またあっという間に夏だよぉ 5月も6月もなんだぁってくらい忙し
かったので、今思うとありゃまあ もう7月なのね という感覚です。
さあてと 下駄の供養準備をしましょう、一年のお客様への感謝を込め、古い
下駄は供養し、新下駄を奉納板に飾り願いを込めましょう。
コメント 0件  at 2006年6月30日9時42分

若旦那日記
 2006年6月20日 - 梅雨入りらしいが・・・
んーーーーん
全くと言っていいほど、雨量がない。
ここ一週間以上雨も無い・・・おかげでコウノトリが舞い降りて
一躍有名になった休耕田も・・・湖が枯れはててしまった・・・
ナマズ、こい、フナ、めだか、ハァーッ今まで楽しく泳ぎ回っていた
湖が消えてしまい・・・昨日見に行った時は、こいなどの大型の魚は
背びれが全て見えていて、必死に泳ぎまわり、水を探していた・・
私は見かねて、長靴を取りに帰り、アミとバケツを持ち嫁さんと救出に
向かった、ほとんどの魚達はあお向けになっていたが、めだかなど小さな
魚達はなんとか水深に余裕があったため助け出すことが出来た。
この時の日中の気温は31度、水温も20度以上はあり、温泉状態での作業だった。
予報では22日位からまとまった雨になり、ようやく梅雨らしい気候になるらしい
早く今までの様に降る時は降る、晴れるときは晴れるみたいに、はっきりとして
欲しい時期なんです。
しかし少ない命だけど救えて良かったですよ。玄関の水槽で皆楽しそうにスイスイ
泳いでしますよ。
コメント 0件  at 2006年6月20日21時13分

若旦那日記
 2006年6月5日 - よさこい祭り無事終了。
6月3日土曜日、第7回の城崎温泉よさこい祭りが、晴天に恵まれ開催されました。
60チームくらい来られていたようで、街は踊り子達の熱気、情熱に包まれ活気に
満ちた1日でした。  夜は10時まで開催されていた為、表彰式の後、総踊りで
終了となり、外湯の営業時間である、夜11時に間に合わせる為、みんな慌てて
宿に帰ったり、着替えてメイクを落としたりして外湯に駆け込んでいました。
4日はあやめ祭りで、町の花であるあやめが街中に・・この日のイベントも地元
バンドの出演で、懐かしいメロディーを演奏し舞台が大変盛り上がっていました。
コメント 0件  at 2006年6月10日22時12分

若旦那日記
 2006年5月26日 - 福岡ダイエーホークス球場視察
今年の青年部親睦旅行で、ダイエーホークス球場のバックヤードツアーを
体験してきた、ベンチ裏、投球練習場、など普段私達が目にする事の無い
裏の情報を見学してきた、又埠頭での素晴らしい景色の広がる博多湾船上
ランチコースも体験し、キャナルシティ内のグランドハイアットのグランド
バーラウンジも演出が素晴らしくとても気分良く飲めました。
夜は、やはり博多の屋台・・なんじゃこの品は・・有明海の二枚貝・・焼き
魚も明太子入り・・不思議な未知のメニューが・・た、た、楽しすぎる。
橋の上では、ダンスやファイヤーショーもあり、地元の若手が芸を磨いていた
ジャンベや筒を持ち寄り、不思議なダンス・・
食べ物屋台以外では、うなぎ釣りをしていた・・その場で焼いてくれる・・
水深5センチ程の水槽には、うなぎがウジャウジャ、気持ち悪くてしなかったが。
41名の部員がより親睦を深め、楽しく何よりも天気に恵まれた2日間だった。
コメント 0件  at 2006年5月26日10時14分

若旦那日記
 2006年5月23日 - 18年度北但大震災大規模訓練
朝6時半に起床、7時過ぎ消防車両倉庫集合、8時震災訓練開始。
今年の訓練も例年通り実際起こりうる災害状況を総合的に判断
し、訓練が行われた。 
河川に土砂崩れの被害で流されたであろう家屋が浮かんでいる・・
瓦礫と共に崩れ落ちた家屋が建材で埋まり、中では助けを待つ
市民が・・特別救助隊、自衛隊、消防、総合での訓練は統制を
管理指揮することが大切になる、この訓練でも指揮者の状況判断と
現場での実働部隊の矛盾もあったり、大変に困難で法律の壁が多く
あったり、被災者への救済や非常食の配給、仮設住居用の土地の敏
速な設営体制、今後起こりうる災害に対しいつ何時来るか解らぬ
災害に私自信備えて生きたいと思った。
コメント 0件  at 2006年5月23日17時45分

若旦那日記
 2006年5月20日 - 体調管理は万全に。
やばい・・完全に風邪をひいたみたいだ。
2日前の祭りの打ち上げ飲み会くらいかな、連日の忙しさに
とうとう体が追い着いていて来なくなったみたいだ。
困ったなぁ熱もあるし喉は痛いし鼻水ずるずる。
明日は、いよいよ町民運動会、責任重大だぞーこりゃ。
重症状態でいくわけには行かない、さあ今日は早く寝るぞ。
いやいやーチャングムは見なくては・・・困ったなぁぁ。
私だけはまってるから・・みんなは寝ているのに・・
コメント 0件  at 2006年5月20日21時11分

若旦那日記
 2006年5月16日 - 多忙すぎる毎日・・・なんてこったい。
なぜ・・・暇なこの時期・・・体はくたくたなのか。〔ご老体〕
なぜ・・・城崎の旅館は・・・こんな休館が多いのか。 〔秘密〕
なぜ・・・隠し貯金残が・・・減っていくのか。〔笑い〕
なぜ・・・体脂肪率等が・・・増え続けるのか。〔外食〕
なぜ・・・5月に各旅行が・・・かたまるのか。〔昔から〕
なぜ・・・何時からだろう・・・4月5月6月の閑散期対策の打開。
あーぁ またまた ぐちぐち書いてしまう・・困ったものです。
家業はこの時期ゴールデンウイークが終わったと同時に、しばし
ゆっくりとした毎日を過ごすのですが・・・逆に家族はこの時期に
攻撃的、積極的、精力的に町内行事、趣味、イベント事、個人旅行、
キャンペーン、二世会事業、勉強会、青年部旅行、二世会旅行、消防旅行
町民運動会、従業員旅行、コーラス、着付け教室、茶道、お花と毎日皆そ
れぞれに時間がフルスピードで過ぎ去る月なのです。
〔城崎の商売をしている家では普通の普通の5月だと思う〕
お金も使い果たし・・体力も限界・・家業も気になるが・・色々と仕事に
趣味に両立が可能であるはずの5月が・・計画的余裕を作らなければ行けな
いはずの5月・・が・・自己スケジュールのハードさに流され流され、トホホ
6月からは結婚式のラッシュ・・そして旅行後半戦。
まずは6月3日の よさこい祭りに照準を合わせ体調を万全に整えなくては。
と言っても、雑踏警備などだが〔もうこの腹では踊れない〕
昔は、若旦那連として出場していたが、はっきり言って 勢いとはったりの
踊りだった・・・狂って叫んで飲んで踊り間違えて・・それはもう楽しかった。
さあ今夜は、昔々のアルバムでも見て過去の栄冠を楽しむとしよう。
〔4年前の写真では綺麗に腹筋が縦にボコボコ割れていたが・今は横にプヨ・・〕
アルバムを見ると言っても、すぐうとうと寝てしまうんだけど。
コメント 0件  at 2006年5月16日20時56分

若旦那日記
 2006年5月5日 - ゴールデンウイークの賑わい続く。
城崎温泉は先月の29日の土曜日から5月6日までの8日間、大変な賑わいです。
毎日毎日町内は溢れんばかりのお客様・・・竹野にお泊りの方、津居山の民宿
からのお客様、皆さん城崎温泉の外湯巡りにお越しになられます。
夜も毎日のように下駄の音が、カランコロンカランコロンと街に響いていて、と
ても温泉街らしい情緒を感じる風景がここにはあります。
近頃は若いカップルの方がほんと多いいですねぇ 楽しそうに歩いている姿を見れば
あー城崎で商売をさせていただいている今、改めて自分は幸せ者だなぁーと感じます。
さあ、最終6日の明日のお客様を迎えまして、ひとまず大型連休は終わりそうです。
みんなくたくたになっても、毎日が楽しく充実して過ぎていくこの時こそ、この商売を
していて、いいなぁぁぁーこの仕事やっていて本当に良かった・・・と実感します。
お客様からのお礼の手紙や、感激のメールなどもとっても励みになりますよね。
スタッフ一同で読ませていただいたり、改めてお客様の顔を思い出したりします。
さあ、8日からは、旅館の若旦那衆で神戸空港まで出向き、城崎温泉夏のPRキャラ
バンを行います。
空港内は勿論の事、三宮駅周辺でも班に分かれPR活動を行う予定です、天候が
心配ですが精一杯空港では、未知のお客様開拓もそうですが、関東方面の大きな
マーケットもにらみ頑張って、城崎温泉ここにあり、を宣伝してきます。
勿論食材は、本場但馬牛、海の幸、になりますのでパンフレットを沢山配布して
より多くのお客様に見て知って納得して、城崎に来ていただきたいと思っています。
しかし・・・関西圏の旅行に出かけられるお客様は、ほとんど皆さん城崎温泉は知
っていると思いますけど・・ね・・来ていただくきっかけ作り、イベント情報など
多くの情報をより早く、観光協会や旅館組合などにもより協力していただき、早め
早めの情報開示をすることが、集客に直結するのかなぁ・・・今はほんとインターネ
ット経由で宿手配や宿情報、地域情報を収集してこられていますからね。
時代の気流に乗り、先見の目を養い、有言実行であり、お客様の傾向と動向を逐一観察
し、本来持つべき旅館若旦那の精神を養い、若き頃より向上心を持ち続け、お客様
の求めるスタイルを追求し続け、苦労を楽しみ、日々努力前進していきたいですね。
コメント 0件  at 2006年5月5日22時47分

若旦那日記
 2006年4月26日 - 今後の動向は・・・・流行は・・。
またまた久しぶりーぃ のブログですね。
温泉まつりも無事終わり、ふぅぅぅーっ パワー全力全開
フル稼働の一日でした。
新入会員も含め、54人くらいかなぁ城崎温泉の若者力がます
ます増えて何をするにもほんと頼もしい限りです。
もつかの間 昨日は大阪行きでした。
雑誌編集社に出向き、城崎の夏期対策事業『夏祭りイベント企画』
の案件を、紙面で説明に上がりました。
今年の7月20日〜8月29日までの毎日のイベントスケジュールが出来
上がったので、これをもっての売り込みで大変好印象でした。
こうして早めに早めに売り込みますと、特集等を組まれる場合も大変
助かるんですよね、紙面の早めの編集や、夏の見出しなど企画ものが
大変スピーディーに進み、6月号発行にも色々対応出来るからですよね。
あー明日は 旅館組合の総会があるんだ、大変だぞこりゃ 結婚式のス
ピーチも・・・・間に合わん、こりゃ大変だ!!!
消防旅行の、計画書もまだだし、行く場所に何があるのかも調べなくては
・・どうするーアイフルーみたいに気楽に考えてはいられないのだ。

それと大阪に昨日行った時に・・・・ナント車のトラブルが発生したのです。
高速走行時に、なんとオートマの信号伝達の異変か、駆動系の何らかの
異変が発生したのかはまだ何も原因がよく解らないのだが、突然100キロ
5速走行時・・・ガクンッ 3速まで自動で2段飛ばし減速が発生・・・・驚き・
その衝撃も結構大きく・・・すかさずマニュアルシフトを試みてシフトアップ
してみるも・・・反応無し、またドライブに移ししはばらく待つ・・・青ざめ
てくる自分がいる・・・減速操作もし登坂斜線へ移動・・・・シフトは3速ホールド
で減速も、シフトアップも反応なし・・・時間がない・・待ち合わせ場所まで11時
には到着しなくてはならない・・・あせる・・仕方ない・・停車し、再始動。
か、しかし1速にはならず、なんとまあ 3速発信 3速ホールド発信スルスルーっと
『3速は結構ローギアード』80キロまでの速度範囲制限とし、3.000回転を限度に走ろ
うと、なんとかかんとか営業先のビルまで移動しました。
帰りもやはり・・・直ったかなと思いも・・・しばらくして、ガクンッ・・・80キロ
で200キロの距離をなんとかゆっくりと無事帰ってきました。
しかしびっくりの経験でした、同乗者のみんなも、冷や冷やあせりまくりの大阪日帰
り出張でした。
さぁ メーカーにも異変を伝えたので今からドック入りさせて、原因を追究し復活
させたいと思います。 しかし電子制御ばかりの時代の産物なので、こういった
車を買うと、このようなトラブルも考えられるんだな、と今思えばいい参考になり
ました、ハンドル操作も、クルーズコントロールも、ファジイシフトパターンも、
電子制御サスペンションも、エアコン自動制御、全席シート位置自動補正装置
タイヤ空気圧、車両総合セントラルコンピューター制御版表示、など車は知らぬ間に
何でもかんでもコンピュータ制御、素人にはさっぱりどの部分からくる負担の故障
なのかさっぱーり解らなくなってしまった・・・
軽トラならサルでも解りそうなのだが『いや無理だ』
コメント 0件  at 2006年4月26日11時14分

若旦那日記
 2006年4月16日 - 木屋町の桜が満開。そしていよいよおんせん祭り。
なんだか、春らしいポカポカとした気候になかなかなりませんねぇ
毎日寒かったり、ポツポツと雨が降ったりして、梅雨のようです。
しかし、旅館の前の木屋町通りの桜並木は素晴らしく満開です。
夜になるとピンクのぼんぼりに照らされて、本当に綺麗なんですよ。
一の湯裏から、ロープウェイまでの500メートル位の距離でしょうか
とても雰囲気があって今しか見られない春の優しい贈り物です。
今年の花見は天候も怪しい日が多くてなかなかゆっくりと見に行け
ない状況で、小春日和の日がないなぁー最近・・・
夜はまだまだ寒いし、たまにストーブを入れたりもする、布団も
冬布団、おこたも必需品、なんだか変な春と言うか・・春??
てな感じです。
今月に行われるおんせん祭りは、頑張っています、無料足湯温泉も
護摩焚きも、温泉寺本院様ご祈祷も、お琴の演奏も、外湯カクテルも、
衝撃の春一番花火も、無料解放の5箇所外湯も、カブト虫幼虫販売も、
旅館の使わなくなった陶器の100円市も、麦わら細工体験コーナーも、
みーんな今まで考えてきた内容がさあ開花し、実行に移す時が来たの
です。
丁度1週間後の23日 日曜日・・天気だけが心配ですが、なんとか成功
して、楽しいお酒が飲めるようにみんなで悔いの残らないよう力一杯
頑張ろうと思います。
 
コメント 0件  at 2006年4月16日10時21分

若旦那日記
 2006年4月13日 - お祝いラッシュ続く
ながーーーーーーく ご無沙汰ブログです。
私の周りでは、今月なんとなんと5組の結婚式がありまして
大変な月間なのであります。
そして出産ラッシュ
先日も白浜温泉に行って来まして、なんと往復12時間のドライブ
帰って2日後の昨日も大婚礼、楽しい余興あり、マジックあり、
なんでもありあり、刑事ドラマ仕立ての出会い再現VTRありで
とても賑やかで明るく楽しい披露宴もありました。
さて次回は嫁の弟の結婚式・・・乾杯の発声を・・・まかされ・た
まさかまさかの大舞台、親族、来賓のお偉いさんの前で・・プレッシャー
大丈夫かなぁぁぁぁぁ まあ 楽しくあまり硬くならぬようニコニコ
と進めよーうっと しかし・・・そういう訳には行かないのが世の中
の兄貴分のルール・・・まあまあ 考えすぎは良くないのだがやはり
考えるのが当たり前。
温泉祭りも近いし、視察親睦旅行や、資質向上の為の勉強会も迫って
きており、家業も大切なのだが、若旦那の会の事業も同じく大切。
コールデン期間が終わると、神戸空港での城崎キャンペーンも控えて
いるし、消防旅行、商工会の親睦旅行、その中でなんとか従業員旅行の日
程が取れるのか・・・楽しみにみんな待っているので、調整しなくては。
花と温泉と海と旨くて若くて元気で人気のお店を探し行き先を決めて
行くのだ、従業員のおば様達は、とても勉強家、毎回旅行では最先端の店を
見せてあげたいので、洋食でもフレンチ、中華、創作懐石、京和菓子、スイ
ーツカフェなど、色々毎年考えています。
行くたびに、ニコニコ若返って帰ってくるのでほんと楽しいんです。
みんな、この従業員旅行の為に頑張っているようなものですから・・
しかし・・・行き尽した感が・・・近場の再発見の旅もいいかなぁぁ
コメント 0件  at 2006年4月13日21時16分

若旦那日記
 2006年3月30日 - どうなっているのか・・・
昨晩から雪がパーラパラ降ってきてます、今朝も車にうっすらと雪が積もっていて
びっくりした。 28日頃まではとても気候が安定していて、日中はポカポカ
陽気だったので、何で又冬に逆戻り・・・町の柳も新緑の綺麗な芽を出し、あー
もう春がそこまで来ているんだなぁーと 見渡す限り新緑の山々・・冬中我慢して
寒さに耐え辛抱ていた草木が一斉に成長し、山に入ると青々しい香りがしていたのに
・・また冬に逆戻りーぃ 明日も雪模様、あっそう今思い出すと、28日の日中から、旅館
の駐車場の周りで、多く民家があるにもかかわらず、野生サル軍団が、裏通り、屋
根の上、お墓、あちこちにサル軍団が・・・なんでだろう、暖かくなるのに街に餌を
あさりにくるなんて、よっぽと山には何か異変があるのかなぁ なんて思って見物して
いたのです・・やはり予感は的中、翌日から天候は激変、寒波到来、野生の身に付いた
観察力は凄いとしか言いようが無い、少し危険を犯してでも、民家につるしてある
玉ねぎや、生ゴミ、お墓のお供え物、食べて食べためて山に帰る予定なんだろう。
子供も群れに沢山いたのだが、付かず離れずの距離を保ち、群れとはぐれないよう警戒し
ながら同行している姿は、親の姿を見て野生に学んだ遺伝子、思考能力があるんだろう。 チームの
その中心には全てに気を配り、輪をまとめるボスが君臨していて、にらみを利かせていた。
まあ改めて野生の強さと、子供達に男の強さを自然に身に付けさせる、甘えさせる以上
に、今後の生き抜いていく力を自然にみにつけさせる本来の教育みたいなものを感じた。
人間も同じだなぁ・・子供の為と思い、美味しいご飯、嬉しいオモチャ、楽しい遊園地
お金を与え過保護にするつけが廻ってくるのか・・・やる気の無い無気力人間、何でも
他人のせいにしたり、他人にも気配りが出来なかったり、社会に自分の尺度でしか物事
を述べられなかったり、自分勝手ですぐ怒ったり、周りに気を使わせる人間だったり
あーーーーっ また長くなった、横で嫁が怒り出したのでそろそろ山に上がって休むこ
とにします。
今日は コウノトリに関しても書こうと思っていたのだが・・・きりがなく長くなりそう
なので、次回に、この鳥を取り巻く自然環境について考えてみたいと思っています。
コメント 0件  at 2006年3月30日21時1分

若旦那日記
 2006年3月14日 - なんと久しぶりなんでしょう。
あー毎日毎日こうも忙しいと痩せるのかと思いきや・・・痩せないものですね。
毎日のスケジュールも真っ黒。 入り込み時間から夜8時までは館内で汗を流す
のですが、それからの時間は、午前様・・・深夜に帰り本を読むことも無く、
イベント資料に目を通し、資料を作成し、委員会に迷惑をかけぬよう日々眠い
目に渇を入れ戦っています。 「会議中に寝てたりして」
さあまだまだ続く連日連夜の会議、体力をつけて頑張るぞー!!
さあまず明日は、駅前イベント、「スナップイン城崎」で皆様に記念写真を撮り
その場でプレゼント、コウノトリの縫いぐるみをかぶり、幸せを振りまき頑張るのだ。
明後日はJRカニカニエキスプレス会議・・・その横の会場では先進地視察親睦旅行
の内容会議・・・よくあるはしごの会議・・どうなる若旦那・・次回へつづく。
なわけないでしょ まあなるようになるしかないのです、体は1つなんですから。
そして春一番花火が上がる、温泉祭り会議、夏のふるさと祭り会議・・・
書き出したらきりが無いし、楽しいブログが見苦しいブログになっちゃうと・・・
あっ そうだ14日・・今日の夕方車が納車される予定なんだ!!!わすれとった
大切な日なんです、これも、さあ今ならガレージの掃除に行ける、行かなくては。
大雪の中三重県から車を運んでくるので心配だなぁー雪道は怖いから・・
慣れている私達でも事故したりしますから、今回はセダンです。 送迎専用車。
珍しい車ですよ、まずお目にかかれない珍車ですから、車好きの方にも解らないで
しょうね、クラッシック調のデザインです、選んで選んだ車なので大切にしなくては。
買いたくても無い車って多いいですよね。 最近のコスト重視の乗用車には作り手の
考えが、インパネ、シート、デザインにもあまり心が感じられません。
まず、予算の枠が見えてしまうのです、昔のバブルの頃の行け行け何でもありあり
装備はいいとしても、シートは明らかにそれぞれの車に個性があったと思う。
今は生き残る為、部品の共有、オーディオ、空調、ハンドル、シート、内張り・・
どのメーカーがという個性が横一線に並び、デザインだけで勝負に出ている。
四駆にも全て低価格の二駆の設定は勿論、高級乗用車の四駆も無い、2ドアの消滅
レクサスの個性というのは確信犯・・捨個性、アウディやビーエムやアルファーや
ランチャーやメルセデスや個性の塊アメリカ勢に反撃のシナリオ態勢を考えている
のでしょうが・・・あまりこだわりをみない層がターゲットなのでしょうか。
下から上までの70車種のフルラインナッププレミアムはやはり無理・・・だわ。
やば、、、早くガレージ掃除に行こう。
コメント 0件  at 2006年3月14日14時50分

若旦那日記
 2006年2月11日 - まーだまーだカニシーズン 美味しいカニがどんぶらコー。
かにが・・・・美味い。
ただそれだけ。
美味いものは言葉が出ない・・・
美味さは人を黙らせる・・・・・
美味いものを食いに人々は訪れる
お客様に美味いものをお出しするのは
最高の幸せだ。
お客様の笑顔を見るが為に商売をする。
ただ それだけ。
お宿をより一層磨きたいから仕事を頑張る
食器、客室、浴衣、下駄、装飾、絵画、
コレクション、送迎車、傘、食材、浴槽
館内設備、みーんな素敵にしたい。

ただ商売に対しての欲の塊なのであろう・・・
私は欲の欲張りである。
やはり人間欲が無くてはいけないと思う。

1. 頑張って目標に向かう。
2. 頑張って金儲けを考える。
3. 料理を勉強する。
4. 人を勉強する。
5. 時代の流れを読む。
6. 街の活性化の為に何でも頑張る。
7. 未来の子供達にこの街を残す為に今踏ん張る。
8. リピーターを増やしたいから頑張る。
9. 休みにパーッと買い物する為に頑張る。
10. 自分の為に若いうちに苦労する。

あー人生とは欲、欲望の人生なのであった。
コメント 0件  at 2006年2月11日21時11分

若旦那日記
 2006年2月1日 - 風邪が大流行・・・困った我が家
あー困った さー困った どえりゃー困った 元気ピンピンなのは私アローン。
母 嫁さん ぐったりダウン・・・ 疲れ、疲労、ストレス、色々あるのかなーぁ
しかし 二人とも寝ていてもパクパク口をあけ、ヒナ鳥のようにえさをねだる・・
食欲旺盛、欲張り根性だけは健在らしい、まあ、食欲のある風邪なら良しですね。
天気予報では 明日から雪マークが出ている、大した積雪にらならなければいいの
に、しかも駐車場の雪かきは大変だ!! 朝昼晩と 腕、腰、足がパーンパン。

話は変わります、ここ数年の国産乗用車は生活様式や習慣等の変化でなのでしょうか
お越しになられる若いお客様のお車を毎日駐車場に移動いたします・・と・・??

小型車の
カローラ、サニー、シビック、ミラージュ、ファミリア等のセダンなどが今では・・・
フィット、ティーダ、デミオ、コルト、モビリオ、ファンカーゴ、ノート、キューブ、
パッソ、イスト、シエンタ、アクセラ、ビービー みたいにみーんなスペースの広い
ハッチバックスタイルに・・・みんな同じ箱形に・・
軽自動車も そうだよなーぁ みんな箱だなぁぁぁぁぁぁ
中型車の
ブルーバード、ギャラン、カリーナ、アコード、マークツー、ローレル、レ
ガシー、アテンザ、ディアマンテ、セフィーロ、のミドルクラスは・・今ではやはり
オデッセイ、ステップワゴン、ノア、アイシス、セレナ、ラフェスタ、シャリオグラ
ンディス、MPV、プレマシー、ウイッシュ、デリカ、ラブ4、アウトランダー、同じ
くみーんなスペースの広いヒローイ・・・3列シート新幹線に・・・なっちゃった

大型車の
シーマ、セルシオ、レジェンド、セドリック、クラウン、マジェスタ、アリスト、
レパード、センチュリー、プラウディア、プレジデント、などの高級車も最近では・・
エルグランド、アルファード、エスティマ、エリシオン、新型MPV、新型デリカ
、ランドクルーザー、パジェロ、ハリアー、クルーガー、ムラーノ、B-9など最近の
高級車像は=スペース+ゆとり装備+デカサ+みんな箱形に・・・ちょい悪顔系・・

しかし駐車場の車種は軽自動車を含めみんなマッチ箱スタイルに・・日本は特殊だぞ
こんな同じ形ばっかりで、量産エンジン〔個性は禁物販売台数に逆効果〕
世界を唸らせる 日本から発信する新しい理由ある完璧ワールドスタンダードを作り出
して欲しい、パッケージングは得意なんだから、次期セルシオにも期待、時期シーマ
にも期待、次期ハリアーにも少し期待、コンパクトカーは時代の要請で今後もっとも伸
びまくるジャンルだし、ホンダ、新生三菱にも期待。

さあ 私も風邪引かないように、和歌山の友人の作る有田みかんを沢山食べまくるのだ
しかし、送ってきたみかん、10ケース以上・・・どうせー言うくらいいただきました。
糖度が高く家族、従業員、お客様みーんなで食べればあっという間、おかげさまで
何故か・・・私だけビタミンバリアーで守られているのです、ありがとうさん みっち
ゃん、卓也はみかん嫌いなんて いけんねー 風邪ひくぞーきっと〔笑〕
コメント 0件  at 2006年2月1日21時33分

若旦那日記
 2006年1月19日 - 新年会のラッシュで寝不足が続くおめでたい今日このごろ・・
毎晩の様に続く 新年のご挨拶&各団体の年間事業のスタートを切る大切な日が
続いている、若い後継者も増え旅館経営研究会も今では、20代の若手経営者に時代
の波に乗るアイディアなどをもらう立場に私もなってきているのだなぁーと感じる
この頃・・・いやいや負けてはいられない まだまだ私もみんなで上昇気流に乗り
時代の風を感じ取り、時代の波に乗りたいものです。 若い事は全てにいいですね。
取り返しが付く 考えの発想が新しい時代を感じる 行動力がある 目が生き生きと
してカッコイー 個性があり独創性を持っている よく食べよくしゃべる 頭の回転
が良い 暗記力がある だから女性にモテル・・・・私の周りの若い子だけかな〔笑〕
あー城崎に帰り 早8年がたった 帰ってすぐに 旅館経営研究会二世会 自衛消防団 
商工会青年部 城崎温泉湯煙太鼓 各祭りイベントの実行委員長 秋祭りの連中行事 
旅館組合専務理事 JR城崎会会計 二世会副会長   8年間は大変充実した実り多い
毎日でした。 〔旅館の本業を犠牲にはしていけないので、大変でした 涙涙嘘涙〕
勿論回りのみんなも このように城崎温泉の為により多くの情報を知り、伝え、相談し
ながら連帯を強いものとし、一致団結して支えあって、成長してゆく団結力の強い町な
んですよ、城崎で育つ若い芽は多くを学び、失敗しながら共に成長していくんです。
いいなー 男って 男に生まれて良かったなぁーと思いますよ、くよくよしている時間
は無いんです、周りの仲間が支えていてくれているから、頑張れるんです。
あーぁ 夢は大きく 実現する為に工夫や努力、時代を見据えこれからの激動の日本
に迷わぬ為にも 今くいしばって辛抱している状態が いつか開花した時 男の何もの
にも変えられない幸福感が実感できるのかなぁーなんて 思います。
今の世の中だからこそ 色々な発想の転換や独創性をもつ個性ある宿造りに向けて
頑張って行きたいと思います。
さあ お昼食事のお客様がどしどしご到着です 頑張って土台となる基礎を自分の体
に叩き教えるのだー へーい ラッシャーい すし屋かーぁ だしけーハチって言われ
るんだー!!  すみません 独り言です。
コメント 0件  at 2006年1月19日11時8分

若旦那日記
 2006年1月11日 - 趣味の日。
あー最近寝る前は色々な雑誌を読む時間をつくることにしている。 日頃の疲れを
吹き飛ばすには、好きな雑誌やテレビ、ビデオを見るのも手なのだ。
 私は対日貿易 アジア情勢周辺事態 人種差別の根源 開発途上国の今 アジアの労働
力賃金 電力エネルギー関連開発 自動車工学の開発、今後のグローバルに認められるエ
コ開発能力の追求 観光産業行く末民族の考えの違いの探求 核開発の最先端 ミサイル
防衛と対策の落とし穴 日本の偵察衛星の世界水準 情報収集工作能力の今 東京消防庁
ハイパーレスキューの潜在能力&装備品 イラク派遣の自衛隊装備品 海上自衛隊通常潜
水艦の潜水能力向上のハイブリットシステム推進 航空自衛隊F4に変わる次期機体の発展
デトロイトショー フランクフルトショー 東京モーターショー 流行メカニズムの仕組
みとエネルギー効率 ファーストフードジャンクフードの恐ろしい行く末 海上保安庁の
保有する艦艇の非防弾の謎 ミサイル誘導技術人口知能を持つ最先端 
などなど ひとつづつ書いて楽しみたいのだが・・・又長くなる いったい何を書いている
んだ私は。  兵器や船や車や火事や世界の人間・・・お子ちゃまの世界だなこりゃー。

 
コメント 0件  at 2006年1月11日20時44分

若旦那日記
 2006年1月2日 - 新年あけましておめでとうございます。
2006年 新しい年がスタートいたしました。
今年は色々と挑戦する自分を回りにPRしていきたいですね、若旦那の会も新顔
が沢山入ってきたり、私ももう経験など教える立場になっています、城崎温泉を今後
若い後継者が先頭となり ひっぱっていくのですから、32歳にもなる私が、今まで体験
したり挑戦したり失敗したことを楽しく飲みながらでも、ぐたぐた語り合う いい年にし
たいなぁー 『おっさん化している独り言です、今日まで大した事はしておりません。』
思い出せば昨年も何かと忙しいスタートを切って慌ただしく一年が過ぎた様な年でした。
まあ、新年早々色々考えたくは無いですが、1月、2月、3月はトップシーズンですので
館内は変わりなく営業を続けるので慌ただしさは変わらないでしょう が・・・今年は
特に 寒いっ大敵雪ぃー!!これが要注意 良いか悪いかスタートのキーポイントなのです。
朝からの雪かきが毎日でも続くと・・・腰→肩→頭→風邪→寝込む→周りにうつす→嫌わ
れ者→役たたず1名発生→人手不足→家族の中でイライラがたまり始める→周囲もイライラ
→従業員の風邪が流行る→お客様の前で咳き込む→お客様が宿の衛生状態に不安を感じる
→クレームが発生→対処にまわる私が杖をつきながら客室へ向かう→もういいもっと話の
解る人間を出せと怒鳴りちらさられる→館内には話の解る人間はおりませんと言う→もういい
帰る車を出せっ→車は雪に埋もれておりまして脱出不可能です→・・・→耳占いでも・・
〔これは フィクションです実際の会話を録音し記載したものではありません〕
昨晩 細木和子先生の夕方の番組を見て 私はいん石級の衝撃を受けたのであった!!
景気は少しばかりの上昇の気配が見えてきた・しかーし予感は的中、中国特需、インド特需
アジアの経済が、過去歴史の浅いアメリカの経済が急速に発展し、世界に君臨した様に
過去世界から見向きもされない、中国共産党、インド諸国がこの20年間で物凄い発展をとげ
経済基盤を作った、この経済大国になる基盤は多くの優秀な日本人なども勿論のこと係わって
来ているのは承知の通り、日本はとうとう輸出してはいけない、最後のカードまで輸出して
しまったのであった・・・ジョーカーも使ってしまうとは・・・
例えばアメリカなどの精密機械 航空機 セントラルコンピュータ ロケットエンジン
イージスレーダー ミサイル迎撃技術 共同開発と言えども 肝心な中核システムは全てブラ
ックボックスですから いくら信頼の置ける同盟国であってもです。 これがカードを
残す国家の強さたる姿勢に繋がるんです。 本国の場合はこれ以上教えることはありませ
ん、どうぞ経済大国2位の日本の見本があります、さあ真似してー教えてあげるーただでいい
よー 魚をあげないで魚の取りかた捕まえ方から 秘策 伝統全て教えてあげマース・・・
30年経ち答えが返ってきました・・・日本人の魂は・・不均等な取引だ・・拉致?北と組んで
同士頑張ります、靖国頑固たる反対中国で若者達が国家警察官の棒立ちの大警備状態の中
火炎瓶やペンキ投石を繰り返していますよ 止めませんよーしーらない。 保障出来ません。
日本大使館はもうめちゃめちゃ 日本人の経営する店 慰安婦保障 南京問題 天外天天然ガス
潜水艦領海侵犯 国内の中国人による犯罪の急増 偽札・・・もう・・言えません。 
鉄鋼加工工場基盤 経済金融産業基盤 輸出水産加工品工場 大型貨物コンビナート 
建築技術養育育成 自動車精密部品加工ロボット 超精密コンピュータチップ生産技術
大型造船業 何万人の技術者を中国国内で育て上げ、日本で体験勉強させ、どれだけの
戦後お金に変えられない代価を行い続けてきたのでしょうか・・それでも支払い続ける
多額の経済援助 もう 生産能力 自国資源埋蔵量 世界銀行へ通じる信用??
外交政策 自国愛精神 国内学力向上体制基盤 なかなか日本が今気づいて直そうとも
直らない 習慣等確かにあるのはあるのだが 偽造 偽造 建築問題 学力問題 犯罪の
低年齢化 大気汚染 教える立場の親のモラル低下 食べ歩き 飲み歩き ゴミのポイ捨て
社会の闇 いじめ 自殺 出会い系 風俗 携帯人間 コミュニケ―ション下手 挨拶が
出来ない すぐ切れやすい ジャンクフードがまん延する飲食産業 食べ物を噛まない
あごの弱さこれは若い子のあごを見れば一目瞭然 内臓も弱るわけだ・・昔の人はあごが
強くえらが張っているほど 頑丈。 言葉の使い方〔私は幼稚園並みである〕女性の男化
男性の女化 ホルモンバランスによるストレスの多い現代人 これは 徹底的に食生活を
直していかないと まずいですよね 子供も同じものを口にする訳だし・・やばいです。

いやいや やばいのは 若旦那でした またあほな独り言を・・・怒られたばかりなのに
長々と書いてしまった あーすっきりしたい いーたい 叫びたい 書きたいよー
しかし 忙しいよーぉ 何時になったら正月が来るのやらぁーぁぁぁぁーあ ぼよよーん。
嫁にも 誰にも ちまちました愚痴は言えないのでここに 書き込んでしまうのでした・・ 
コメント 0件  at 2006年1月2日22時18分

若旦那日記
 2005年12月23日 - 前代未聞の大雪
なんと言うことでしょう、いつまで降り続くのかこの雪は・・・
毎朝毎朝駐車場の雪かき・・疲れます。 夜までに3回は全ての面積
を除雪しなくてはお客様のお車もスリップし入れない状態なのです。
神様ぁ 日本海になんの怨みがあるのですか・・機嫌を直して晴れて
くださいなぁーそろそろ・・日記を書いた4日からずーっと雪ですよっ
もーあきれております。 週間予報もずーっと雪マーク。
笑えてきますよねっ 腰も腕も肩も笑っています。
毎日館内は満館でありがたいのですが、夜は寒すぎて客室からお客様
は外出されない状態です。 せっかく城崎に来られたのにー寒すぎて
外湯にもあまり出られないみたいです。
まあ ゆっくり のんびりを楽しみに来られているのだからそれで良い
のかなぁ 私ならさあっ いくぞー 何処行こうかなぁー となるのだ
が・・・めったに旅行に行けないですから、部屋に居るのがもったいなく
感じるのです。 分刻みのスケジュールで動き回る旅行なのです私達は!
めずらし物好き 食べ歩き好き 何でも興味あり人間ですから 何を見て
ても楽しいんですよ 海の中見てても 動物の色々な所見てても 人間
観察していても 車の国籍で造りの違いを見てても 食材の使い方にしても
人の物の考えの違いを聞いてても みーんな違うから楽しいんですよねっ。
あー楽しくなってきた 雪でもなんでもいいや 楽しく物事は考えることに
しましょう。
明日のお客様のケーキを嫁さんが作るそうなので手伝ってきます。
何をどうやって作るのか・・・楽しみだ 何でも興味あるのだ!!
美味いのかなぁー まあ去年は 秋の抹茶シフォンとフレッシュフルーツ
入り生クリーム添えケーキだったような・・沢山また作らなくては。 
コメント 0件  at 2005年12月23日21時43分

若旦那日記
 2005年12月15日 - 送迎車購入・・
あー久しぶりに本日一日丸々晴天でした。 うれしーぃ!!お客様もニコニコ笑顔
でお越しになられました。 今日も香港から若いカップルが・・・不得意な英語
に単語を並べ、なんとか説明オッケー・・だと思う。 私も先月香港に行ってきた
為嬉しいです、あちらでは夜のライトアップが盛んで、毎晩8時からは全てのビルと
船の上から横から中から外面から・・なんだこれは・・この町全部がSF映画の乗り
でした、海辺にはカップルや世界からの新婚さんかなー?ロマンチックな音響と共に
全てのビルが光のダンス、スケールのでかい光のショータイムがとても印象的でした。
香港島側ではお金持ちや不動産関係、証券会社、金融関係等の仕事関係者が多いい
みたいで、タクシーの運転手いわく、お金持ちしかここでは車に乗れないよ、と
言われていたのが印象的だった。  たしかに高層ビルが立ち並ぶ1階フロアー
には、マセラッティー、アウディ、ボルボ、ダイムラー、ルノー、ポルシェ、VW、
レクサス、ランボルギーニー、ジャガー、シトロエン、フェラーリ、ヒュンダイ、
BMW、もう高級車のショールームばかり・・勿論国産も・上級車種のみの販売店。
市内に一番多く走るのはベンツ、ビーエムだったような、ハリアーは女の子が多か
ったかなぁー 山の中に入り避暑地の別荘には、ロールスやフェラーリ、クラッシッ
クカーが車庫に多く見られた、オーラがあるなぁ でんとした風格が。 流石ですこ
れが歴史だよなぁ。。。日本に帰ってきて思った、今旅館では送迎にクルーガーを仕
様しています、3リットルなので4駆で安定感あり後ろは4名掛けも出来る便利な車です。
4年間乗り、良い点、不便な点も見えてきました。『このタイプは5年程前にだんだん
成長してきたジャンルで、ヨーロッパやアメリカで人気が出てきた新ジャンルカー』
しかしこのご時世、石油の高騰と資源ランニングコストの低減を図るメーカーからは
最優先のメーカーイメージをより保守する為、無駄の多いこのクラスのライフサイクル
を伸ばし、モデルサイクルを伸ばし続けている現状、クルーガーも6年はライフサイク
ルを伸ばすと言う・・走行安定は良いのだが、重量とタイヤサイクル、オイル、ガス
一桁違うんですよ、今後どう生き延びる道を各メーカー模索するのかなぁー ハイブリ
ットは100万円以上上乗せ覚悟だし、またターボ・・・余計思い体にモーター積み込み
バッテリー・・去年はイタリアに行ったのですが、やはり送迎に使われている車は 黒
の渋い高級車ベンツ、BMW、フェートン、レクサス、ジャガー、無駄が少ない合理的
なパッケージで昔から生き続ける世界の高級車4ドアフルサイズ いいですやはり。
現代の車は大量生産、コンピュータシュミレーターの無機質デザインがほとんど・・・
インパネデザインは・・・悲しくなります。  こんな大量生産時代だからこそこん
なゆったりとした手作り感の残る自動車を作る職人の知恵と工夫の集大成である高級車
のソファーのような本皮に身をゆだねてふんぞり返りたいものです。
高いものは悔しいが、分解しても違う、車屋が言っていたのか、内張り一枚はがすとビックリ
ですよ、ハチさん、。。なんて。。なんて。。なんて あんなに高級車だと言っているが
ヒドイもんです、効率主義に走る月産3.000千〜5.000千台をコンスタントに売りさばくので
すから・・仕方ないですが、メーカーに怒ってやりたいくらいひどい、と言っていました。
よーし 頑張ってセダンを買うことを決意しましたぞ、お客様に帰る一瞬まで優雅に特別
にお帰りいただきたいです。 いいなー4ドアフルサイズ。 勿論タン皮。
頑張って探すぞー・・しかし雪国・・FRはきついなぁ でかいFFかぁー世界を見渡しても
なかなか希少な存在だぞー。
コメント 0件  at 2005年12月15日21時2分

若旦那日記
 2005年12月9日 - この雨 いやーぁーな予感が・・
なんだかなぁー この雨・・・何時から降り続いているのかなぁ
なかなーか快晴とはいかない、この時期の山陰地方特有の天候
なので仕方ないのだが・・が しかーし改めて思う、やっぱり雨が
多い!!なんなんだーこの週間天気予報はー 傘っ傘っ傘っ傘っ傘っ
以前働いていた和歌山の白浜は、晴天の日が冬でもタップリンコ 
冬でも気持ちは夏・・・まあ南紀はそりゃあそうだが台風が多かった・・
 カラット晴れて、気持ちよく外で背伸びをしたいものです。
私のプライベートでのドライブは 決まって窓全開、自然の風が好き
なんです、春、夏、秋は勿論必ず外の空気にあたるドライブをします。
田舎ならではですよこの爽快感覚は、川の匂い、草木の香り、海の潮
風、磯の香り、かにの茹でた港町の香り、硫黄の匂い、魚を干した香
り、いいですよ、山の中、川沿い、海辺の海岸道路、いいドライブコー
スがあるんですよー山陰海岸には!!
是非 夏の時期にも皆さん城崎までドライブがてら遊びに来てください
ね。 心から解放される心地よい風を体感しに6月7月位に来て下さいね。
ってー!!どーぉーだぇーこの最近の天気はぁーっっ!100%ジトジト
ホント困った天気 何時になったら太陽さんがまん丸顔を輝かしてくれる
のかなぁーこのままの雰囲気だと、今年の冬は記録的な大雪の気配・・・
私の いやーぁな予感が的中しないことを祈るのみ。
個々の家では大変なんですよ、大雪だと朝から晩まで余分な時間を作り
家の周りの雪取り、腰は痛いし、氷点下のずぶぬれ覚悟ひえひえ地獄。
まあ いずれスカーッと今までの分取り戻すくらい晴れてくれよーたのむ
ぞー お客様にも気の毒でなりませんよ、こんな天気では旅行のトーンも
トーンダウン・・いやいや幸せなんだよねーお客様は、休みを取って
来ている旅行なんだもん、私もシーズン済んだら旅行に・・・いちたい。
きっと 雨でも楽しいのだろう。 フムフムきっとそうに違いないっ。
 
コメント 0件  at 2005年12月9日22時10分

若旦那日記
 2005年12月7日 - 雪が舞う温泉・・格別です。
久しぶりの日記です。
只今昼食の日帰りでお越しのお客様が帰られたばかりです。
朝、昼、晩と慌ただしい館内でございますが、お越しになられる
お客様の期待に沿える様 日々皆で頑張って館内に目を光らせています。
 一昨日の夜からの降り続いた雪も7cmほど積もったのですが、昨日の
雨ですっかり消えてしまい、雪かきもせず地元の我々にはありがたい少量
の初雪でした、最近毎日このような天気ですから あられなどは毎日パラパラ
と降ってくるので、必ず折りたたみ傘などは持ってこられる事をお勧めします。
もう入り込み時間の三時ですね、又途中で日記が終わるかも・・・
最近では 香港、韓国、台湾の女性のお客様がホームページから予約されるケ
ースが増えてきています、返信の英語力が試される今日です、夜は案内英会話
テキストをベットに持ち込み、妻と一緒に頑張って脳みそを若返らせる作戦と
し、低学年向けお子ちゃま英会話をしています。
毎日毎日お得意様や、初めてお越しになられるお客様との会話を楽しみに仕事
をさせていただいているので、疲れるどころか 明日はどんな出会いがあるか
なぁ とか お電話いただいたり コメントなどを見て あーたぶんこのような
感じのご夫婦かなぁー 若い楽しそうなカップルだなぁー 旅行慣れされている
熟年夫婦の方かなぁー 訳ありそうな・・・・だなぁーとか 色々楽しいんです
この仕事はとにかく!!!毎日がスリリング 毎日がドキドキ 毎日がくたくた
勿論 辛く厳しい時はあります、しかし前に向かって皆で向上していくという
簡単明白な目標を合言葉にしているので 年配の仲居さんたちもみな頑張ります。
へいへいやりますで すんまへんなぁーあ 許してくんなはれー・・の日々
のんきで明るく単純だけでは駄目ですよね、みなそれぞれしっかりした従業員です
元気一杯平均60代の仲間です。 早くみんなで休みをとり 忘年会を開催しなく
てはいけないのですが・・当分は無理そう。 我々は11月7日から休みはナッシング。
昼もずーっとあるし、辛いです本音はね。 家族の中では暗黙の休館日をプリーズ。
私だけが晩 役員会議 祭り連中 友人と忘年会に出かけているので、手前悪くて・
とにかく 従業員さんは皆で出かける事が大好きなので みんなを連れて旅行など
に出かける時は 思い切り若返る様な旅行スケジュールを計画します。
レストラン カフェ 素敵な景色の見える花の多い公園 遊園地 水族館 山菜
取り 草木もしょっちゅう取りに出かけます。  テーマはあの頃に戻る旅
こういった息抜きに連れてみんなで出かける事はとっても大切なんですよ。
みんなと日ごろ話せない事もお酒が入ったり歌ったりしている内に色々な人間性
も見えて来ますし一石二鳥。
あっ 笑顔満開のお客様のご到着です。  ではでは 又次回。
コメント 0件  at 2005年12月7日16時17分

若旦那日記
 2005年11月23日 - 絶叫大会
お仕事 家庭関係 友人関係などでストレスをためた人 朗報です。
城崎温泉に来て 駅前特設ステージに上がり さあ 叫ぶのです!!!
何でも良いから叫び倒すのです。 恥を捨て心の叫びを大衆に浴びせるのです。
なんと 気持ちいいものか・・・カイカン 〔常識内での内容でおさけび下さい〕
その 叫び声は 審査員が音量計測を行い 一定以上のデシベルを出すと なんと
採れたて ピチピチ の松葉かにがその場でプレゼント!!!
こんな 楽しい 嬉しい 儲かる イベントは他にはありません。 多分・・・
子供からお年寄りまで誰でも参加出来る かに王国絶叫大会 来年の今日は是非皆様
お誘いの上 城崎温泉駅前絶叫ステージに参加申し込みをしてくださいね。
みなさん 笑える楽しい絶叫を個々に楽しみながら参加しておられますよ。
しかし 毎日凄い人です 嬉しい悲鳴ですが 危機感も感じています、なぜにこんなに
若い人がこの温泉街に訪れるのか・・・ほんとう 街には若いカップルや若い女性の
グループばかり 勿論ご夫婦 年配のお客様もおられますが しかし 若い方が多い。
やはり 家の旅館も若い方20代のお客様が8割を占めます、うーん 他の観光地はどうな
のかなぁ この冬の4月までは旅館に張り付いているので 研修視察に行く暇がこれまでも
無かったので お客様から他の地域の情報をいただくしかわかりません。
しかし ありがたいことです 先見のある若い世代に指示される温泉街であることは誇り
に思います。
今夜の お泊りのお客様も皆様 福耳の素晴らしい相が見られ 楽しく見させていただい
ている私も心から幸せになりました。
今夜は 高野山のご住職 鉄鋼会社社長様 年配ご夫婦 グループ耳でカップルあてゲーム
和歌山のスナック経営のご夫婦 骨董品採集のご夫婦 若い明るいカップル お友達同士
みなさん 若 耳みて欲しい と言っていただいております お部屋でもロビーでも
どこでも 呼んでください 参上いたします。
しかし 長居するので早く帰れと言って下さいね よく飲まされて その後仕事にならない
ケースが増えており 妻に まーたあんたはーと客室にぃーと ほほをつねられます。  
私には これしかないのだ 許してくれ これも家のサービスなのだ と言い聞かせ
説得しながら 客室に忍び込み お客様との会話まの中で 楽しんで見させていただいて
おります。 
あー 今日の昼も 楽しく仕事をさせていただきました。
夜のお泊りも 毎晩増えて みんなで頑張って張り切って頑張っております。
楽しいお客様に毎日会えるこの仕事が大好きで仕方ありません。
張り切って お客様に元気をあげよう なんて思って毎日いるのですが 実際には
元気を毎日いただいてる私達です。      感謝しております。   
コメント 0件  at 2005年11月23日21時58分

若旦那日記
 2005年11月19日 - 御所の湯人気1
今年も毎日毎日城崎は凄いお客様で賑わっています。
チェックインの3時から外湯などに出かけられるお客様
達・・・下駄を履いてカランコロン・・夕食に間に合うよう
夕方6時頃皆様旅館に戻ってこられます。
そこで お客様が皆さん口をそろえて言われる言葉集。

1 なんちゅうこんどるんだ 外湯は 芋の子洗い状態だった。
2 御所の湯は美人の湯だから 女風呂が行列が出来とった。
3 城崎は外を歩いても楽しい温泉街だねぇー。
4 最近こんな昔ながらの街並みが残る温泉街は無いよ。
5 城崎温泉は浴衣姿がとても似合うねぇ。
6 若いカップルや女性がこの町は多いいねぇー。
7 君が若旦那かい 耳占いをしてくれんか。
8 夜遊ぶところ 楽しい所はないかな 教えておくれ。
9 風呂が熱い なんちゅう熱いんだ。
10 外湯7箇所と内湯2箇所・・・全部回るのはは無理だよ。

などが皆さん口を揃えて言われる言葉ですね、うん 間違いない。
ちなみに 私がお勧めする外湯の順番を言いますと。〔独断〕

1 御所の湯  滝の流れる裏山、紅葉も綺麗で天井もガラス張り。
2 こうの湯  ここも紅葉が素敵 露天では素敵な星を見上げながら・・
3 さとの湯  複合娯楽温泉様々なタイプの浴槽があり屋上には露天風呂が。
4 一の湯   町のど真ん中 岩窟風呂は一見の価値あり、ひろーい浴槽が
5 柳湯    素敵な外観に素敵なヒノキ風呂 ほっこりこぢんまり。
6 まんだら湯 町民のお風呂 伝統の浴槽形態。
7 地蔵湯   打たせ湯 ジェットバス。 少しぬるめのお風呂。

かなあ ここ数年外湯にもほとんど行っていないから深くは解らない点
があるけど まあ3番までは 素晴らしい温泉施設と胸を張り張り言えますよ。
どうぞ来られた方は頑張って入浴されてくださいね。
しかし しかし やっぱり 先代の残した名物 岩窟風呂が最高です。
入られた皆様が言って帰られますよ。
さあ みんなの手伝いをしてきます、今日も多くのお得意様で館内 賑わって
おります、あっそうそう今日のお泊りのお部屋で 白浜温泉からお越しの楽しい
3家族様が来ておられ 楽しい会話や耳占いをさせていただきました。
やっぱり 夫婦の愛称抜群の耳の相が出ていました。 夫婦は無いものねだり。
出ていれば 収まっている 大きければ 小さい 立っていれば 寝ている
堀が深ければ 堀が浅い 分厚ければ 薄っぺらい 福耳であれば 浪費耳・・・
毎日楽しく忙しくさせていただいている日々に感謝いたします。



   0件
コメント 0件  at 2005年11月19日21時11分

若旦那日記
 2005年11月8日 - 嵐の冬が始動する・・
とうとう とうとう 本番を迎えてしまいました。
館内の電話は3本 深夜まで鳴りっぱなし ファックスはすぐに用紙切れ 
インターネット予約は問い合わせご予約で今年は返信が間に合わない状態
 私のようなコンピューター不似合い星人には困りものの時代・・・残念
ご予約のお客様にはどうしてもリアルタイムに返信が出来ない状況です。
極力翌朝の8時過ぎまでには、全ての処理は終わらせ返信出来る状態にはして
いるつもりですが・・打つのが遅い すぐ手が止まる 電話がなる お客様
が来られる 送客がある 仕事がたまった件を処理する 無駄話が大好き
客室に入るとおしゃべりが止まらない 夕食を趣味で作る・・・結局勝手
まあぜんぜん関係ないですねーぇ 自分勝手なだけかーわたくしが!!!
カニが始まり 毎日 昼と夜の食事休憩のお客様が多く来られていますねっ
待ちに待った 待ちくたびれ族 の方がスタートをきって来られてます。
 当日にこの時期は、予約無しで飛び込みのお客様が 多く来られるので
常に臨戦状態スクランブルスタンバイ、スタミナの冬商戦が切って落とされ
たのであった。
さあ 明日は 城崎温泉全体で盛り上げる 大イベント 第11回 冬の城崎
まるかじり がホテルグランビア大阪の会場●●の間で盛大に繰り広げられ
ます。 
かにの始まりを告げる大イベントなので、城崎の若者も一同に集まり明日は
イベントを盛大に盛り上げてきます。ちなみに一昨年までは私 毎回毎回
カニのくさーいヌイグルミを着ていました。  冬なのに蒸し蒸し蒸し風呂
さあ 明日のイベントはみんなで一緒に楽しく頑張ってこよーっと かにセリ
もあるよっ 毎年何故か女性のセリ落としたかには 格安で買い取られる・・
女性は得だなぁ 何事も・・・ 
そうそう 11月13日には 町内 東山公園にて もみじ祭りが開催されますよー
 イベントも用意されているので みなさんお昼めがけてお越しくださいねっ。
コメント 0件  at 2005年11月8日21時23分

若旦那日記
 2005年10月26日 - かに解禁間近。
おはようございます。 今日も城崎は日本晴れ。
とっても気持ちのいい朝です。 今は町内が市議会選挙の為、各候補者の宣伝車
が走り回っています。 豊岡市となりエリアが広くなった為あまり知らない方々
が宣伝カーで演説をさされておられるのだが・・・解らないのが当たり前なんだけど。 
さて話はカニカニに移ります。  11月7日からはやっと待ちに待ったカニ料理の登場
ですね。 近海で採れた大きなカニ達、城崎の隣は港町津居山がある、毎朝城崎駅前の
駅通り商店街の魚屋さんには、朝水揚げされセリにかけられたた鮮度抜群の魚介類がず
らりと軒先に並ぶ。 この時期はカニがメインに並ぶのだが、赤いかや深海魚など見て
いてギョッとするような生き物も並ぶ。〔見にくい生き物ほど実際は美味しいのだが〕
11月23日には城崎温泉駅前で カニ王国開国記念イベントが 今年も開催される。
このイベントの中には 絶叫大会があり 大声で一言叫び 松葉かにの豪華景品をゲット
するコーナーがある。 毎年参加者は思い思いの言葉を 叫び発散するのだろう。
例 〔かにさん アリガトー と叫んだ後に 小遣いアップしてくれーぇ とか あんた
のイビキで寝られないー とか リストラされそー とか またふられたー とか 〕
こんな感じでみなさん思い思いに叫んでいます。 
さあ これから私は選挙事務所に行ってきます。 多分運転手かなぁ みんなと交代しな
がらなので出られる時間をスケジュールを作り助け合って協力しています。
みんな凄いですよ みんなは一人の為に、一人がみんなの為に頑張る城崎人なんです。
ちなみに今日嫁さんはまたドラマのエキストラ・・はぐれ刑事純情派??とかなんとか
先月も 東ちづるの ドラマ 温泉若女将殺人事件??なんじゃら かんじゃらに
ちょいと出させていただいたみたいです。〔3秒程着物姿で〕
このドラマでは 森津屋の岩窟風呂での入浴シーンもありますよ、東さんがご入浴。
城崎はロケや撮影が多いいんですシーズン通して。
さあて 私はそろそろ行って来ます。 いい天気で気持ちいいなぁー今日も。 
コメント 0件  at 2005年10月26日10時44分

若旦那日記
 2005年10月20日 - 城崎の若者が燃える2日間。
秋祭りも無事終了。 10月14日15日に開催された 城崎だんじり祭りも両日雨天では
あったものの無事大きな事故もなく終了しました。 
この日だけは普段見ない友人も都会から帰ってくる為懐かしい顔ぶれが一同に揃う日
でもあります。 この但馬でも有数の歴史ある祭りの残る城崎温泉を本当に誇りに思います。
若者達は1月前からこの日の為に準備
にかかり当日まで本当に血と汗を流し役割を果たします。 
このような文化歴史を後世に残してくれた先輩達にも本当に感謝です。 しかし大雨の
中でも若者達は元気一杯悔いの無い祭りを、やっていたと思います。
見ていない方は是非一度お越し下さい、周りから見ていると意味の解らない点が多い
祭りだとは思うけど、口上や上の方達にもの申す役割、又壇尻についている若者達の
駆け引き、競り合いのシーンでの個々の動き、たまに食い違う点があった時の意見の
衝突シーンなど本当に祭りが好きなんですよ城崎人は・・・だから子供達もそれを見
て育つ・・・歴史は繰り返す。  いやー素晴らしいですね、1つの目標に向かい熱中
する男の祭りは。
10月は比較的城崎は暇なシーズンに入り家業は11月のかにシーズンに向けて施設をリニ
ューアルしたり畳を張り替えたり大掃除をしたりします。
この時期に城崎の冬のイベントの計画をしたり、みんなが動きやすい比較的自由のきく
この時期に、冬のかに対策等の向上勉強会などを開き個々で勉強している時期なのです。
ちなみに今日は小学校で和太鼓教室を開催し、子供達に太鼓の素晴らしさと、チームワ
ークの大切さを見せに湯煙太鼓チームで行ってきました。
無邪気で困った君も最後には、みんなと音を合わしみんなと協力し周りに遅れること無い
よう一生懸命1つの目標に向かい頑張っている姿勢を見ました。
今回でもう5.6回目かな 女の子の参加も増えてほんと生き生きと楽しい時間をみんなで
過ごすことが出来ました。  
あー楽しかった 次回は11月2日 なにか簡単な曲を作りたいなぁー。
コメント 0件  at 2005年10月20日20時42分

若旦那日記
 2005年9月25日 - もうそこまで秋の気配が・・
またまた久しぶりの日記です。
身近に秋の気配を感じる今日この頃、買出しついでに来日やひのそ
の周辺で、秋の草花を収穫しに立ち寄った。
すすき、さるすべり、はぎ、もくせい、いちじく、盆栽用の柿、ざくろ
栗の木もある、ハゼノキも紅葉しかけているし、だんだんと色づき始め
てくる山々を見るのは心も体も癒されます。
旅館で生まれ、館内のいたる所に四季の花々が活けてあるせいで、そんな
花々が自然と目に付いていたのか、旅行に出かけても、遊びに行っても山に
出かけても、まず花と緑のある場所に出向いているのに気が付く・・・・
体が疲れていたり、すっきりとした気分にリセットしたいときは、お気に入
りの場所やレストラン、川原、展望の良いカフェ、みんなもそれぞれにお気
に入りの場所で時間をゆっくりと過ごしているんだろうなぁーきっと。
私の旅館も、肩の力が休まる活花や、癒しの生き物水槽や、客室造りを
より一層頑張って、お客様をお迎えする癒しのお宿を目指す目標を持って
いきたいと考えています。
小さくても輝く宿造りを、全員一丸となって出来るように心がけていきた
いです、この仕事が私の天職なんで毎日が楽しく頑張っていくことが一番の
事なのかーなと思って頑張っています。
コメント 1件  at 2005年9月25日11時40分

若旦那日記
 2005年8月27日 - 夏が終わるよーあっちゅうま。
久しぶーりの日記です。 今年も城崎の夏は毎日が活気に溢れ、
子供たちのはしゃぎ回る風景があちらこちらに見られる風景
もラストとなってきました。
明日からは夏の終わりを告げる、イベント、浴衣祭りが開催
されますよ、勿論私もスタッフでみんなと過ぎ去り行く夏の
ラストイベントを楽しみながらお手伝いします。

毎日街で見るお客様は、楽しい楽しい笑顔満開爆発ツインターボ
私も一度でいいから他町の花火大会や夏の旅行に行き・・〔夢〕
あーしかし自営業・・・サービス業は夏、冬共に大忙しは
覚悟の上!!! 夜の誘惑にも負けず、海水浴にも行けず、夜も
夏休みお子様思い出作りにはげみっ 休むまもなく朝昼晩働き
ゲッソリ5キロもぎ取られ、見る見るうちにベスト体重へ接近
している今日この頃が唯一の快楽なのかなぁー しかしこんな
毎日が旅館ですから。
みんなが楽しみにしているイベント、事業なども、賑やかで楽し
いんだけれど、毎日が異様なスピードで過ぎ去っていきます。
もったいない様な、充実している様な、帰らぬ日々、毎日濃い日々、
思い出したくも無い日、こなす日々、何を見ても楽しい日色々。
夏も7月夏休みからずーっとほぼ満室、みんな家族も頑張りやさん
休館日は取らない主義族なので、いつ体が崩壊するか我慢比べ。
・・・が何故か寝たら翌日には元気になっているから凄いです。
私も親には体力でだけは負けたくないし、みんな顔を見ながら
助け合って頑張っていける自営業にも感謝します。
こんな沢山の旅館の中から選んで来て下さったお客様にも、思い出
になっていただきたいし、又気に入って来ていただきたいし、本当に
自分の心の持ち方一つで伝わるこんな旅館業を誇りに思っています。
毎日多くの出会いがあり、元気をいただいたり、お客様にも元気に
なってリフレッシュして帰っていただきたいですし、あー考えたら
楽しくて仕方がないです。
お得意様の特に若い方が、又来ますね、なんて言って下さった日
はうれしくてはしゃぎ回っています。〔馬鹿単純単細胞家族〕
またこの忙しい日々がホット落ち着いたら、勉強になる楽しい旅館
へ旅行に行こうと考えています。 どこがいいのだろうかな・・・
みんなに聞いてみるか。
コメント 0件  at 2005年8月27日21時39分

若旦那日記
 2005年8月18日 - 多忙な時期だから頑張るぞ。
あー暑いっ あー忙しい あー疲れた あー休みが欲しい
あー水不足 あー海に行きたい あーかき氷が食べたい
あー玄関の水槽の亀がまた近所のお子様にさらわれた。
あー又金魚が暑さに負けて弱っていく。
あー どーでもいーぃですよー。
なんだか気分が乗ってきたので・・・やっぱりやめます。
昨晩は和太鼓の打ち上げで、はしゃぎすぎまして頭がまだキンキン
カンカン鳴っている年を考えない行動のバカな若旦那なのでした。

さあ すっきりプチ愚痴を言いまくったので爽やかな心になりました。
この日記も思っていたより、毎日忙しくマメには書けないものですね。
朝は7時起床で、ブルジョア皇室的な朝食をとり、8時前に旅館へ出勤。
新聞、下駄、玄関掃除を済ませ送迎車のマイバッハを玄関前に回し
お客様からのメールを確認し、珈琲をお部屋に運んだり、洗い物を手伝
ったり、お勘定を済ませたお客様をお送りしたり、会話を楽しみ、お客
様との別れを惜しみつつお送りする毎朝を楽しく過ごしています。
その後はお風呂掃除や、本日お泊りのお客様の再確認、調理場さんとの
料理内容等の最終確認、日によっては、お昼食事のお客様がお越しにな
られる為の準備や、従業員の手が少ない日などは家族みんなで楽しく家
を切盛りしているのが家の現実風景ですね。
今日もこれから、趣味?の和太鼓の練習に行ってきます。 夏は自ら汗
をかき体のだるさをふっとばし、食欲を沸き立たせ、乗り切るのですっ!
19日にはテレビ出演依頼がNHK、BSから来ているのでまたまた張り切
っています、おかげさまで1月間で5舛笋産戮蠅泙靴拭
太鼓練習が終わると、食事をとり、しばし休憩と行きたい所ですが、旅館
は休む間が無いと言われるとおり、予約のお電話で家中3人係りでも同時
予約取りに手がとられ、一休みする暇もかなかな無いのが現状ですね。
城崎の若者は特に町のイベントによく借り出されるので、夏のこの時期は
特に毎日毎日イベントづくしでみんな同じ境遇に近いだろうけど、疲れた
顔を見せず頑張って楽しそうにイベントをしている姿を見るたびに、俺も
頑張らないと、とまた元気をもらい何時も嬉しくなります。
今後も灯篭流しや、花火大会、浴衣ファッションショー、浴衣でジャズ、
等8月30日までは城崎は熱い毎日が続きます。
しかしこの夏13回の花火大会は凄いです、連日の多くのお客様で、火曜
と木曜は予約がとても取りにくいほどお問い合わせが殺到します。
超至近距離なので迫力は満点です、どうぞカップルでも、お子様連れでも
楽しい城崎の夏イベントにお越し下さいね、城崎の若者が頑張ってお客様
をお迎えしますよ。
やばい・・・・太鼓遅刻しそうなので練習に行って来ます。
コメント 0件  at 2005年8月18日12時0分

若旦那日記
 2005年8月10日 - 子供の夏はハッチの夏
初めてのブログデビーューです。 
私はハチともハッチともクロンボとも呼ばれるあだ名の持ち主
の若旦那です。
まあ冗談は顔だけにして、趣味なんかのお話なんかしよーかなぁ
趣味は音楽〔以前南紀白浜のホテルでは婚礼のレクチャー担当〕
でして、私の部屋には思い出の音楽が沢山残っています。
思い出のその曲を聴くと、その当時のカップルに贈った当時の記憶を
今でも鮮明に思い出します・・・婚礼中に停電もあったなぁ・・・
音楽は特に車で聞くので、オーディオ特に音作りは頑張っています。
晴れた日に運転することが多いいので、明るくなる乗りのいい80〜90
年代のディスコ系やクラブジャズ、ポップスなんか聴いています。
やはり・・・父親の影響でしょうかね、昔親父の車で何時も流れていた
70年代に流行った曲のリメイク曲ばかり私が集めて、今私が聴いている
みたいです。  母親を乗せても昔お父さんとのデートは何時もこの曲
がなんて言っています。
ハチは静かな車が大好きです、V6などのドアの厚みがある乗り心地重視の
車も好きですよ。 最近乗った中ではトアレグとV80とE320が高音、中低
音共に良好でドア内部の各補強対策も万全そうで、音カスタムにはうってつ
けの位置角度を抑えてあり、開発陣の購買層が満足するレベルを、音響
カスタムしかり、内装材質カスタムスペースしかり、よく庶民の憧れの
車であり続ける努力と先進性を見事なデザイン力で包み込むパッケージング
は、なかなか国産量産車には無い味わいと、愛着の出てくるデザインの妙
なんですかねぇ、高い開発費もあれば優秀な伝統の職人やデザイナーから
経営陣までトップの余裕と言うか、真似する度胸があればやってみな的な
強い個性を持つヨーロッパ勢&デトロイト勢。 日本車頑張れっ 残念。
あー城崎は子供連れの多い、夏の観光行楽地、海水浴は連日大賑わい。 
なかなかゆっくりと出来ないこのシーズンは、仕事の少しの合間を見て田
んぼへ向かいます、これが又気持ちいい場所なんですよ私の気分転換。
まさに子供時代に瞬間ワープです、しかし現代の子供には遊びが沢山ある
のかなーちっとも最近はアミを振り回して遊びまわる子供の姿を見ないで
すねぇ 夏休みなのに寂しい田んぼの小川。
だったら田んぼの水系体をそっくり旅館先の玄関口に植物ごと再現してや
ろうと、4年ほど前になりますか、工務店に1畳のタッチ水槽を作らせまし
た、そして昨年は二代目タッチプールを造船屋に作らせ、工務店に外装を
作らせました、やはり水漏れなし、信頼性、耐久性、錆びなし、軽量かつ
デザイン良しの触れ合い水槽が出来上がりました。
又、今日動画もアップしておいたので子供達が、ギラギラと目を輝かせて遊
び触れ合い体験する水槽を見てくださいね。
さあ、今日も良く働きました、旅館業唯一の贅沢、お風呂に入ってお休みし
ます。
一日一日の出会いを楽しく、無理なく前向きに過ごしてすハチでした。
   
コメント 1件  at 2005年8月10日22時42分


コンテンツ
すべて表示
若旦那日記(88)

最新の記事
小若旦那の成長記♪
★昨年より断続的に続く今
次期送迎車を模索中・・・
夏のイベントも全て終了♪
ヨーロッパ勢力が工業製品

月別
10月  2017年11月  12月